韓国ドラマ いとしのクムサウォル あらすじ62話

韓国ドラマ いとしのクムサウォル あらすじ62話

いとしのクム・サウォル

今回の韓国ドラマはこちら!
いとしのクムサウォル
さっそく62話をご覧ください
いとしのクムサウォル あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ いとしのクムサウォル あらすじ62話

サウォルが黄金園出身だと知らなかったチュ会長は、オウォル、サウォル、ヘサンの三人が同じ施設で育ったと聞き、オウォルの写真を見ても何も言わなかったヘサンを疑う。

セフンもまたホンド(オウォル)に脅されていたとウソをついた妻のことが気にかかり、サウォルは隠すべきことがあるからヘサンはウソをついたんだと説明する。

娘の忘れ形見である孫たちに会いにいったチュ会長は、自分がウラン、ミランの祖父であると告白するが、どうして母さんが生きているうちに教えてくれなかったのかとミランは怒る。

ウラン、ミランにたくさん服を買い、ごちそうをしてあげても、オウォルと一緒にいながら彼女を大事にできなかったチュ会長は慟哭し、愚かな自分を責める。

ギファンおじさんがミラン、ウランを引き取ればヘサンが二人を育てることになるのではと恐れたサウォルは、ホンドの子供達を引き取りたいとチャンビンに相談し、実母に育てられなかった俺たちが両親になるのは適任だとチャンビンも賛成する。

ドゥゲの荷物を屋敷から放りだしたマリは、主寝室を占領し、カン・マヌとの復縁パーティーを楽しもうとするが、夫は相手にしてくれず部屋から追い出される。

ホンドがチュ会長の捜していた娘だと知ったドゥゲは、彼女の転落事故はカン・マヌが犯人だと教え、ヘサンもカン・マヌと同類の人間だと説明する。

オウォルのことを秘密にしていたヘサンは、セフンの機嫌を損ねてしまい、どんな言い訳をしても疑いの目で見られる。
朝一番に家を出てきたヘサンは、玄関先に置いてあったオウォルの三銃士人形を見て亡霊に怯え、あの事故を知っているイム・シロの嫌がらせだと思い込む。

本妻気分のマリは、苦手な食事も作り一生懸命家事をアピール。
サウォルとの結婚を急ぐカン・マヌは、式の準備をマリに任せ、両親席に座ることを許されたマリは有頂天になる。

式の日取りを決めることになったマリは、ドゥゲの邪魔が入らないようにと来週すべての日を候補にあげ、式場の予約は私に任せてねとサウォルを言いくるめる。

カン家から贈られる結納品は最高級の宝飾セットにブランドバッグ、車、毛皮等、マリは自分の頭で考えられる限りの贅沢品をリストアップし、ジヘにチェックしてもらう。
チャンビンの実母が天然人間なのでジヘも安心し、祝福されてお嫁にいくサウォルをほこらしく思う。

いつも優しく大切に育ててくれたジヘおばさんを傷つけたくないサウォルは、このままミノおじさんのことをお父さんと呼べなくてもいいと、秘密を胸にしまう。

スポンサーリンク

屋敷にあったオウォルの額縁を外し、とっとと処分しようとしたヘサンだが、孫たちを連れてきたギファンに見つかり、屋敷の出入りを禁止される。

ウラン、ミランは、セフンの妻であるヘサンが伯母だと紹介されると怖がって逃げていき、子供たちに避けられるヘサンの人間性をギファンは不快に感じる。

オ・ミノの元にいれば千秘宮継承者になる道も断たれたへさんは、ドゥゲの隠し子を教えてあげるとカン・マヌに約束し、ポグムの設計チーム長の座を要求する。

ホンド(オウォル)の足取りを調べていたセフンは、イム・シロのアリバイを証明したダルレから事情を聞く。
偽のチュ・セフンが妻子持ちだと言われたダルレは、ヘサンに連れられてテハン公園にいるホンドに会いにいったと証言し、イム・シロに連れられダルレが聖堂に行ったあとは、ホンドとヘサンが公園に残っていたはずだとセフンは推理をめぐらせる。

手下を使ってイム・シロを捕まえたチュ会長は、法の生ぬるい刑罰なんかでは我慢できず自ら手を下そうとするが、ずる賢いイム・シロに逃げられてしまう。

ヘサンに頼まれシロを捜していたカン・マヌも、彼を捕らえて海外へ逃げるよう毎月1億ウォンの送金を約束するが、イム・シロに渡したポグムの極秘資料は取り戻すことができず実力行使に出る。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「いとしのクムサウォル」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←61話     63話→

いとしのクムサウォル あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「いとしのクム・サウォル」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
いとしのクム・サウォル DVD公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 魔女宝鑑

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ