韓国ドラマ いとしのクムサウォル あらすじ43話

韓国ドラマ いとしのクムサウォル あらすじ43話

いとしのクム・サウォル

今回の韓国ドラマはこちら!
いとしのクムサウォル
さっそく43話をご覧ください
いとしのクムサウォル あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ いとしのクムサウォル あらすじ43話

カン・マヌの本性を見せようとドゥゲがチュ会長を呼び出すと、マヌの手下に暴行されているセフンを見て、会長もドゥゲの言葉を信じ、行方不明になったというクム・サウォルを部下に捜させる。

両親をホテルに呼んだヘサンは、今日チャンビンと婚約式を挙げると宣言し、反対されると思い黙っていたとごまかす。
カン・マヌと姻戚になるなど絶対許せないミノは、育て方を間違ったと言って招待状を破き、ジヘもサウォルの気持ちを考えないのかとヘサンに怒る。

偽者の母親がこんな時ぐらい本物の母になってもいいじゃないかとヘサンに恨みをぶつけられたジヘは、仕方なく一人で式に参列する。

廃駅の近くにあったトレーラー置き場を見つけたセフンは、サウォルが連れていかれた青いトレーラーを捜し、彼女の行方を追っていた。

放置されたトレーラーから抜け出したサウォルは、近くにあった公衆電話からチャンビンに連絡するが、彼は、気づいてくれず、婚約式が終わってしまったのではと不安になる。

招待客も揃い奴隷のようにヘサンの隣に立たされたチャンビンは、携帯の振動音に気づきヘサンの腕を振り切りサウォルの電話に出る。

彼女の震える声を聞くと、チャンビンは式を捨てて飛び出していき、ヘサンとの婚約に反対だったグクチャたちは葬式用の衣装で来て正解だったとヘサンの不幸を笑う。

チャンビンの気持ちも確かめず、ヘサンが婚約式を強行したと知ったジヘは娘に呆れ、ヘサンを置いて出ていく。

周りには山しか見えず、自分がどこにいるかも分からないサウォルは、チャンビンに言われて電信柱の番号を教え、ずっと続く線路を歩いていた。

彼が迎えに来てくれると安心したサウォルはチャンビンに駆け寄り、トラックに轢かれそうになったサウォルをチャンビンは体当たりで守る。

枯葉の山に埋もれたチャンビンは、人生初のボロボロの格好でサウォルに愛を誓い、僕と永遠に一緒にいてくれとダイヤの指輪をサウォルにはめる。

婚約がかなわなかったヘサンは、千秘宮復元がどうなってもいいのかとカン・マヌを脅し、婚約は無理でも結婚は必ずさせるからと彼から約束を取り付ける。

ロマンチックなラブシーンのあとは、乗る物がなくて耕運機をヒッチハイクしたサウォル。
しなびた白菜にまみれ、何気にウンチ臭い荷台で二人はお互いを温め合う。

スポンサーリンク

駐車場で疲れて眠っていたヘサンを見つけたセフンは、彼女を車に乗せ、送っていこうとする。
彼に抱き上げられたことも気づかなかったヘサンは、どうしてあなたがここにいるのよと怒り、貧乏男に興味はないと悪態をつくが、今日ばかりは、婚約式が駄目になって感謝するセフンは、よくやったと彼女を褒め、おまえの願いはすべて叶えてやるからとヘサンの手を握りしめる。

常識の通用しない父にキレたチャンビンは、自分が置かれた環境は強運で勝ち得たものだと開き直り、辞職した本部長職に、勝手に復帰する。

遺物発掘作業には大臣や市長まで関心を示し、調査作業は一大イベントとなる。
大企業が採算度外視で博物館建設に乗り出すと、大臣もポグム建設を誤解していたようだとカン・マヌを褒める。

しかし、遺物は偽物と分かりすでに立ち退き料の数百億ウォンを散財していたマヌは、とりあえず鑑定結果の発表を無期限延期する。

国の支援も決まった今となって偽物だなどと言えないマヌは、ヘザー・シンに相談し、本物の遺物を買って埋めればいいと言われるが、ばく大な金額に躊躇する。

資金が足りなければ美術館の株と交換にいくらでも援助すると言われたマヌは、こんなやり口で金儲けしていたのかとシン疑い、資金は自分で用意できるからと彼女の助けを断る。

ポグムで資金を用意できなかったマヌは、株を担保にチュ会長に融資を頼み、3カ月以内に元金を返済すると約束する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「いとしのクムサウォル」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←42話     44話→

いとしのクムサウォル あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「いとしのクム・サウォル」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
いとしのクム・サウォル DVD公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ