韓国ドラマ いとしのクムサウォル あらすじ31話

韓国ドラマ いとしのクムサウォル あらすじ31話

いとしのクム・サウォル

今回の韓国ドラマはこちら!
いとしのクムサウォル
さっそく31話をご覧ください
いとしのクムサウォル あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ いとしのクムサウォル あらすじ31話

病院に搬送されたオウォルは意識を取り戻し、サウォルとの再会に涙を流すが、思いは声ならず、そのまま手術室に運び込まれる。

その頃、現場に一人残ったヘサンは、サウォルに罪を着せようと裏工作をしていた。
サウォルが作業をしていた3階フロアを事故現場に偽装した彼女は、オウォルが落ちた4階フロアの壁をブロックで塗りかため証拠を隠す。

ヘサンの怒鳴る声で現場に呼び戻されたサウォルは、彼女が作業途中だった3階のコンクリートで足を滑らせたホンドが転落したと言われて、自分の過失だと思い込む。

サウォルは逮捕され、ニュースを見たドゥゲは動揺し、母の姿に驚いたチャンビンもテレビを見てサウォルの逮捕を知る。

マヌはアリバイ作りのため、防犯カメラをすべて消去し、江原道に出張していたと家族にまで嘘をつくが、すり切れたマヌのシャツを見てグクチャは、こんな服を会長に着せるなんてとドゥゲを責める。

昨夜、走っていくサウォルを追いかけ、たまたま現場に居合わせたドゥゲは、オ・ヘサンチーム長のせいで人がケガをしたという現場監督の言葉を聞き逃さず、被害者女性の手からこぼれ落ちたカフスボタンを隠し持っていた。
夫がシャワーを浴びている間にカフスボタンを確認したドゥゲは、昨夜マヌも現場にいたのだと確信する。

ホンドのケガを聞いたグォンスンは、病院にいるサウォルを見つけ、うちの嫁を突き落としたのかと彼女を責める。
サウォルに会いにきたチャンビンは、何も言い訳せず、ただ謝っているサウォルに腹を立て、彼女に手を出せば暴行罪で訴えるぞとグォンスンを脅す。

濡れ衣を着せられたサウォルが気の毒になったイム・シロは、やっぱり人として間違っていたとヘサンにお金を返すが、彼に証言されては大変だとヘサンは焦り、保険金の2倍の額を払うからと自分の通帳を渡す。

味を占めたイム・シロは、人の命がかかっているのに、これぐらいでは安すぎると値段をつり上げ、ヘサンは十分な慰謝料を約束する。

一人の力ではどうにもならないヘサンはマヌに協力を求め、卑劣な夫を持ったオウォルのことを、死ぬはめになってかえってよかったと、彼女の意識が戻らないことを祈る。

千秘宮事務所には捜査の手が入り、ミョンシン側も工事の中断を要求してきた。
サウォルのせいで事故者が出たと思っている会長は、移動図書館の件も考え直すと言いだし、ミノは現場で起きたことは全部俺の責任だと自分を責める。

千秘宮事務所の評判は地に落ち、突然舞い込んだ棚ぼたにカン・マヌはこの機にオ・ミノの仕事をすべてうばおうとするが、ふとオウォルに噛まれたことを思い出し、なくしたカフスボタンの行方をチョ秘書に捜させる。

スポンサーリンク

オウォルが目覚める前に証拠の産着を盗み出そうとしたヘサンは、彼女の家に侵入するが、子供たちが帰ってきてしまい、チャンビンの祖母まで遠い親戚だとかでオウォルの家にやってくる。

産着を盗むチャンスがないヘサンは子供たちを監視し、ドゥゲの隠し子がケガをしたと思っているグクチャは、わざわざ病院まで確かめにくる。

安全な建物を建てることがオ・ミノの誇りだったが、事故者を出してしまった彼は廃業まで考え、サウォルのせいでお父さんが苦しんでいるのよとヘサンは、彼女を責める。

事故現場にいたヘサンとマヌの関係がいま一つ分からないドゥゲは、拾ったカフスボタンを夫に渡し、オ・ヘサンから預かった物だと嘘をつく。

マヌはヘサンに会いにいき、余計なことをしてくれたとヘサンを責めるが、彼女はカフスボタンなんか知らないと答え、どうせヘサンの嘘だろうとマヌは彼女を疑う。

クム園長の娘なんかとチャンビンを結婚させる気がないマヌは、ヘサンの脅しなど聞き流し帰ろうとするが、執拗に食らいつくヘサンは、キム・ヒョンシクの証言に、黄金園生存者を突き落としたという新しいネタまで付け加え、カン・マヌを脅しにかかる。

二人が会っているところを確認したドゥゲは、サウォルがヘサンに陥れられたんだと確信する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「いとしのクムサウォル」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←30話     32話→

いとしのクムサウォル あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「いとしのクム・サウォル」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
いとしのクム・サウォル DVD公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ