韓国ドラマ 一緒に暮らしませんか あらすじ51話+52話 感想とネタバレ

た坊助た坊助

訪問ありがとうございます、管理人た坊助です!
今回は一緒に暮らしませんかのあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 51話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 52話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク
たぼ美たぼ美

ここからは、たぼ美がレビューしていきます!
それではさっそく51話のあらすじからお楽しみください!

一緒に暮らしませんか あらすじ51話

ユハはパパに会いたがっているウンスのために、1泊2日でソンウンに預けることを許可した。

パパに会えるのを楽しみにしていたウンスは、熱があり具合が悪くても元気なふりをして出かける。

ソンウンはこのチャンスを利用し、ウンスを一緒にアメリカに連れていこうと計画していた。

チェ・ヒギョンは誘拐になるからと反対したが、ソンウンの意思は固く、へア物産とは無関係だと約束させパスポートを用意する。

たぼ美2

少し情が湧いたからって、この先ずっと育てていくのは無理よ。

ジョンソン病院にはカン科長も赴任していたことがあり、彼女はウンテが珍しい血液なために血液だけでなく人工授精の研究にも加わっていたと教えてくれる。

ソンウンはウンスを預かり飛行機に乗るまでの間、ホテルの客室で待機していた。

ウンスの熱はどんどん上がり、しんどいとは言えず、飛行機に乗るというパパに「病気だから遠くに行っちゃ駄目なの」と伝えるが、その時、ウンスが忘れたぬいぐるみをヒョソプが持ってきたので、ソンウンはウンスに会わせないようにロビーに取りにいく。

たぼ美焦

ウンスがしんどそうなのに、ソンウンは心配じゃないの?

具合が悪くなったとき、助けることができるのはウンテおじさんだけ。

ママから何度も言われていたウンスは、痛みが我慢できず彼に電話をかける。

ウンスの弱々しい声にウンテは驚き「どこにいるんだ?」と聞いても返事はなかった。

ウンスの居場所をユハに聞こうと電話をかけるが、彼女はウンテがウンスの父親かもしれないと動揺し、電話に出る勇気がなかった。

たぼ美2

留守電にして用件だけでも聞けばいいのに。

ウンテはヒョソプに電話をかけ「ウンスの無事を確認してください」と必死で訴え、ぬいぐるみを渡し帰ろうとしていたヒョソプは、ウンスは無事なのかとソンウンを捕まえる。

ソンウンはヒョソプを拒み二人が言い争っていると、緊急要請があったから客室に入るとホテル側から電話がかかる。

ソンウンが戻るよりも先にウンテが客室に入り、倒れているウンスを見つけると、救急車が来るので搬送しますとスタッフにエレベーターの確保を指示する。

客室に戻ったソンウンは、俺の娘を連れていくなと通路を塞ぎ妨害する。

ウンテは一刻を争う状態だとソンウンを無視し、ウンスの指定輸血者 治療できる唯一の医者として搬送を強行する。

その時、ユハが間に合いソンウンが手出しできなくなると、ウンスは無事救急車に乗せられる。

たぼ美2

ウンテしか助けられないのに、なぜそこまでソンウンは彼を嫌うの?

部屋の中には2冊のパスポートがあり、ヒョソプはあの野郎を信じすぎたと自分を責める。

ウンスはウンテの輸血を受けて症状は安定し、ユハは彼にウンスの付き添いをお願いし検査センターに急ぐ。

研究室にあったウンテの歯ブラシとウンスの歯ブラシ。

二人が親子であるかと鑑定してもらう。

たぼ美2

今?
いくら娘の状態が安定したからって、せめてもうちょっとウンスのそばにいなきゃ駄目でしょう。

ソンウンは病院に行くことができず、事態収拾のために姉を頼り、ウンスの状況を調べてもらう。

ウンスが飛行機に乗る予定だったと聞き、ユハはパスポートの再発行記録を調べソンウンに会いにいく。

ヒギョンやへア物産、部下たちがいる前で、ユハはソンウンを引っぱたき、ウンテのDNA鑑定を依頼したと告げると、次は警察で会いましょうと警告する。

たぼ美2

ソンウンはウンスがかわいくて連れ去ろうとしたんじゃなくて、自分の罪を隠すためだったの?

ダヨンが男性と歩いているところを偶然見かけたジニは、彼と直接話をしようと、ダヨンの帰りを待ち伏せていた。

地下鉄から出てきた二人は手をつないで歩き、ダヨンの横を自転車が通ると、男性はすかさずダヨンを守ってくれた。

ジェヒョンの優しさは見ただけで伝わり、ダヨンが家に入り、彼が一人になったところでジニが車から降りる。

先日、ダヨンの両親を見かけていたジェヒョンは二つ折れになって挨拶し「ダヨンさんと交際しているパク・ジェヒョンです」とまっすぐな目で答える。

娘の彼氏として幾つか質問したいことがあるとジニは、ジェヒョンをカフェに連れていき、家族のことやダヨンのことを質問すると、彼はダヨンを御姫様のように特別な存在として尊敬し、彼女に似合う人間になりたいと具体的な目標を挙げた。

ジニは素直なジェヒョンが気に入ってしまい、結婚相手としては不足でも、何度か会って観察したいと興味を見せる。

たぼ美2

ユハのことは第一印象で駄目だったのに。
若さって大事。

ダヨンに振られたムンシクはお酒をいっぱい飲み、お母さんに電話をかけるがミヨンは寝ていた。

お母さんを起こしては悪いとすぐに電話を切り、ムンシクが向かった先はパク家。

パク家の敷居をまたぐと、彼は末っ子の立ち位置になりジェヒョンに敬語を使う。

泊まる日でもないのにムンシクが来て迷惑だとヒョナは部屋に戻ってしまうが、最近兄貴風吹かせているジェヒョンがムンシクの話を聞いてあげる。

パク家にはムンシク専用のワインが置いてあり、彼は冷蔵庫から勝手に出してワインを飲むと、真っ赤な顔で涙ぐみ「告白して振られたんです。」とジェヒョンに泣きつく。

たぼ美2

そういうキャラだったの?

女性と初めて付き合ったジェヒョンに振られた経験はなく、優越感に浸りながら苦しそうなムンシクを心配する。

「男なら1回振られたぐらいで諦めるな。2回、3回とぶちあたったところで今より悪くなることはないだろ」。

ジェヒョンは相手が誰かも知らずムンシクを励ましてしまう。

翌朝シラフに戻ったムンシクは、なんでこんなところに来たんだと急いで帰ってしまうが、息子の酔った姿を見たことがなかったミヨンは、息子が今まで母親に気を遣っていたのだと寂しくなる。

たぼ美2

今まで苦しいときは一人で我慢していたのね。
ムンシクかわいそう。

ヒョソプはムンシクに罪悪感を持っているミヨンを見て、「息子を可愛そうだと思うなら、父親の借金を返してやれ」と、元夫のことまで心配する。

51話の感想

たぼ美たぼ美

ヒョソプは負債金額を知らないから言えるのよね。
債権者がフィリピンまで追い掛けたとしても、殺されることはないわよ。
それより息子のムンシクから取ったほうが早い。

一緒に暮らしませんか あらすじ52話

ウンスの症状はいったんはよくなったが、体に発疹が現われ微熱も続いていた。

原因はなかなか分からずいろんな検査をしているところ、心配で病院にやってきたソンウンは、肝臓の検査をしてくれと頼む。

他人であるウンテとウンスに家族間の輸血で生じる病気まで調べる余裕はないとカン科長は言い返す。

たぼ美2

ソンウンはこの病気を心配してウンテの輸血を受けさせたくなかったのかな。

ダヨンの失敗でお客さまを怒らせてしまい、苦情処理に入ったムンシクが手をケガする。

興奮したお客さんがバッグを振り回し、当たってしまったのだが、チーム長の手から血が出ているのを見てダヨンは申し訳なく、一人で薬を塗っている彼から取り上げ手当してあげる。

乱暴なやり方であっても、彼女の優しさが身に沁み、「少しくらい同情してくれないか」とダヨンにすがりつくムンシク。

10年近く片思いに苦しんできたダヨンは、望みのない相手に期待を持たせることのほうが酷だと冷たい態度で接する。

ダヨンがそこまで心配してくれると、ムンシクはさらに諦めきれなくなり「僕のことを嫌ってもいいから気に掛けてほしい」とプライドを捨てダヨンにお願いする。

たぼ美2

ここまでのめり込むほどダヨンと接点があったわけじゃないのに、ムンシクは愛に飢えているのね。

ギョンス母は悪友から「ギョンスが左遷されたのではないか」と妙なことを言われ、コ・チーム長に確認しにいった。

彼は人事考課の点数で決めたと事実を伝えたが、候補が二人いたことまでは言えなかった。

ソナにお義母さんが来ていると話したチーム長は、辛い選択をさせて悪かったと謝り、責任を感じたソナが別の人を候補に挙げればよかったかもしれないと本音を吐く。

二人の話をギョンス母は聞いており、ソナは昇進が内定、ギョンスは左遷という事実を知ってしまう。

それでも、金持ちの継母がいるからと期待しソナに優しくしていたギョンス母。

ヒョソプが形式にこだわらず結婚を先延ばしにすると聞き、一気に力が抜けてしまう。

たぼ美2

ギョンス母の思いは、お母さんであれば当然なのよね。
息子はかわいいし、強力なツテは頼りたくなる。気の毒だな。

親子間の輸血で生じる移植片対宿主病。

発症してしまえばほとんど死に至り治療方法はない。

ソンウンは手遅れになっては大変だと肝組織検査をするように説得してほしいと、もう一度カン科長を頼ってきた。

科長はソンウンを信頼しておらず、理由もなく協力できないと反発し、二人が話しているところにヨン理事長が通りかかる。

彼はへア物産の副社長を知っており、パク・ユハの元夫が病院に出入りしていると妻に報告する。

ユハの知識では、ウンスの症状がどういう疾患なのか想像もつかなかった。

毎日調べものをして彼女は憔悴し、どんどん暗い表情になる。

まれな症状かもしれないと考えたその時、彼女の脳裏によぎったのは移植片対宿主病。致死率は95%。

ウンテは自分の輸血でウンスがそんな病気にかかるはずがないと安心していた。

ユハはそれほど恐ろしい病気だったのかと怖くなりカン科長に肝組織検査を依頼すると、ソンウンも同じ話をしていたと言われる。

たぼ美2

でも本当にその病気なら、ウンテの輸血は2度目だから、症状はかなり進行してるんじゃないの。

ウンスの体には移植片対宿主病を疑う症状がいくつも見られた。

DNA検査の結果が届き、ユハは恐怖でなかなか見ることができなかった。

何度も病室の前まで来ては中に入れなかったソンウン。

付き添いのイルスンが部屋を出たその隙に病室に入る。

ウンスはパパと会いたくて、薬をたくさん飲んだと話し、自分のことを信じきっている娘を見てソンウンは反省する。

悪事がバレるのが怖くて、ウンスを危険な目に遭わせてしまったソンウンは、パパの資格はないと謝りチョン・ウンテに連絡をする。

ユハが受け取った鑑定書は、ウンテとウンスの親子関係を証明するものだった。

ソンウンはウンテに会い、輸血の副作用が原因かもしれないと打ち明けようとするが、ウンテには知られたくないとユハが止める。

52話の感想

たぼ美たぼ美

輸血のせいでウンスが死ぬことになったら、ウンテは生涯立ち直れない。
その子が自分の血を受け継いだ娘だと知れば、なおさらね。

一緒に暮らしませんか あらすじの続き 一覧

「一緒に暮らしませんか」前後のお話はこちらから

←49~50話     53~54話→

「一緒に暮らしませんか」各話の一覧はこちらから

『一緒に暮らしませんか』各話のあらすじ

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「一緒に暮らしませんか」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

一緒に暮らしませんか amazon

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆