韓国ドラマ 医心伝心 あらすじ25話

医心伝心

今回の韓国ドラマはこちら!
医心伝心~脈あり!恋あり?~
さっそく25話をご覧ください
医心伝心 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 医心伝心 あらすじ25話

ホ・イムとの別れを覚悟したヨンギョンは、向こうに帰るまでに3日だけ時間を欲しいと頼み、今まで恋人とやりたかったことや、医者としてホ・イムに教えられることを伝授する。

恋愛映画を見て涙を流し、お世話になった家族に料理を振る舞おうと買い出しに行くが、ついつい買いすぎてしまい、食材がもったいないとケンカが始まる。

「残れば朝鮮に持っていくから大丈夫だ」と売り言葉に買い言葉、禁句を発したイムと泣いたり笑ったり。

普段はジーンズに白衣しか着ないヨンギョンは、ドレスアップし、イムもスーツに着替えて彼女を待つ。

人魚のように美しい彼女にみとれ、家族と一緒に集合写真。

二人だけのツーショット写真は、どこかもの悲しく、笑顔をつくろうとしても涙がこぼれてくる。

眠れぬ夜が訪れ、ヨンギョンは部屋を抜け出すと、ホ・イムの寝ている居間に行き彼の布団に入る。

ヨンギョンを抱いて寝たので肩が凝ったと、露骨にイムはユ・ジェハの診療を予約し、彼の腕前をチェックする。

見た目同年代のホ・イムが、どうしてこの若さで名人になれたのか。

1日に数十人から100人を診るという経験を積み、指の指紋がなくなるほど、鍼を打ってきた。

傲慢そうに見えるホ・イムの血の滲むような努力に、ユ・ジェハは教えられる。

ホ・イムと過ごせば過ごすほど離れがたくなるヨンギョンは、あちらの世界についていきたいと望み祖父を困らせる。

涙までは収める場所がない。

ホ・イムは、ヨンギョンのメスを握る手、白衣を着た姿、患者への思いやりを胸に収め、彼女の手を胸に当てると、「そなたを思い高鳴った鼓動を覚えておいてほしい」と、ヨンギョンを抱きしめる。

大酒飲みで、すぐに熱くなるジェスクさんには、緑茶と葛茶を贈り、得体の知れぬ男より“マヌケ”のほうがいいと、ビョンギとの恋を応援するイム。

コップン母さんのこともジェスクに託し、奥手すぎるビョンギには、最近のトレンドは“直進男”だと、もっと積極的になるようにアドバイスする。

韓服に着替えたホ・イムは、丁寧に二人に頭を下げ、チェ院長には心を尽くし拝礼する。

荷物も持たずに去っていくホ・イムが、どこに行くのかと不思議なジェスク。

「朝鮮時代にでも帰るんだよ」とビョンギが真顔で言うと、冗談でもそんなことを言わないでとジェスクに額を引っぱたかれる。

「数奇な運命を共にしてくれて感謝している。」

ホ・イムは大鍼を胸に打ち、必死で笑いかけようとするヨンギョンは、ホ・イムの鼓動を感じる。

「もう痛い思いをしなくても済むのね。」

鍼を打つイムの手を握りしめ、苦しむ彼を見守るヨンギョン。

あまりの辛さに耐えきれず、ホ・イムを抱きしめる。

体温が薄れ、彼から離れると、もうそこにホ・イムの姿はなかった。

心臓の痛みは数倍に膨れ上がり、朝鮮時代に戻ったホ・イムの手には、あの鍼筒は消えていた。

スポンサーリンク

漢陽では倭軍との攻防が繰り広げられ、戦の渦中に飛び込んだホ・イムは、戦乱の中、我が身を投げ出し、負傷者の手当に力を尽くす。

ヨンギョンを置いて戻った世界は、地獄絵図のようだった。

救える者より救えぬ者が増えていき、己の無力さに呆然とするホ・イム。

それでも生き延びようと待っている者のために力を尽くす。

「未来の医術であれば多くの者を助けられたろうに。」

極寒の冬が訪れ、凍傷になった足を引きずり、第一線で兵士と寝食を共にするホ・イム。

それでも、あちらの世界に残してきたヨンギョンが、患者を救えず悲しい思いをしているのではないかと、彼女の痛みに思いを馳せる。

多くの死者と直面し、ホ・イムは無事に生きているのか。

救えぬ命に遭遇したとき、ヨンギョンの涙は、枯れることがなかった。

戦乱が収まり、ホ・イムは自分を必要とする者の所へは、どこへでも足を運ぶ。

避難先で病にかかり治療を受けられなかった兵曹判書は、あと数日の命となり床に伏していた。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「医心伝心~脈あり!恋あり?~」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←24話     最終回→

医心伝心 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「医心伝心~脈あり!恋あり?~」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

医心伝心~脈あり!恋あり?~ 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー