韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ38話

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ38話

星になって輝く

今回の韓国ドラマはこちら!
星になって輝く
さっそく38話をご覧ください
星になって輝く あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ38話

縁台で居眠りしていたマンボクは、メガネをかけておらずエスクの顔に気づかなかったが、強い香水の香りには、どこかで嗅いだことのある匂いだと不思議に思う。

目撃者のじいさんがジョンレたちと一緒に暮らしていると聞き、驚いたドンピルだが、騒ぎを起こさないところをみると、まだ気づいてないはずだと望みをかけ、今のうちに何としても阻止するべきだと夫婦で語っていると、彼らを監視していたイ・チャンソクがドンピル夫婦の会話をしっかりと耳に入れる。

ボンヒに食堂の手伝いをさせるよりは望む道に進ませてやりたいジョンレは、苦労を承知でやりたいのならとエスクの店に行くことを許してあげる。

証言者の居場所を見つけたイ・チャンソクは、一人で庭に出てきたマンボクを拉致し、偽証した理由を問い詰める。
ドンピルに買収されたとの証言をつかんだチャンソクは、言うことをきかなければ家族を酷い目に遭わせるぞと脅し、マンボクを味方に付ける。

ジョンレに気づかれないように用心して朝早くやってきたドンピル。寝ぼけ眼のマンボクは、メガネもかけておらず、高級スーツに身を包んだ男から声をかけられてもドンピルだとは気づかず丁寧に会釈する。

マンボクの様子を確かめたドンピルは、ジョンレたちに気づかれぬよう立ち去ろうとするが、早く起きてきたボンヒに見つかってしまい、感謝するジョンレたちに引き留められる。

ドンピルが娘を助けてくれたと思っているジョンレは彼に感謝し、プライドの高いジョンレから慕われるとドンピルとしても気分良く、オードリーに就職したというボンヒを車に乗せ送ってあげる。

自称芸術家チュンシクの父は演技がうまかった。イ・チャンソクから指示を受けていた彼は、ドンピルが訪ねてくることを聞かされており、彼に会っても気付かぬふりをしていただけだった。

ドンピルがボンヒを釈放してくれたと聞いたギョンジャは、あいつがそんなことするはずがないと疑いつつ、ソングクを助けてくれたミスンのことを思い出す。
ソングクを釈放してもらったのに、何のお礼もしてなかったギョンジャは、大量に漬けたキムチをわしづかみし、鍋いっぱいに詰める。

見習いというよりも雑用係がいなくて困っていたモランは、ボンヒが来るなり掃除を言いつけ、お手伝いとしてこき使う。

スポンサーリンク

売春婦扱いする低俗な客ばかり相手にしていたミスンは、ギョンジャが訪ねてくると暗い気分も吹き飛ぶ。
ギョンジャにボンヒの様子を聞いてみるミスンだが、成長した彼女に会いたくてもジョンレを気遣い我慢する。

同じ家に住む家族としてボンソンの帰りを待つギョンジャは、ジョンレと開く食堂を”ボンソンの母さん”と名付ける。
内装を変え看板を作っただけで蓄えはなくなってしまい、鍋と食器を買うおカネがないと言ってギョンジャが困っていると、「これを使ってください」とめずらしくチュンシクがカッコ良くおカネを差し出す。
しかし、立派な封筒に見合わない微々たるおカネを見て、遠慮する必要もなくジョンレも笑ってしまう。

ドンピルが工場で作らせているスカートとボンヒが作ったというスカートがあまりにもそっくりなので、ユン会長は、どちらかが盗作したはずだと気づき、自分は手を出さずにジョンヒョンがどういう処理をするのか見守る。

洋裁の仕事ができるのは嬉しくても、何かにつけて雑用を押しつけられるボンヒは、お腹ぺこぺこで帰ろうとしても店内を全部掃除して帰りなさいと命令される。

自分のせいで使えなくなってしまった第一工場で、オードリー洋装店の服を作っていると聞いたジョンヒョンは、何を作っているのか洋装店に確かめにいき、店内にいるボンヒを見つける。
彼女が出てくるのを待ち伏せていたジョンヒョンだが、ソングクに先を越され、二人に見つからないよう突差に身を隠すしかなかった。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「星になって輝く」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←37話     39話→

星になって輝く あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「星になって輝く」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
星になって輝く KBS World

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ