韓国ドラマ 品位のある彼女 あらすじ13話

品位のある彼女

今回の韓国ドラマはこちら!
品位のある彼女
さっそく13話をご覧ください
品位のある彼女 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 品位のある彼女 あらすじ13話

母屋を追い出されることになったアン・ジェヒは、メイドのバンスンに泣きつく。

アジンの事情を偵察するように言われていたバンスンは、離れのゲストルームに泊まれますよと、ジェヒと一緒にアジン家族が住む離れに入る。

アジンに何があったのか聞き出そうとするバンスンだが、古株の家政婦は口が堅く、主人が大変な時に詮索するものじゃないと、たしなめられる。

しかし、ゲストルームに入ったジェヒは、弟の荷物を見て、夫婦で寝室が別々なのかと大騒ぎする。

アジンが怒鳴り込んできてもユン先生は、芸術家は自由な恋愛をするものだと正当化し、「私たちは愛し合っているんです」と開き直る。

ジェソクが離婚を望んでいない以上、アジンに離婚を迫れないユン・ソンヒは、彼がどちらを選ぶか決めるまでフェアプレーでいきたいと提案するが、あんな男、今すぐにでも、くれてやる、それでも幼い娘から父親を奪いたくないアジンは、「ジフからパパを奪わないで」とユン先生に土下座する。

それでもユン・ソンヒの気持ちは変わらず、「許してもらわなくて結構ですから帰ってください」とアジンを追い出す。

会長と一緒にアン家の祭祀を行っているお寺に行ったボクジャは、和尚と祭祀の段取りを話し合おうとするが、慣例どおり次男の嫁を通して話を進めると言われ、私は名前だけの妻かと会長に怒る。

妻の浮気を許すと公言していても、いざ、不倫相手がホテルにやってくると現場を押さえようと客室にやってきたキム・ヒョジュの夫。

しかし、彼から人間扱いされていなかったホテルスタッフは社長を裏切り、彼が来ることをヒョジュに教えていた。

美容外科の夫にはナチュラルな美女だと思わせたいキオクは、夫とは違う美容外科に通い、あちこち気になる箇所の工事をする。

浮気疑惑がまだ晴れていない彼女は、病院に足繁く通い、院内の花を生けるふりして時間を潰す。

“あなたのご主人が浮気しています”

何度もかかってきた差出人不明の番号を突き止めたキオクは、通報すると言って女を呼び出すと、犯人はジェイトップのスタッフ、顔見知りの女性だった。

アジンの家政婦を脅したボクジャは、ジェソクの浮気経緯を聞き出す。

ボクジャは、アジンを呼び出し、息子の浮気は私の問題でもある、と彼女の味方をし、口を出さないでと強がるアジンに不倫相手のマンションへ案内させる。

「私が手を汚す。あなたにできないことを私がしてあげる。」

土足でユン・ソンヒの部屋に上がり込んだボクジャは、警察に通報するという彼女から携帯を奪い、「結婚して子どもまでいる男をそそのかすな!」とソンヒの髪をむしり、シンクに頭をつけて水をあびせる。

スポンサーリンク

コップを素手でかち割ったボクジャは、とがった破片を顔に押しつけ、「その顔を傷つけられたくなかったら、これ以上彼を唆さないで」と凄みをきかせ、ジェソクと別れるよう警告する。

誰にも言えない悩みをボクジャだけは理解してくれた。

アジンは、戦闘を終えて戻ってきたボクジャを車に迎え、何も聞かず車を走らせる。

実質的な力がなければ、会長夫人として誰にも認めてもらえない。

ボクジャのストライキに負けた会長は、工場の賃料が入る通帳を渡し、祭祀のこともボクジャに任せると約束する。

外出している間に部屋を追われた長男のジェグは、バンスンの部屋に入り予備の布団を持っていく。

脈ありと考えたバンスンはジェグの寝床に入り、誘惑しようとするが、怒ったジェグは猟銃を持ち出し、主に指図されたのかと騒ぎを起こす。

ボクジャは、バンスンをビンタし、猟銃を向けるジェグにかかっていくが、銃口を向けてもひるまないボクジャに挑発され、引き金を引こうとするジェグを妻パク・ジュミが止めに入り、猟銃は暴発する。

ボクジャがバンスンに通報するよう命じると、夫を守ろうとしたジュミは、彼女から携帯を取り上げ投げ捨てるが、爆音を聞いたアジンが母屋に駆け込み、警察に通報する。

暴漢に襲われたキム・ボンシクは、暴行教唆は妻の可能性が高いと警察に訴え、ギョンヒの通話記録を調べてくれと頼む。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「品位のある彼女」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←12話     14話→

品位のある彼女 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「品位のある彼女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

品位のある彼女【公式】 SPOドラマ倶楽部

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー