韓国ドラマ 品位のある彼女 あらすじ11話

品位のある彼女

今回の韓国ドラマはこちら!
品位のある彼女
さっそく11話をご覧ください
品位のある彼女 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 品位のある彼女 あらすじ11話

アン会長の再婚式は、ごく親しい人だけ招待し、控えめな式となる。

長男ジェグは私服で参加し、苦渋の決断でユン先生と別れたジェソクは居心地悪くアジンの隣に座り、まだ不自由な足だというのに、妻にも娘のジフにもまったく相手にされない。

“心の塾”で絶対に許せない人を許す、というレッスンを受けたアジンは、苦しんでいる相手を想像すれば、今の状況はお互いに不幸であることが分かると教えられ、許せるようにと努力する。

正式にアン会長夫人になったボクジャは、屋敷内の実権を握ろうと故郷から連れてきたバンスンを相談もなく雇い入れアジンを驚かせる。

一気にアジンをお払い箱にしようとすると、彼女は義母の命日をどうやって乗り越えるのかと食い下がり、当分は二人協力して屋敷内を切り盛りすることになる。

愛人と別れたといっても、妻が優しくしてくれるわけでもなく、ティッシュボックスのパッケージを見てユン先生を思い出すジェソク。

その頃、ユン・ソンヒはギャラリーイベントに画家として招待されていたが、アジンの冷たい視線に気付いたキオクは、ジェソクとカフェにいたユン・ソンヒが彼の愛人だと察しをつける。

キム・ボクシクの暴漢騒ぎは、プンスク亭の井戸端会議で広まり、妻ギョンヒの愛人チャン院長の仕業かと臆測が流れるが、チャン家の家政婦はプンスク亭には出入りしておらず、本当のところ情報は何も入ってこない。

義姉にテント偽装のことを確認してみると、濡れ衣だと騒ぎ立て、「私ならボクジャを殺せと命令してるわ」と怒り狂い、アジンも一応義姉の言葉を信じる。

「私が直接その男に会ってみるわ」と怒りの収まらないパク・ジュミだが、ボンチュンはすでにセンターを辞めていた。

アジンが入会手続きをしてくれたホテルスパにやってきたボクジャ。

あか抜けたゴージャスな格好をしていても、受付スタッフはボクジャの顔に見覚えがあった。

娘のためにも夫の浮気を許そうとするアジンは、一日に何度も彼が今まで尽くしてくれた事を思い出して怒りを静めようとするが、まじめに働いているはずの夫は、その頃、ユン・ソンヒのマンション前に車を乗り付けていた。

パク・ジュミに指示されたと証言したボンチュンが仕事を辞め行方不明になると、ジェヒは、タイミングが良すぎると義姉を疑うが、やはりなんと言っても疑わしいのはパク・ボクジャ。

スポンサーリンク

パク・ジュミやアン・ジェヒが目障りでたまらないボクジャは、彼女たちを一人ずつ始末しようと考え、まずは空き部屋がなくなるように、1階のゲストルームをシアタールームにしようと会長におねだりする。

嫁ぐ時は、済州島に牧場や家を買ってもらったアン・ジェヒだが、夫が事業に失敗し、もう財産と呼べるものはほとんどない。

父からとりあえず20億ほど巻き上げたいところだが、ボクジャが後ろで操り、父を説得するのは難攻不落。

浮気夫を許すといっても、まだ同じベッドで寝たくないアジンは、ジェソクをゲストルームに追い出す。

母屋の1階にあるゲストルームには長女のアン・ジェヒが泊まり、2階のゲストルームには長男ジェグが宿泊していた。

2階といえば、使用人たちの部屋があり、夜中にこっそりバンスンの部屋に侵入したジェグは、悲鳴を上げる彼女の口を封じ・・・。

ボクジャの目や耳となるためにメイドとして雇われたバンスンは、高価な食器も扱ったことはなく、食器を拭けば粗相をしてばかり。

身分の上下にも、あまり関心はなく、年取ったジェヒのことを「お嬢さんと呼びなさい」と言われ、正直、笑ってしまい、「ご飯食べます?」とため口は直らない。

昨夜いったい何があったのか、間違いなくジェグを気に入ったバンスンは、居候のジェグのために食事を用意し、妻であるパク・ジュミは、「どうして、あなたが世話するのよ」と嫉妬するが、家政婦が料理を作って何が悪い・・・?

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「品位のある彼女」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←10話     12話→

品位のある彼女 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「品位のある彼女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

品位のある彼女【公式】 SPOドラマ倶楽部

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 被告人