韓国ドラマ 被告人 あらすじ23話

被告人

今回の韓国ドラマはこちら!
被告人
さっそく23話をご覧ください
被告人 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 被告人 あらすじ23話

父を捨てると約束したミノは、ヨニからチャミョンの裏帳簿を手に入れるが、彼はその帳簿で父を脅し、俺が刑務所に入るぐらいなら父さんが入ったって同じじゃないかと訴え、刑務所行きを拒む。

兄殺しを見逃し、凶器のナイフに細工までしたヨンウン会長は、こんなことならお前の罪を隠すべきじゃなかったと後悔し、裏金事件の罪を被るか、チャ・ミノであることを明かすかと息子に迫る。

しかし、興奮した会長は、心臓発作を起こし、ミノは苦しみ倒れた父を見ても「兄さんも僕を助けてくれたんだ、父さんもソノのように僕を助けてくれよ」と父を助けようともしない。

会長は最後の力を振り絞りミノの足首を捉えるが、怒りの炎も長続きはせず、そのまま息を引き取ってしまう。

ミノは、何事もなかったかのように父を見捨て、会長室を出ていく。

ヨンウン会長に呼ばれてやってきたヨ・ソンス弁護士は、会長不在だという偽ソノの言葉を信じ会長室に入ることなく帰っていく。

ヨンウン会長が亡くなり、チャミョングループ裏金事件は、会長指示だと判明すると、偽ソノは不起訴となる。

一方、ソンギュ自殺により、ウォラ洞事件を解決しようとするソ弁護士は、ユン・ジス殺しはハヨンを誘拐したソンギュの単独犯であるかとの問いかけ、被告人パク・ジョンウは、「そうです」と短く答える。

2カ月がたち、偽ソノは、亡くなった父の後継者としてチャミョングループ会長に就任する。

晴れて無罪となったジョンウは再び強力部の検事に戻り偽ソノの就任式を訪れ、「1カ月ともたないのに就任式は必要ないだろう」と宣戦布告する。

刑務所の中のほうが仲間がいて過ごしやすいオコゼは、出所することになっても重苦しい気分。

どうせすぐに戻ってくるからと、房長やご隠居さんに別れを告げた彼は誰も待っているはずのない刑務所の門をくぐるが、ロトくじを当てたムンチがパリッとしたスーツを着てオコゼを待っていてくれた。

服役して20年のご隠居に会いにきたソ弁護士は、妻のために罪をかぶった彼を助けたいと、ジョンウからの言葉を伝え、20年もたち事件記録は破棄され、再審請求も難しい事件だと詳細を説明する。

検事が出世するには検事であることを忘れさえすればいい。

検事の誓いを捨てたジュニョクは、次長検事の口車に乗せられ、不正の泥沼にはまっていく。

チャ・ミノを捕まえるためソンギュが犯人だと証言したジョンウ。

元の場所に戻った彼は、自らの手で真相究明しようと一つ一つ調べ上げていく。

彼が強力部デスクに復帰すると、車いすに乗ったコ捜査官が現れ、病院から彼を連れ出したチェ部長がうれしそうな顔でジョンウに引き合わせる。

スポンサーリンク

逃亡生活を続けていたチョルシクは、ずっとキム・ソクの行動を監視しており、会長が死んでからというものチャ・ミノもおとなしく彼も目立った行動はしていなかった。

ある建物に入れば毎晩2時間は出てこないというキム・ソク。

ジョンウの助手席に座っていると、チョルシクは、まるで張り込みをしてるようだと浮かれる。

その時、暗がりに消えたはずのキム・ソクがいつものオレンジ色のダンプカーに乗り、ジョンウの車目がけて突っ込んでくる。

猛スピードでバックするジョンウ。
キム・ソクとカーチェイスになりキムのダンプをかわしたジョンウは、自分たちの行動がばれていると知り、車に仕掛けてあった発信器に気付く。

義父が死に、望みがかなったヨニだが気持ちは晴れず、パク・ジョンウ検事の復帰を知ったヨニは、どんなことがあっても私たち妻子を守ってほしいいとミノにお願いする。

子供ながらに事情を理解しているハヨンは、事件のあと一度もママの話をせず、小さい子が必死に耐える姿を見て、祖母ジョンヒは胸がいっぱいになる。

チャミョングループの頂点会長室に入った偽ソノは、父が苦しんだ死に場所に来ると、あのとき捕まれた足首の感触がよみがえり、何かに取憑かれたように怯える。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「被告人」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←22話     24話→

被告人 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「被告人」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

被告人 日本公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ