韓国ドラマ 月桂樹洋服店の紳士たち あらすじ63話

韓国ドラマ 月桂樹洋服店の紳士たち あらすじ63話

月桂樹洋服店の紳士たち

今回の韓国ドラマはこちら!
月桂樹洋服店の紳士たち
さっそく63話をご覧ください
月桂樹洋服店の紳士たち あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 月桂樹洋服店の紳士たち あらすじ63話

視力がどんどん落ちてきたマンスルは、完全に見えなくなるその日に備え、杖の持ち方や歩き方を一人で練習する。
年を重ね経験と知恵を得たマンスルは、認知症のように底知れぬ闇ではなく失う機能が視力で良かったと感謝する。

WN事務所の代表は、まだ海外から戻っておらず、代表からの贈り物だと言って秘書が花束や栄養剤をテピョンに届けにくる。

義父マンスルの具合がどこか気になるテピョンは、もらったばかりの栄養剤を取り出しマンスルに1本チューっとプレゼントする。

ヒョサンは頭取にかけあい、不動産を処分すれば十分に返済できる額だと訴えるが、ミサアパレルの将来は暗いとの証券情報を信じた頭取は、すでに決定した話だとヒョサンを追い払う。

テーラー組合立ち上げの融資を銀行に頼むためやってきたドンジンはヒョサンと鉢合わせし、コナリのパートナーとなる月桂樹に頭取はもみ手でドンジン社長を迎え入れる。

婚姻届を出してきたドンジンは、受理証を母に見せ、今夜から夫婦一緒の部屋で暮らしてもいいかとお許しをもらう。

ヨンシルとの初夜はスペシャルなものにしたいドンジンは、住み慣れた我が部屋ではなくホテルに泊まりたいと言い出すが、ホテルではあまり眠れないというヨンシルに、「あなたが側にいてくれるだけで十分よ」と甘えられると、素直に奥さまの言うとおりに荷物を運ぶ。

ドンジンの部屋にやってくると、ベッドの上にはドンスク義姉さんからのサプライズプレゼントが置かれており、セクシーランジェリーに、「さすが姉さんだ」とドンジンは感謝する。

このままではミサアパレルは倒産してしまい、コ夫人は、お父さんが築いた大切な会社を守ってほしいとヒョジュに頭を下げるが、継母のせいで会社も結婚も駄目になったヒョジュは、ヒョサンの人生も台無しにしてやると言って、助けを断る。

カードを止められたヒョジュは、自分でも自立して稼ごうと、友達に頼み、絵画教室のバイトを始める。

精の付く料理は極力避けてきたサムドだが、背に腹は変えられず、嫌いなウナギも薬だと思って我慢してガッつき、俺の人生にこんな日が来るなんてと、無気力な自分を哀れむ。

子作りよりもテピョン夫婦に対抗したサムドは、今夜こそ奴らを寝かせてなるものかと妙な闘争心を燃やす。
しかし、ドンスクに借りたネグリジェは、なぜかテピョンの匂いが残り、ソンニョを抱いていてもお隣夫婦の顔がよぎってしまうサムド。

気を取り直して頑張ってみようとしたがウナギ4尾の効果はなく、「あなたの筋肉は見せかけよね」とソンニョにばかにされる。

スポンサーリンク

義姉にプレゼントされたネグリジェはヨンシルには過激すぎて、普段着でベッドに入るヨンシル。

いざ初夜と思うと、どうも気まずく、明かりを消さないで、時計の音が気になる、等々言いだしたら埒が明かないヨンシルをドンジンは強引に抱きしめる。

その時、ドサっと扉の向こうで物音が聞こえ、二人が廊下に出てみると、トイレに立ったマンスルが額を床にぶつけ倒れていた。

仕事やヨンシルのことで父の体に気が配れなかったドンジンは、思いのほか進んでいた症状にショックを受ける。

いっぽう、ドンジンがヨンシルに移植手術が嘘だったことを告げていると思ったホン・ギピョは、彼女が一人になる時を待ち構え、謝る機会をくれとヨンシルに頭を下げる。

ドンジンから何も聞いていなかったヨンシルは、ギピョの話に愕然とし、恐怖に耐えた10年間を返してほしいと激怒する。
ミン・ヒョサンから入るお金をあてにしているギピョは、十分なカネで償いをするからとヨンシルにすがりつくが、怒った彼女は手がつけられず、店から追い出される。

コナリとの調印式には、報道陣も集まり、小さな月桂樹洋服店とイタリア一の紳士服ブランドとの提携はニュースでも大々的に取り上げられる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「月桂樹洋服店の紳士たち」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←62話     64話→

月桂樹洋服店の紳士たち あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「月桂樹洋服店の紳士たち」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

月桂樹洋服店の紳士たち KBS World

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 雲が描いた月明かり

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ