韓国ドラマ 月桂樹洋服店の紳士たち あらすじ49話

韓国ドラマ 月桂樹洋服店の紳士たち あらすじ49話

月桂樹洋服店の紳士たち

今回の韓国ドラマはこちら!
月桂樹洋服店の紳士たち
さっそく49話をご覧ください
月桂樹洋服店の紳士たち あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 月桂樹洋服店の紳士たち あらすじ49話

廃れつつあるオーダーメイド業界を牽引していくためにも、ドンジンは全国の小さな洋服店にいる優れた技術者と組み、デパートからの大量発注に応えられる質と量を確保し、すべてに手作業を必要とする高級スーツ部門に関しては、VIP対応という措置をとり、一般客を対象にしたオーダーメイドスーツを展開していきたいと第1デパートに売り込む。

テヤンはせっかく依頼されたCM出演の仕事も、教員採用試験と日程が重なるということで断ってしまい、彼が野望もなく教員になりたいというので、コ夫人はがっかりする。

妹の恋愛がうまくいってしまえばジヨンとの結婚がややこしくなるヒョサンは、とっとと日取りを決めて結婚しようとするが、「慌てて結婚すれば災いを招くのよ」とジヨンを嫌っているコ夫人は断固反対する。

ヨンシルが身を引くと知ったヒョジュは、もう一度ドンジンと結婚させてほしいと元義母に頼み、同じ過ちは二度と起こさないと誓うヒョジュに、ゴッチも協力を約束する。

テヤンと一緒に歩いていたビョウォンは、月桂樹の前で義兄に劇的再会。
ドンジンに会えたビョウォンは涙ながらに彼に抱きつき、側にいる女性に驚く。

カップル同士でチキンを食べにいったビョウォンは、ドンジンと女性がいつから付き合っていたのかと不倫を少し疑い、アツアツぶりを見せつけるためテヤンにチキンを食べさせてもらう。

気まずい関係なので気を利かせたテヤンは、二人は同じところに帰るんだからとビョウォンを連れて別行動しようとするが、姉の復縁を願っていたビョウォンは、ドンジンの急転回ぶりに対処できず、「同じ家ってことは同居してるの?」と焦りまくる。

毎晩帰りの遅いサムドは、今夜は携帯の電源まで切っており、夫が駆け落ちでもするのかと誇大妄想したソンニョは、火にかけた鍋をほったらかしてベーカリーに行き、子供相手に、洋服店の格好いいおじさんは来なかったかと事情聴取する。

ヨンシルのことをよく知らないビョウォンは、猫かぶりの女が義兄さんをたぶらかしたのかと色眼鏡で見るが、幼なじみの強い絆はビョウォンが入る余地はなく、「私よりヨンシルさんのほうが大切なの?」と本気で泣きそうになる。

スポンサーリンク

母に結婚を許してもらえなかったヒョサンは、ジヨンとの婚約報道を新聞記事に載せ、これで結婚しなければミサアパレル社長の評判に傷が付くよと母を脅す。

テヤンとけんか別れして帰ってきたビョウォンは、彼から電話がかかってこないので一方的に絶交状態。
一晩も我慢できなかった彼女は、彼に会って仲直りをお願いしようかとプライドもなく出かけようとすると、そんなことだから安物扱いされるんだと怒ったコ夫人は、一生お姫様扱いされるためには最初が肝心だとテヤンからかかってきた電話にもすぐには出てはいけないと止める。

昨夜は試験勉強で忙しく、今朝はバイト前のわずかな時間を使ってビョウォンに電話をかけたテヤンは、彼女と連絡がつかないので、どうしたのかなと心配はするが、バイトに行く時間なので、あとで連絡すればいいかとそのまま仕事にでかける。

優しいゴッチ奥さまや、本当の娘のように大切にしてくれる師匠を苦しめたくないヨンシルは、ドンジンとの別れを急ぎ、帰宅しても、もう一度店に戻りドンジンのスーツを手縫いする。

朝の出勤は、ドンジンよりも早く店に行き、愛着のある月桂樹をぴかぴかに磨き、サムドやドンジンには年末だから大掃除したと言ってごまかす。

師匠から教えられた顧客対応や、在庫管理も新しい年からドンジン一人でもできるように帳簿を作り、お客さんへの対応を説明するヨンシル。

ドンジンは、どこか彼女の様子が変だとは思いつつ、明るく振る舞うヨンシルに彼女の決心を気づけないでいた。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「月桂樹洋服店の紳士たち」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←48話     50話→

月桂樹洋服店の紳士たち あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「月桂樹洋服店の紳士たち」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

月桂樹洋服店の紳士たち KBS World

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 雲が描いた月明かり

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ