韓国ドラマ 月桂樹洋服店の紳士たち あらすじ14話

韓国ドラマ 月桂樹洋服店の紳士たち あらすじ14話

月桂樹洋服店の紳士たち

今回の韓国ドラマはこちら!
月桂樹洋服店の紳士たち
さっそく14話をご覧ください
月桂樹洋服店の紳士たち あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 月桂樹洋服店の紳士たち あらすじ14話

かばんを忘れたヨンシルは、取りに戻り、店舗の電気は付けずに2階の作業部屋にいく。
携帯があることを確認し店を出ようとしたとき、床に落ちていた糸巻きを拾っていると、店舗の扉が開きドンジンが入ってくる。

暗がりにいたヨンシルは、突差に机の後ろに隠れ、思い出にふけるドンジンに見つからないよう、こそこそと隠れ場所を移動する。

夫にあっさり離婚されてしまったヒョジュは、プライドが傷つき、酔った勢いでドンジンのところへやってきた。
ドンジン一人だけでも気まずいのに人数が二人に増え、ますます居づらくなるヨンシル。

そうこうしてるうちに夫婦の修羅場が始まり、興奮したヒョジュが気を失いドンジンが焦っていると、よりにもよってヨンシルの携帯が鳴り響く。
「盗み聞きしてたのか!」とドンジンに責められ、忘れ物のことを説明するヨンシルだが・・・。
結局恥の上塗り、ヨンシルの印象はますます悪くなる。

工事現場でバイトしていたテヤンは、学資ローンのお金をヨンシルに借りようかと電話をかけてはみたものの、結局言い出せずに電話を切ってしまう。

自慢の息子が離婚し、洋服店を継ぐというと、ゴッチは大反対し、お父さんが出ていったのは、おまえのせいじゃないとドンジンを慰める。

お母さんが作ってくれた温かい料理を食べていると、久しぶりに食事をゆっくり食べることができたドンジンは、どうしてもっと早く母さんのところに帰ってこなかったのかと後悔する。

サムドマスターが上司のときはよかったが、ドンジンが店に出るとなると彼が社長代理。
最悪の気分で出勤してきたヨンシルだが、気合を入れ、出勤してきたドンジンにクラッカー鳴らし花輪で祝うが、嫌そうな顔のドンジンは、開口一番「今日付けで解雇する」。

表裏のある人間とは働けないというドンジンに、たったいま顔を引きつらせながら彼を歓迎したヨンシルとしては確かに否定できない。

少し遅れて出勤してきたサムドは、花輪をプレゼントするなんて、粋なことをするとヨンシルを褒めるが、なぜか二人の空気は凍っていた。

父がいない今余裕がないからと、ドンジンはヨンシルの解雇を言い訳するが、サムドやクムチョンは俺たちの給料を半分にしてくれていいからヨンシルを辞めさせないでほしいと彼女の味方をする。

家業を継ぐといっても、大企業の副社長だった息子が小さな洋服店に収まるなんて、どうしても納得できないゴッチは再び寝込み、姉のドンスクは、ミン家にいても使用人同然の扱いだったんだとドンジンの選択を尊重する。

ま、プライドの高いドンジンが、いいとこもって1カ月、それ以上は小さな洋服店なんか我慢できないだろうということで、母をなんとか説得する。

スポンサーリンク

一刻も早くドンスクの呪縛から逃れたいソンジュンは、マネージャーを介さずにヘソン芸能と契約し、1000万ウォンの契約金を受け取るが、アルバム制作費を自ら投資してはどうかと言われ、妙だなと思いつつ受け取った小切手を即投資に充てる。

ソンジュンのために酔い覚ましのタラスープを作ったソンニョは、ちゃっかり代金を要求しギター修理代に充てるが、お金にがめついソンニョのことだけあって、そもそも料理を注文したのはドンスクだった。
ソンジュンのために美味しいスープを作ってほしいと頼んだドンスクは、ソンニョが二重取りしてるとは知らずにスープ代を払う。

今日までの分の給料を先に社長からもらっているヨンシルは、ドンジンが帰れと言ってもきかずサムドの隣で仕事をする。
10年前に他界したお父さんと同じスーツを作ってほしいというお客が来店し、接客経験の乏しいドンジンは、手際いいヨンシルに馬鹿にされる。

何をやってもお互い気にくわない二人は一日中ばちばちと火花を散らし、サムドは送別会兼歓迎会を開き、二人の誤解を解こうとする。

大声を出すだけで腰に響き、痛みで一睡もできなかったミス・コ。
医者にいけば頭は円形脱毛になっていると分かり、さすがに我慢も限界。
病院で診断書をもらった彼女は、ポク・ソンニョ一人だけ告訴する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「月桂樹洋服店の紳士たち」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←13話     15話→

月桂樹洋服店の紳士たち あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「月桂樹洋服店の紳士たち」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

月桂樹洋服店の紳士たち KBS World

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 魔女宝鑑

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ