韓国ドラマ ファンタスティック あらすじ13話

韓国ドラマ ファンタスティック あらすじ13話

ファンタスティック

今回の韓国ドラマはこちら!
ファンタスティック
さっそく13話をご覧ください
ファンタスティック あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ ファンタスティック あらすじ13話

パジャマのボタンは引きちぎられ、追い詰められたソルは夫の胸ぐらをつかみ頭突きを食らわせて、背負い投げ。
一回転して床にたたきつけられたジンテは、両方の鼻から血を流し「え~ん」。
息子の悲鳴に驚いた母は夫婦の寝室に駆けつけ、手をあげたソルに花瓶を投げつけ引っぱたく。
「出ていきなさい」と言われたソルはパジャマ姿のまま屋敷を出ていく。

ソヘが熱を出したと聞き病院に駆けつけたヘソンは、くしゃみのようなものだとホン先生に笑われるが、管につながれているソヘを見て、心を痛める。

美しいイメージしかなかったリュ・ヘソンのゴシップにランキングは急上昇し、早く手を打たないと人気は地に落ちると恐喝するチェ社長は、今夜中の再契約を要求する。

動画は流出し、顔はモザイクがかかっていてもヘソンそっくりのシルエットにTV局幹部は、真実がどうかよりもドラマの主役がスキャンダルでは困るとチェ社長の手腕に期待する。

パジャマ姿のまま飛び出したソルは食堂でお酒を飲み、殴られたあとが生々しく残る客を心配した主人は酔い潰れた彼女に代わり、携帯にあった番号に電話をかける。
食堂にかけつけたサンウクは、生々しい傷のソルに驚き、眠っている彼女をおんぶしてホテルにつれていく。
美しく清楚なソルに似合う最高級の部屋をオーダーしたサンウクは、給料2カ月分以上のスイートルームに彼女を泊まらせる。

チェ社長が雇った数十人のバイトがリュ・ヘソン潰しの悪質書き込みをし、正攻法で記事はデマだと訴えるチャンソクの手に負えない状況となる。
スタッフに丁寧にお礼を言うと、女好きだとけなされ、疲れて下を向くと不誠実な謝罪だと揶揄される。

体力も戻り、管がはずれたソヘは、持ってきたはずの携帯がなくなりヘソンに何かあったのだと察知する。
看護師が持っていた携帯でヘソンの動画を見せてもらったソヘは、ごまかしとおそうとするホン先生から携帯を返してもらい、ヘソンのマンションに帰る。

見たこともない豪華な客室で目を覚ましたソルは、何が起きたのかと部屋を歩きまわり、置かれていたたくさんのプレゼントがサンウクからの贈り物だと知る。
薬、化粧品、果物。ソルに似合いそうな黒い衣装に苦労してサイズを測ったであろうパンプス。

表の喫茶店で待っているというサンウクの元へ彼が買ってくれたサングラスで打撲を隠し、女優のような格好で現れたソル。
何があったのか尋ねてもソルは私の問題だからと言葉を濁し、心配でたまらないサンウクは「あなたは世界に一人しかいない人。自分を大事にしてください。」と声をかけるのがやっと。

新しく契約するはずだった事務所との話は流れ、動画が事実ならスポンサーへの違約金がかかるとチャンソクも弱気になってくる。
業界の汚い手口に慣れっこのソヘは、ドラマが延期になろうがチェ社長に負けてはいけないとヘソンを励まし、ガン宣告された人間に怖いものなどないんだと彼を安心させる。

スポンサーリンク

ヘソンはしぶとく降参せず、このまま彼の商品価値を下げてしまえばチェ社長としても大損。
チェ社長は、事件を終息させるため動画の原本を明かし、誤報道だったとヘソンの濡れ衣を晴らす。

サンウクに勇気をもらったソルは、夫の事務所にイ議員を呼びつけ、どっちの女を取るのかとジンテに選ばせる。

ジンテの浮気癖は周知の事実で、ソルばかり責められないチェ社長は、離婚すれば家の内情が暴露されると母を説得し、ソルを迎え入れる。

薬の副作用で、体のあちこちに発疹ができ、こんな姿をヘソンに見せたくないソヘは、一緒に眠りたいという彼の誘いを疲れたからとごまかす。

今夜に限って、まったく眠れないヘソンは、腕立て伏せをして気を紛らせようとするが、まったく効果なし。
病状が悪化すれば、もっと醜い姿になるのではと怖くなってきたソヘは、今日の日を後悔したくないと枕を抱えヘソンのベッドに行く。

体の状態を打ち明けられたヘソンは、病院に行ったほうがいいのではと心配し、ガン細胞と闘ってくれているソヘの発疹に「頑張ってくれ」と話しかける。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ファンタスティック~君がくれた奇跡~」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←12話     14話→

ファンタスティック あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「ファンタスティック」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

ファンタスティック~君がくれた奇跡~ BSフジ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 魔女宝鑑

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ