韓国ドラマ・エンジェルアイズ・あらすじ18話

エンジェルアイズ

今回の韓国ドラマはこちら!
エンジェルアイズ
さっそく18話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、エンジェルアイズ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・エンジェルアイズ・あらすじ18話

施設の帰り道、ドンジュの車から降り一人歩き始めるスワン。
目が見えない状態の彼女は杖をつきながら手探りで歩き、車に轢かれそうになってしまう。
「盲導犬が来たら、私の前から消えて」とドンジュに強がりを言い放つ。

「もう誰も傷つけたくない」と言い、ドンジュの事を遠ざけようとするスワンだが、そんな彼女にドンジュは「僕は君と出会ってからずっと幸せだった。」と言い返す。

今日もジンモの面倒を見てくれていたヘジュ。
感謝の気持ちを伝えると同時に、先日の告白に対しての返事をするウンチャン。
「このプレゼントは受け取れない。 はっきり言っておくが、君の事を好きになることはない。」
ヘジュの気持ちにこたえられないとキッパリと伝えるウンチャンだったが、「私の事まだあまり知らないでしょ?」と、諦めない意志を見せるヘジュ。

悩むドンジュの相談を聞くジウンは帰宅し、「本当は全部俺のせいだ・・・」と一人嘆く。

ヘジュの気持ちを拒んだウンチャンに対し、怒りがこみ上げるテディ。
「せっかくヘジュさんが告白したのに・・・身の程知らずのおっさんめ!!」
と、ウンチャンのロッカーをぶん殴る。

ウンチャンの事を諦めきれないヘジュは、彼のほっぺに突然キスをする。
「顔が赤くなったでしょ?」っていう事は女として見ている証拠と、積極的にアピールする。
しかしウンチャンは「嫁を亡くして以来、体の強い女性、自分よりも長生きしてくれる女性を選ぶと決めた。」と断固ヘジュの事を断り続ける。

目の見えない環境を改善しようとするのではなく、適応しようと行動するスワン。
「彼女のやる行動を否定するのではなく、今は見守り続ける事。」と、医者に言われたドンジュは、彼女の事を陰ながらサポートする。

目が見えないスワンの元にやってきたヘジュは、「どうしてこんな事に・・・」と涙を流す。
紫色の毛糸を取り出したヘジュは、「これでスワンさんに、セーターを編むから、出来上がるまでに回復してね。」と投げかける。

ジウンに電話をかけ、今の彼の声を録音したミンスは、119に通報してきた時の音声と照合。
分析の結果、「ほぼ間違いなく本人でしょう」と言われたミンスは、「ジウンが事故を起こしたのではなく、目撃者としてただ通報しただけかも」と真実を直視できないでいた。

ウチョルが罠を仕掛け、あっさりと引っかかった署長は、彼の事を殺そうと大型の車両を用意。
危うく轢かれそうになるウチョルですが、ギリギリのところでミンスが助けに入る。
「まさか、こんな大型車両で来るとは」と、驚くウチョルに、「一人の行動は危ないとあれほど言ってるじゃないですか!」と彼を心配し怒鳴りつけるミンス。
危ないところだったが間一髪のところで助かったウチョルは、「危ないところだったが、これで一つ証拠を手に入れた。」と、署長が黒幕である証拠を手に入れたと喜ぶ。

署長の元を訪れ、彼を緊急逮捕するウチョル達。
それを知ったヨンジは、自分たちの身にも危険が及ぶと焦る。
息子のジウンを何とか守りたいヨンジは、「オーストラリアに行ってなさい」と、海外に行くことを指示。
取り乱す母を落ち着かせるためにジウンは、「言うとおりにするから落ち着いて。」と母をなだめるも、その足で向かったのは空港ではなく警察署だった。

ここまで前半戦

スポンサーリンク

ここから後半戦

「何もかも打ち明けたい。」とミンスの事を呼んだジウンは、「ドンジュの母をはねた」と話し始める。
「あの日セヨン交差点で自転車を押す女性をはね、怖くなって逃げた。 手術は成功していたから時期に意識は回復するはずだった。 ジェボムもドンジュもスワンも、みんな勘違いしていることがある。 ジェボムが呼吸器を外したから死んだのではなく、ふぐの毒でジョンファさんは死んだ」
しかし、ジウンは母を守るために、ふぐの毒をもったのはヨンジではなく自分だと嘘をつく。

それを別室で聞いていたドンジュは怒りが込み上げてくるが、手錠をはめられ連行されるジウンを呼び止め、「いったいどういう事だ? あなたはそんな人間ではないはずだ!」と彼を問い詰める。
どこから聞いてきたのか、ヨンジも警察署にやってくる。
ジウンが自分の罪もすべて被ったと悟った彼女は、息子を釈放するために「毒をもったのは自分です。」と真実を語る。

ジョンファの轢き逃げについては時効が成立しているためジウンは釈放。
「僕は罰すら与えてもらえないのか・・・でも、一生をかけて償っていく」とミンスに話すジウン。

すべての詳細をミンスに説明してもらったドンジュは、その足でヨンジの面会に向かう。
「ジョンファさんなら、私の親心をわかってくれるはずよ。」と話すヨンジに、「いいえ、うちの母は違います。」と断固否定する。
ジウンに対して怒りをあらわにするより、むしろ彼を庇うドンジュはヨンジに対して、「この事件の一番の被害者は、ジウン先生でしょう。あなたの愛で、息子さんは幸せだったのでしょうか?」と言い残し去っていく。

ジェボムがいつも持ち歩いていた、スワンと亡き妻の写真。
それと一緒にあったのが、ドンジュの卒業式にジェボムと二人で撮った写真だった。
裏には 「2015年 6月 自慢の息子 ドンジュの卒業式」と書かれており、父が本当に自分の事を息子として、さらにいうなれば「自慢の息子」として思っていたことを知ったドンジュは、涙が止まらない。

「改めてお詫びさせてほしい」とドンジュに謝罪するジウン。
ジェボムが死に、母も捕まり、自分には資格がないと話すジウンは、ドンジュに病院の経営を任せたい。
「しばらく病院を離れて、一生罪を償っていくよ」と、肩を落とし帰っていく。

ジェボムがスワンに宛てた手紙を発見したドンジュは、目の見えない彼女の代わりに読んで聞かせてあげる。
「父の最後のわがままだ。 ドンジュと幸せになってくれ。 ジョンファさんには私が謝っておくから。」

手紙を読んでもらい眠りにつくスワンは、夢の中で若かりし頃の父に会う。
幼いころの自分を抱きかかえ、幸せそうな表情を見せる父。
目が覚めたスワンは視力が回復していることに驚く。

居間で疲れて眠っているドンジュに触れようとするも、触ることができないスワン。
朝目覚めたドンジュは、「ドンジュへ」と置手紙を発見し、いなくなった彼女の事を探し回る。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「エンジェルアイズ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←17話     19話→

エンジェルアイズ・あらすじ詳細

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

追記

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 今日、妻やめます