韓国ドラマ・伝説の魔女・あらすじ31話

伝説の魔女

今回の韓国ドラマはこちら!
伝説の魔女
さっそく31話をご覧ください
伝説の魔女・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・伝説の魔女・あらすじ31話

植物状態となり機械に繋がれいたドヒョンは、大雪が降る寒い冬、2年ぶりに意識を取り戻す。
その頃、夫が生きているとは夢にも思わないスイン。彼女は晴れ渡る暖かなソウルでウソクとの幸せに浸っていた。

マ・テサンの本性を知ったウソクは、証拠資料片手に乗り込みテサンを問いただすが、30年前の事件などとっくに時効が過ぎ、証拠など何の役にも立たないとテサンは開き直る。
コブク堂を陥れシンファを創業したテサンなら、父の死に何か関与してるはずだと疑うウソクは、「パン作りは上手くても経営能力がなければ会社は潰れる。」と詭弁を並べる会長に「真実を一つずつ明かしていきます。」と宣戦布告する。

テサンの犯行を確信したウソクは、エンランの話に耳をかす。
不信感を持っているウソクに、自分たちは姉弟のように仲良く接していたと彼を助けた経緯を話しだすエンラン。

恋人サンウが亡くなり、埋葬して戻ると、ジヌの家は大火事で姉と慕ったボンニョは放火と夫殺しの罪で連行されていた。
病院に運ばれたジェソプは息を引き取り、全身おおやけどのジヌが記憶を失くし横たわっていた。
マ・テサンの犯行を確信したエンランは、医者に頼みジヌの死亡診断書を書いてもらい、彼にナム・ウソクとしての人生を出発させる。

テサンのせいで人生を狂わされたエンランは、一緒に仕返しをしようとウソクに協力を求める。

夢を捨てきれないミオは、CM出演のカメラ撮りに参加し、「おばさんなんだからオーディションに受かるはずがない。」とドジンはへそを曲げる。
モデル経験のあるミオは、カメラ撮りを余裕で乗り越え、監督も好印象を持つ。

玄米カステラを気に入った婦人会のおばさまたちは、さっそくスインの店に訪れ、チキン屋のペさんは親戚から送られてきた健康水、イタヤカエデの樹水をおすそ分けする。
甘みの強い樹水なら砂糖を減らしてパン作りができると考えたスインは、ペさんにカエデ水を注文する。

ボギョンとの縁談が実らずともウン会長と20年来の友達であるテサンは、総会への委任状が欲しいと頼み、約束をとりつける。

娘を破談にされ笑い者になったウン会長夫人は、株主総会の委任状がほしいというエンランに渋い顔。
しかし、そこへ通りがかったジュランがエンランを侮辱しボギョンの秘密を暴露した張本人と知ると、会長夫人の気持ちは揺れる。

スポンサーリンク

ジヌを実の息子のように大切にしてくれたイムンに感謝するボンニョは、世間体など関係ないと結婚を迫られ、スインたちの式を見届けたら結婚をすると約束する。
早くイムンと結婚したいボンニョは、ウソクにスインとの結婚を勧め、イムンも「早く結婚してくれないと俺たちが葬儀場行きになる。」とスインを説得する。

一度はサインすると言ったサモン流通のウン会長は突然態度を翻し、委任できないと言ってくる。
ウォンジェは、ジュランがボンギョに暴行し、人前で恥をかかせたために恨みを買ったと会長に報告する。

その頃、ボギョンから運転代行を頼まれた彼女を空港に送るドジン。
ボギョンは、勇気をくれた最後の贈り物として、議決権をエンランにプレゼントすると話し、勇気を出して元彼の所に行く、と報告する。「韓国一のマザコンに出来るなら、私にも出来ると思ったの。」

週末に末の妹が結婚するというウォルハンは、式に一人で出ると肩身が狭いとプングムにバイトを頼み、女房役をしてもらうことに。

事件の真相を知りたいと考えたウソクは、30年前の火事をもう一度調べ直そうと決め、二人で力を合わせれば復讐も早く遂げられるとスインに結婚を申し込む。

ドヒョンの意識が戻ったと連絡を受けたワン室長は、エンランとともに別荘へ急ぎ、不倫現場を押さえるためジュランに指示された便利屋は、彼女の車を尾行する。

意識は戻っても、まだ話すことのできないドヒョンを医者はソウルの大きな病院で検査したほうがいいと勧め、この時期にテサンに事実がバレたらとワン室長は時間稼ぎを勧める。

便利屋から送られてきた写真が、全く不倫現場でなくがっかりするジュランだったが、ベッドに横たわる男性を見つけ、弟ドヒョンの生存を発見する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「伝説の魔女」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←30話     32話→

伝説の魔女 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー