韓国ドラマ・チョンドジョン・あらすじ3話

チョンドジョン

今回の韓国ドラマはこちら!
チョンドジョン
さっそく3話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、チョンドジョン・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・チョンドジョン・あらすじ3話

「逆徒が便殿(ビョンジョン)を支配しました。」と宮殿の中から急を知らせる使いが駆け寄り、イニムは「子弟衛が反乱を起こした。」とドジョンに説明する。
 イニムの私兵は子弟護と戦い、逆徒ホン・リュンを捕らえる。
王の所へ行こうとするドジョンを私兵が抑え、イニムは便殿に入る。

宦官、女官、人という人、全てが無残に切り捨てられ、王、コンミンも同じく血を流し命尽きた姿をさらけ出していた。
我が意にそぐわぬ者は王とて亡き者にするイ・イニム。

皇太后が悪夢に目覚めると、守侍中より殿下の訃報が届く。

イニムは王がしたためたチョン・ドジョンを”密直副使(ミルチクブサ)”に据えた新政権の人事を握りつぶす。
忠犬として仕えた王に捨てられたイニムは、「新しい王を私の忠犬にしてみせます。」と決意する。

ホン・リュンは死刑に処される前に、「王に殺される。」と密書を送ってきた者に操られ殿下を殺害してしまった、と逆徒である事を否定するが、イニムは我が意のままに動いた道具、ホン・リュンの死刑を執行する。

耽羅(タムナ)[現在の済州島]にいるチェ・ヨン将軍の元へコンミン王の訃報が届く。
王から耽羅制圧は明へ貢ぐ馬を得るためだけではなく、高麗の栄光を取り戻すための足がかりになる戦いだと王命を受けた将軍は志半ばで尊命を召された王の死を悼む。
将軍は都堂のやからが王のいない間に何をするか分からない、と全軍率いて開京に戻る。

皇太后は乱を鎮圧したイ・イニムを仕方なく広平府院君(カンピョンプウォングン)に冊封し褒美を授ける。
イニムは皇太后に下がれと言われても、ずうずうしく居残り、王が身罷って日もないこの時に、外敵に備えるため次の王を早くたてるべきだと進言する。
 
出生の怪しい江寧君を王位継承者と認めないボクフン宰相らは「皇太后様に一任すべきだ。」と主張するが、イニムは江寧君を王位につけるのがコンミン王の遺言だと話を作り、官僚たちをだます。

高麗の希望であったコンミン王を失ったチョン・ドジョンは次の王が決まればイニムを倒す機会が訪れる、と信じていたがモンジュからコンミン王の意思ではない江寧君を王位につけるという遺言を聞き、「皇太后に会わせてほしい。」とモンジュに頼む。

宰相ボクフンの力を借り、皇太后に謁見したドジョンはコンミン王が描いた無逸図を渡し「国政を刷新する。」との王の意思を伝える。
ドジョンは、コンミン王から賜った「霊殿の建設を中断し改革を推進する。」との御意を伝え、イ・イニムが主張する遺言は偽りだと訴える。
更に”王になれない王子の運命は灯のようにはかない”と江寧君の末路を心配したコンミン王から「息子を守ってほしい。」と賜った御意を明らかにする。

モンジュは「皇太后様に絵を見せるだけ。」と言っていたドジョンがお世継ぎ問題にまで口を出してしまい、万が一の時にはドジョンに罪を着せられると心配するが、真実を知っていて口を閉ざす事はイニムの言う「下っ端の者は是非を問う資格さえない。」との考えと同じだ、とモンジュに怒る。

ここまで前半戦

スポンサーリンク

ここから後半戦

チョン・ドジョンの話が本当ならイ・イニムは逆徒も同然。皇太后は臣下が開く朝会でチョン・ドジョンの話を聞かせ証拠のないイニムの証言を脅かそうと考える。

チェ将軍は不眠不休で開京に向かって走り、チェ将軍が南京を通過した、との伝令がイニムに入る。

統帥権を持つチェ将軍は国の軍事力の8割を牛耳り、王亡き後、彼が反旗を翻せば勝手に王を仕立てる事ができる、とイニムは皇太后の不安を煽る。 そして将軍が耽羅征伐の証として送ってきた敵将たちの生首を皇太后に贈る。

父王の喪に服す江寧君を懐柔しようとするイニムは、「王になりたくない、皇太后様に従って下さい。」という彼に、「王にならなければ死ぬしかない。」と恐怖を与える。

チェ・ヨンがあまりにも急ぎ開京に帰ろうとしている事を知るとボクフンは忠義のためではなく別に意図があるのでは、と将軍を疑い始める。
 皇太后は判三司事(バンサムササ)をチェ・ヨン将軍の所まで走らせ彼の忠誠心を確かめようとするが、都城を前にして「急ぐ事はない皇太后様の命を待て。」と言われた将軍は判三司事が都城に入る事を阻止する逆徒と勘違いし彼を拘束する。

チェ将軍が裏切ったと思ったボクフンは、このままでは武臣に王位を奪われるかもしれないと皇太后に江寧君の即位を勧める。

ボクフンの命令でチョン・ドジョンの身辺を警護していた兵士は夜が明け一変、朝会に出席しようとするドジョンを軟禁する。

チョン・ドジョンの話を信じる皇太后は、江寧君即位に同意する交換条件としてイニムから幼き王の垂簾聴政(スリョムチョンジョン)の同意を得る。

御前会議に兵士を連れ乱入してきたチェ将軍は、王を殺害した黒幕を征伐するために駆けつけたというが、すでに江寧君の即位は済み、頼りない幼王に統帥権の証である斧鉞を苦渋の決断で返上する。 新王は恐怖に震え玉座で失禁する。

民はコンミン王の死を自業自得とあざ笑い、結局何も出来なかったチョン・ドジョンは自分も同じタダ飯食らいの役人だと卑下する。

ドジョンは現王の即位を邪魔した、と成均館に辞職願を出すが、皇太后はドジョンに王室の祭祀を司る重要な職務、典儀副令(チョニブリョン)を命ず。
「まだ 戦いは終わっていない。」モンジュは必死にドジョンを再起させようとする。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「チョンドジョン」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←2話     4話→

チョンドジョン・あらすじ詳細

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ