韓国ドラマ・私はチャンボリ・あらすじ37話

韓国ドラマ・私はチャンボリ・あらすじ37話

私はチャンボリ

今回の韓国ドラマはこちら!
私はチャンボリ
さっそく37話をご覧ください
私はチャンボリ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・私はチャンボリ・あらすじ37話

ドンフのせいでピザ店をクビになったネチョンは、ピダンの幼稚園から借りた熊の着ぐる姿で店に現れる。
ジョンランの為なら溶鉱炉の中だって我慢できると強がるネチョンだったが、外気33度の真夏日にさすがの彼も息ができず、大の字になってぶっ倒れ、着ぐるみのまま救急車に乗せられる。

ミンジョンを養女にと決意したスボン夫婦は早速役所に行き、申請書を出してしまう。

投書により子持ちの人妻と交際していると上司から警告を受けたジェファは、ボリの潔白を証明するためにも調査を受けると真っ向勝負に立つ。
騒ぎを知ったドンフは、ジェファの交際相手が公募で騒ぎを起こしたト・ボリを聞き、頭に血が上る。

ピスルチェでファヨンに会ったミンジョンは、子持ちのボリがジェファを手玉に取ろうと、もくろんでいることを彼女の耳に入れ、ジェファはボリの自宅に出入りする親密な関係だとファヨンを焦らせる。

ボリがウンビではないかと期待するオクスは、ヘオクを問いただし真実を突き止めようとするが、ミンジョンの幸せを願うヘオクはまたしても嘘をつきボリを赤ちゃんの時から育てているとでまかせを言う。

ミンジョンの為にと嘘を付いたことでイナ夫婦に恨まれてしまったヘオクは、ピスルチェから告訴されると聞き、恐ろしさでボリに泣きつく。
ミンジョンの嘘をばらせないボリは、ジェファに頼み、母のやった事には事情があるんだと示談で済ませられるように助けを求める。

子持ち女のせいで大事な息子の将来が駄目になる思ったドンフは怒りに任せオクスを呼び出す。
”息子を駄目にする女”とボリを侮辱されたオクスは、「女性の家に通うのは父親に似たんでしょうね。」とファヨンと不倫関係にあった義兄に皮肉を言う。

母を助けるためジェファに立ち会ってもらったボリは、イナ夫婦に謝罪し「今後一切問題を起こさせません。」と約束する。
このチャンスにボリを追い出したいミンジョンは、ボリがピスルチェを辞めるのなら示談を受け入れると条件を付け、孫ウンビの事で騙されたパク先生も仕方がなくボリを手放す。

ピスルチェに来れなくなったボリのショックが痛いほど分かるジェファは、「待ってろ、俺が必ず復帰させてやる。」と約束し、「意志あるところに道は開けるんだ。」と軽いジェファから似合わない言葉を聞かされたボリは、全く期待せず、「いつも変なことばかり思いつくから何もしないで。」とバカにする。

スポンサーリンク

ジェファには全く相手にされず、ボリとの親密な写真を手に入れたスヨンは、これでは詐欺だと怒り、ファヨンに証拠を突きつける。

親しくしていたボリに騙されていたと思ったファヨンは、ボリの自宅に行き、ピダンの見ている前で彼女にたらいの水をぶっかける。
自分と同じように金持ち男をボリが計画的に狙ったと思ったファヨンは、こんな娘に育てたヘオクも、生意気なピダンも皆同類だと侮辱し、母をけなされたボリは、「今の言葉を取り消してください!」と怒る。
しかし、帰宅してきたヘオクとファヨンがつかみ合いの喧嘩になるとボリは、土下座し「すみませんでした。もうお帰りください。」とファヨンに頭を下げる。

ヘオクから、継母がボリを傷つけたと聞いたジェファは、居ても立ってもいられずボリの所へやってくるが、ジェファの真剣な気持ちを信じられないボリは、捨て子の自分が人並みの幸せを求めてはいけないんだと強がってジェファを追い返そうとする。

父に呼び出されたジェファは一方的に責められるが、自分は何も悪い事はしていないと堂々と反論し、「検察の調査でもなんでも受ける。」と宣言する。 遊び人ジェファの豹変ぶりにドンフはジェヒの情報が間違っているのではと不審に思う。

ジェファに怒りをぶつけたボリだったが、彼が約束の勉強会に来てくれるのではと、お礼のジャガイモをふかしオクスの店に行く。
 ”約束” ”江原道” ”長幼有序(チャンユユソ)”ジェファに出された宿題を終えたボリは、勉強会に来てくれないジェファを恋しく待つ。

力なく、今はボリを助ける事ができないジェファは、店の外から彼女の姿を見つめ、愛しいボリに電話をかける。
今までウンビ以外の女性に心を奪われた事がないジェファは、ボリへの一途な気持ちに驚き、自分を変えてくれる彼女に感謝する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「私はチャンボリ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←36話     38話→

私はチャンボリ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ