韓国ドラマ ビューティフルマインド あらすじ19話

ビューティフルマインド

今回の韓国ドラマはこちら!
ビューティフルマインド
さっそく19話をご覧ください
ビューティフルマインド あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ ビューティフルマインド あらすじ19話

脊椎まで腫瘍が転移しており、車いす生活のユノ。
妻のウンジュは妊娠しており、たとえ長生きできなかったとしても、子供を一目見るまでは生きていたい。
夫婦の思いに共感したヨンオは、難しい手術を引き受ける。
(ヨンオの脳は以前と変わらないようですが、完全に”共感”していると思う。)

手術は無事に終えるが、検査ではわからなかった新たな腫瘍を発見。
新たに発見した腫瘍は、放射線治療で対応することになる。

ヨンオが患者にしてあげたかったこと、それは、”時間”をあげること。
好きな人と何気ない時間を一緒に過ごし、幸せを感じる。
それが”普通の人”の幸福感だと思ったヨンオ、ジンソンを通してその感情に気づき始めていた。

経過が良好とは言え、外出するのは危険な状態のユノ。
それでも、夫婦の時間を少しでも与えてあげようと、ヨンオは外出許可を下す。

しかし、外出先で具合が悪くなり、ユノは急患として帰ってくる・・・。

危険な状態のユノを治療するため、ECMO(高度な治療器具)が必要になる。
ヒョンソン病院の中にも、この器具の数は限られていた。

ヨンオが患者に向き合い治療する中、ソクジュは再生医療の試験治療の準備をしていた。
目の前の患者を治療するためにECMOが必要なヨンオ、再生医療の試験治療で非常時のためにECMOを備えておきたいソクジュ。
器具の取り合いになり、「頼む。患者の治療のために必要だ。譲ってほしい。」とヨンオは頭を下げる。
(ヨンオが今まで人に頭を下げる事なんてなかった。←お願いすることなんてなかった。)

「今のお前は、いい医者だと言えるのか?」
素直にお願いしてもソクジュは聞き入れず、結局力ずくで器具を確保するヨンオ。笑

”せめて子供が生まれるまで”と、医師、患者、両者の懸命の治療が続くが、妻が分娩室に入っている間にユノは亡くなってしまう。

患者に向き合い治療をするヨンオの姿に、やっと人間らしくなってきたと笑みを浮かべるゴンミョン。

過去の秘密をばらされたくないゴンミョンは、「感情をなくしたのは、医療ミスが原因だって息子が知ったらどう思うだろうな?」と、ヨンベに脅され、口封じの交換条件として、再生医療の特許を渡す約束をする。

スポンサーリンク

自分の会社が有利になる条件を整えたヨンベは、「今も昔も変わってないな。君は自分自身を守りたいだけだ。」と口を開く。
詳細は分かりませんが、ゴンミョンは医療ミスをしてなかったらしく、当時のヨンベはそれに気づいたが黙っていた。

ゴンミョンは自分のミスだと思い、保身のためにヨンオを養子にした。
ここについては確定だと思います。

術後のCTを確認したいゴンミョンは、当時それを見ただろうミンジェの元に行き、問い詰める。
異常なまでのゴンミョンの切迫した雰囲気に、彼が医療ミスしたのだと思ったミンジェ。
ヨンオは怪物なのではなく、ゴンミョンに作り出された被害者なのだと悟る。

「あなたは怪物じゃない。完璧な教育という名目で、陰湿で執拗な虐待を受けた被害者よ。」
ミンジェの言葉にヨンオは驚き、父への信頼感が一気に崩れる。

「命の恩人で、唯一の家族。そう思っていたのに、俺を怪物にした張本人だったなんて・・・。」
自室の壁に貼られた無数の紙を引きちぎり、「俺はあなたの失敗作でいたくない」とヨンオはゴンミョンを咎める。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ビューティフルマインド」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←18話     20話→

ビューティフルマインド あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「ビューティフルマインド」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
ビューティフルマインド 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 七日の王妃