韓国ドラマ 青い海の伝説 あらすじ5話

青い海の伝説

今回の韓国ドラマはこちら!
青い海の伝説
さっそく5話をご覧ください
青い海の伝説 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 青い海の伝説 あらすじ5話

女友達のチャ・シアが、ジュンジェの誕生日にウニ入りワカメスープを持ってきた。

胃袋でジュンジェを落とそうとするシアだが、女性に心を開かないジュンジェは、シアに無関心。
しかし、口に入れたウニのスープは、懐かしいお母さんの味がしてスプーンが止まる。

子どものころ、誕生日にはいつもお母さんと一緒に水族館にやってきたジュンジェ。
特別なこの日だけは、今でも彼は思い出の場所を一人訪れる。

水槽に入ってご馳走をたらふく食べたセファは眠ってしまう。

翌朝、水族館の営業時間となり、人魚ショーが予定されていたこの水族館では、水槽の中に人魚が入っていても人間が衣装着ているものだと思い込み、何の違和感もなく人魚を鑑賞する。

ガラスの向こうを歩くホ・ジュンジェを見つけたセファは、水槽をたたき彼に合図するが、人魚の記憶を失っているジュンジェは、彼女を見ても何も感じずそのまま行ってしまう。

翡翠の腕輪のことをジュンジェが話そうとしないので、ナムドゥはスペインにいるトーマスに連絡を取り、彼が撮ったジュンジェと翡翠女とのツーショット写真を手に入れる。

翡翠の腕輪をしている女性と一緒に写っていたジュンジェ。
画像を見せられた彼は、そこに写っている女性が先ほどの人魚役の女性だと気付き、彼女が入っていた水槽に戻ってみる。

水族館では、人魚役の女性が現れる前に入水していた女性は企業スパイの不審者だと問題になり、ジュンジェを追いかけようと水槽から出たセファは、警備の者に取り囲まれる。

いつもの暴力で人間を蹴散らしたセファは、ジュンジェを追いかけ、彼と再会する。

江原道の漁村では、女物の服、靴が盗まれ、代わりに高価な真珠が置いてあるという事件が起こっていた。
人間を愛した人魚は必ず陸に上がってくる。

人魚伝説に詳しい漁師は、彼女を取り逃がしたヤン氏に、盗人は人魚の仕業だと教える。

ヤン氏は人魚を捕まえるために、よからぬ噂を流し、人魚は人に災いをもたらす化け物だと吹聴する。
人魚を捕獲しなければ、また先日のような嵐がやってくる。

数日後にイカ釣り漁をひかえた民は、天候を心配し、早く人魚を捕まえてくれと県令に訴えかける。

陸に上がった人魚の弱点は足。
ヤン氏が仕向けた追っ手は人魚を見つけ、彼女の足に斬りつけようとする。

セファとの再会を果たしたタムリョンは、初雪を一緒に見ようと約束した彼女が陸に上がっているはずだと心配し、お家も何もかも捨てセファの元へ走る。

スポンサーリンク

2016年、夏のソウルでは、殺人容疑者マ・テヨンの脱獄から3カ月が過ぎ、野放しになった殺人犯がどこにいるのかとソウル市民は不安を募らせていた。

妻の知人からの差し入れでカニの醤油漬けを食べた事業家ホ・イルジュンは、前妻との貧しくも幸せだったころを思い出し、家を出た息子ジュンジェのことを気に掛ける。

妻カン・ソヒの連れ子であるチヒョンをかわいがっていても、後継者は実子のジュンジェしかいないと心に決めているイルジュン。

イルジュンの財産を狙う現妻カン・ソヒは、ジュンジェを亡き者にしようと脱獄囚マ・テヨンに殺人を依頼していた。

誕生日にはジュンジェが水族館に現れるというので、彼を待ち伏せするマ・テヨン。

ジュンジェに再会したセファは目に涙を浮かべ、翡翠女の記憶がまったないジュンジェは、涙を浮かべる彼女に「お前は私のことを知ってるのか」と声をかける。

彼女を捜し回っていた警備の者がやってくると、ジュンジェは数ある身分証の中から警察証を選び、通報を受けて駆けつけてきたと言って嘘をつきセファを連れていく。

スペインでの出来事を彼女から聞き出そうとしても、翡翠女は名前すらないと語り、馴れ馴れしい彼女に一緒についていってもいいかと言われると、ジュンジェは警戒を強め、彼女を置き去りにする。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「青い海の伝説」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←4話     6話→

青い海の伝説 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「青い海の伝説」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

青い海の伝説 DVDオフィシャルサイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ