韓国ドラマ 青い海の伝説 あらすじ2話

青い海の伝説

今回の韓国ドラマはこちら!
青い海の伝説
さっそく2話をご覧ください
青い海の伝説 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 青い海の伝説 あらすじ2話

漢字で“タムリョン”と刻印されていれば本物の翡翠の腕輪。

ジュンジェは得意の催眠術で警官に暗示をかけ裸足女を助けだす。

警戒心の強い裸足女はジュンジェが握手を求めても身構える。

ひとまず彼女のご機嫌を取るのが先決と考えたジュンジェは、まず裸足女に靴を買ってあげようとショッピングモールに連れていくと、生まれて初めて見るエスカレーターに対処できない人魚は怖くて柱に抱きつき、あっという間に人だかりができる。

見かねたジュンジェは裸足女を抱き上げかっこ良くエスコートすると、美男美女の素敵な光景に野次馬から拍手が沸き起こる。

ショップに入ると、ジュンジェは裸足女をソファーに座らせ、彼女に似合いそうな靴を2足選んでみると、エメラルドグリーンのきれいな物に興味を示した裸足女は、そこに両手を差し込み、胸にあて耳にあてる。

イカレているのか、わざとなのか、予測不能な女のご機嫌をとらなければいけないジュンジェは彼女が手にはめたパンプスを優しくとり、傷だらけの足に履かせてあげる。

ホテルで逮捕された彼女が着ているのはジュンジェの長いパーカーだけ。
ジュンジェは裸足女が好きそうなピンクのスパンコールドレスを選び試着室に放り込む。

「腕輪は本物だったのか?」
ナムドゥから電話がかかりショップから少し離れたジュンジェ。

試着室から出てきた人魚は、さっきの男がいなくなると興味をそそるカラフルな物につられ、モールの中を一人で歩き回る。

子供たちにくっついていった人魚は迷子センターでキャンディーをもらい、まさかと思ってやってきたジュンジェは60億の女を見つけ、ほっとする。

ジュンジェを発見した人魚は飼い犬のように喜びいっぱいの目で見つめ、なんだかほっとけなくなったジュンジェは、彼女にランチをおごる。

美しい女にドレスアップさせ、おしゃれなパークカフェでパスタランチ。
しかし、食べ方の分らない人魚は、パスタを手づかみし、切り方が分らないと思いっきり背伸びして立ち上がり、長い物を口の中に入れる。

見た目とのギャップに人々の冷たい視線が注がれ、見かねたジュンジェは、裸足女にフォークの使い方を教える。

人魚にとって食べ方などどうでもいいが、男が喜ぶ顔がうれしく、彼女はぴかぴか光る変な物の使い方を真似しようとする。

人魚は本能のままに食べ続け、仕上げのチョコレートケーキを堪能し、そろそろ彼女の胃袋が落ち着いたころを見計らい、ジュンジェはいつもの催眠術を彼女にかける。CAを落とすために用意していたネックレスをジュンジェは裸足女の首にかけ、「キレイだよ」と彼女を見つめたときには、すでに翡翠の腕輪はジュンジェの手の中。

彼女を再びショッピングモールに連れてきたジュンジェは、「ここで待っていろよ」とソファーに座らせると、そのままエレベーターに乗り込み姿を消す。

ベルが鳴ると扉の向こうから人が出てくる不思議な乗り物を見て、ずっとジュンジェを待ち続けた人魚。

お宝が本物だと確信したジュンジェは、高飛びしようと荷物をまとめる。

閉店時間になりビルから追い出された人魚は、雨の降る中、さっきの男性が戻ってくると信じ待ち続ける。

裸足女を、どうしても見捨てることができなかったジュンジェは、雨の中小さく座り込んでいる彼女を見つけ、傘を差し伸べる。

人魚と同じ顔をした女性との出会いを毎晩夢にみるタムリョンは、人魚も人間のように生まれ変わるのかと神秘の海に隠された、まだ見ぬ世界に思いをはせる。

スポンサーリンク

漁師のお父さんが無事帰ってこられるようにと子供たちが揚げる風灯を見て、タムリョンも願い事があるからと子供たちと競い合い風灯を揚げる。

しかし、彼の風灯は横風にあおられ、岩肌に落下した風灯を取りに行ったタムリョンは、岩に上がっていた人魚と再会する。

人魚は人間の言葉を話すことができ、池に囚われたとき、心の声を感じ取ったタムリョンが助けてくれたのだと説明するが、子供たちが近づき、海に戻る人魚は、「私に会いたいときは海に風灯を揚げてください」と言って去っていく。

ある夜タムリョンは数十個にも及ぶ風灯を飛ばし、人魚に会いにくる。

雨の中裸足女を見捨てられなかったジュンジェは、彼女を車に乗せ、滞在していたホテルに再び戻り、彼女のために追加料金を払う。

壁の穴に細い物を差し込むと明かりがピカっとつき、カードキーを初めて見た人魚は、ジュンジェがシャワーを浴びている間に抜いたり挿したり遊んで喜ぶ。

PCのことも理解できない人魚はジュンジェが見ていた銀色の板から美形男子が現れると、すっかり虜になり夜通しパソコンで遊ぶ。

ジュンジェたち詐欺トリオが今回騙した明洞キャピタルの奥さまは、裏社会に通じるヤバイ女性だった。

詐欺に遭ったというだけでプライドを傷つけられた彼女は、死体になってもいいからあの男を見つけなさいとチンピラ衆に命令し、今回に限って携帯電話を変えていなかったジュンジェは居場所をつかまれてしまう。

ナムドゥ兄貴から知らせを受けたときには、チンピラ+マフィアがホテルに押しかけ、裸足女を置いていこうとしたジュンジェだが、消火器爆弾を作りチンピラを翻弄させるためには彼女を置いていけず、仕方なく一緒に逃走する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「青い海の伝説」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←1話     3話→

青い海の伝説 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「青い海の伝説」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

青い海の伝説 DVDオフィシャルサイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー