韓国ドラマ アンダンテ あらすじ9話

アンダンテ~恋する速度~

今回の韓国ドラマはこちら!
アンダンテ~恋する速度~
さっそく9話をご覧ください
アンダンテ あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ アンダンテ あらすじ9話

かくし芸大会の景品で自転車をゲットし、意中のガラムにプレゼントしたシヨン。

シギョンには売り払った事にしていたため、ガラムは同じ形の自転車を買ったことになっている。

「なんだか嘘をつくのは、バツが悪いな・・・」と、ガラムは優等生っぷりを発揮するが、「こんなの、シギョンの嘘に比べれば可愛いもんよ」とシヨンは相変わらずの横暴さ。笑

ホスピスに入院しているソン・ギョンエ。

ギョンエには外語高校2年生の娘がおり、自分は病で生きるか死ぬかという時にもかかわらず教育熱心な母親。

娘が病気を知ったら、勉強そっちのけで看病に来るはず。

そう考えたギョンエは健康を偽り、着飾った服装と化粧で娘とテレビ電話。

約束の時間をすっかり忘れていたギョンエは、すっぴんのまま頭にタオルを巻いて、「今エステに来てるの。」と娘に嘘をつく。

何も知らない娘のスビンは、授業がどうのこうのと笑顔で近況を話し、母の異変に気付く様子はない。

一方、誕生日会が近づいてきたシギョン。

”ボムに何をプレゼントしてもらおうか・・・。”

考えながら眠りについた彼は、夢の中でボムとキス。

おちょぼ口のアホづらで眠る兄を起こし、「あんたもしかして、夢の中でボムとキスでもしたの?」と冷やかすシヨン。笑

「母さん!シギョンがボムとキ・・・〇△□〇△□ごにょごにょ」

大声で母に向かって叫ぶ妹を、必死で止めるシギョン。笑

教育熱心なギョンエは、病気で飲むことができないが、コーヒーが大好きらしい。

「コーヒーが飲みたいな・・・」

彼女の介護をすることになったジョンウォンは、良かれと思ってコーヒー豆を買い出しに行く。

その帰り道、シヨンのアルバイト先を偶然通りかかり、娘がバイトしてることを知る。

店内を覗いてみれば、ボムと楽し気にパソコンを眺める息子の姿が。

「あれが彼女なの?どんな子なの?」

親心爆発のジョンウォンは、ボムがどんな子なのかシヨンに質問攻めする。

ホスピスに戻ってきたジョンウォンは、せめて匂いだけでもとコーヒー豆を挽いてあげ、彼女の優しさにギョンエも笑顔になる。

一方、映画館デートをして帰り道のシギョンとボム。

指輪を買うためにバイトしていたデートクラブからしつこく電話が鳴り、「モデル事務所の社長から」と嘘をつくボム。

「腹黒い大人がいっぱいいるからな、今度かかってきたら、僕が代わりに出てあげる!」とシギョンは語るが、この時ボムの嘘に気づきもしなかった・・・。

かくし芸大会で絆を深めたシヨンとドクブン。

「ラップは覚えられるのに、どうして文字は覚えられないの・・・?」

約束通り祖母に読み書きを教えるシヨンは、「この字を覚えられたら、シギョンの事を兄さんと呼ぶ」と約束し、ドクブンは一層勉強に励む。

採用試験にちゃっかり合格していたジョンスは、シギョンたちの高校で音楽教師生活をスタートさせる。

もちろん、このクラスの子達が静かに授業を聞くわけもなく、緊張しいのジョンスはほろ苦い初授業となる。

スポンサーリンク

「うるさくて寝られねぇ!」

教室を出ていこうとするクラスの番長ヨンギ。

彼を呼び止め、面談室に来るよう指示したのはいいものの、どう接すればよいのかわからない新米教師ジョンスは、「シギョンの誕生会に来てよ」とたわ言を・・・。笑

一方、ギョンエを介護するジョンウォンは、中庭で娘とテレビ電話する彼女を近くで見守る。

そこに、タイミング悪くボムを紹介しようと連れてきたシギョン。

危うくここがホスピスだとバレそうになるが、「初めまして!お母さんの友達なの!」と携帯を取り自分に向け、咄嗟に機転を利かせたジョンウォンのおかげでその場を乗り切る。

ギョンエは乳がん末期で肝臓にも転移し、余命数か月の命。

たとえ自分の死を隠してでも、娘を大学に送ろうとするギョンエの執念に影響され、”少しでもシギョンを良い大学へ”と考えが変わりつつあるジョンウォン。

教育ママになりつつある母を見て、「悪い方向へ進んでいる」と感じるシギョン。

部屋に戻ると、ガラムがベッドに寝転びながら漫画を読んでおり、”こちらは悪い意味で良い方向に変わりつつある”と感じたシギョンは、「こんなだらしない友達でごめん」と心の中で自分の責任を感じ謝罪する。笑

誕生日会当日。

集まったクラスメイト達は、シギョンの誕生日を祝って大盛り上がり。

ドクブンもあのラップを披露し、若者たちに交じって孫の誕生日を祝う。

なんだかバツの悪そうな顔をしたジョンスに呼ばれたシギョンは、家の外に出て「せっかくだから入って行けよ」とヨンギを家の中へ促す。

「俺はそんなガキじゃねぇ。」

いつも通り悪態をつきながら、サッとポケットから指輪を取り出したヨンギ。

「河原で探していたのはこれだろ?」

”俺が拾った”とシギョンに指輪を差し出す。

ボムにもらった指輪は何なのかと頭が混乱するシギョンは、彼女がデートクラブでアルバイトしている事を知ってしまい、「何が真実なのか」とボムを問いただす。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「アンダンテ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←8話     10話→

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「アンダンテ~恋する速度~」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

アンダンテ~恋する速度~ 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー