韓国ドラマ・ヨンパリ・あらすじ6話

韓国ドラマ・ヨンパリ・あらすじ6話

ヨンパリ

今回の韓国ドラマはこちら!
ヨンパリ
さっそく6話をご覧ください
ヨンパリ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ヨンパリ・あらすじ6話

警報が気になり制限区域に向かったファン看護師だったが、特に異常は確認できない。
部屋の奥、ソファーで眠るテヒョンに気づいた彼女は「ここをどこだと思ってるの?」と罵声を浴びせるが、テヒョンは全くひるまない。

「あ~、罪のない人を拘束し続ける犯行現場か?」
テヒョンの挑発的な態度にイラつき、上の人間に報告しようとするが、「お前のミスも報告しろよ」と脅され電話をしまうファン看護師。

ファン看護師がいなくなった制限区域内、眠ったふりをしていたヨジンは起き上がり、「あなたの要望はなんなの?」とテヒョンに問いかける。
妹の手術費が必要な旨を聞いた彼女は、テヒョンの電話を借りてすぐに200万ドルもの大金を用意。
「この場所から脱出する事ができたら、お金を引き落とすための暗証番号を教えるわ」と交換条件を出す。

「ファン看護師は会長側の駒で目障りだった。よくやってくれた。」
ファン看護師とイ科長は対立する側の人間みたいで、テヒョンの行動を皮肉りながら褒めるイ科長。

眠ったふりをするヨジンは、ファン看護師に殴られても微動だにしない。
(普通なら『痛いッ』とか言っちゃうよね。苦笑)

ハンシングループ内の構造が徐々にわかってきました。
会長であるドジュンと敵対する関係のコ社長。ハンシン建設の社長である彼は、他の役人たちの中でもかなり力を持った人らしく、仮処分申請の言いだしっぺです。

それぞれの明確な思惑はまだわかりませんが、ヨジンを部屋に隔離しておきたいドジュン、対照的にヨジンを外に出したいコ社長、社長とは別の目的があるかもしれないけど、ドジュンの妻チェヨンも夫を裏切り、ヨジンを外に出したい派の人間です。

何はともあれ、ヨジンはグループ会社の全権を担っている女性なので、彼女を助け自分側に引き込むこと=勝利みたいな方程式だと思われます。

三年も眠らされていたヨジンは、筋肉が衰え思いのままに動くことが困難。
それでも、長い間自分を閉じ込めていたファン看護師への恨みは強く、センサーに反応するよう腕を動かしては寝てるふりを繰り返し、その都度警報が鳴り制限区域まで確認しに来なければいけないファン看護師はストレスがたまっていく。

「私を困らせたくてわざとやってるんでしょ?キィエァァァ!!!!」
終いには発狂したファン看護師に、「しばらく夜勤は休んでテヒョンと交代してください」と告げるイ科長。

放心状態で病院を後にするファン看護師は納得できず、もう一度制限区域に向かう。
そこで、テヒョンとヨジンが会話しているところを目撃してしまう。

「って言うか、なんでタメ口なのよ?失礼な男ね」
馴れ馴れしいテヒョンに文句をたれるヨジンは、優しさに満ち溢れた女性に見えたけど案外性格キツめ?
(長年閉じ込められていたので、安易に心を開かずに性格が変わった様に見えるのも頷けますが・・・)

「もう一つ願いを叶えてください。」
ランプの精だって3つは願い事を叶えてくれると、さらなるお願いをするテヒョン。
「僕と友達になってください。」馴れ馴れしい彼の性格に初めはイラつきながらも、いつの間にか彼のペースに巻き込まれたヨジンは「金持ちの友達ができてよかったわね」とツンデレ回答。

「俺がお前を玉座に戻してやる」とテヒョンはヨジンに約束する。

スポンサーリンク

そして、もはや当たり前になりつつあるテヒョンの訪問診療。
ハンシングループの建設現場で、不当なリストラを受けた女性従業員が、鉄骨から飛び降りて自殺未遂。
事態を明るみにしたくない建設現場の責任者は、救急車ではなくテヒョンを呼びだしたのだ。

”解雇は殺人だ”
かかっている横断幕を見て、この女性が置かれた現状をすぐに察し、クソッタレな現場責任者に一喝するテヒョン。
「何を考えてるんだ・・・すぐに救急車を呼ぶべきだろうが!」

そうは言っても、いつまでも責任者を咎めている時間はなく、すぐに女性の処置に入るテヒョン。
彼の応急処置と、病院に運ばれてからの適切な手術のお陰で、患者の命は助かった。
(6階の科長が、夜遅くにもかかわらずテヒョンの声掛けで手術を担当してくれた!名前はシン課長であってるかな・・・?)

「この状況を変えるために協力してほしい。」
自分が制限区域に入ったのは、すべてコ社長が見越して仕向けたことだったと知ったテヒョン。
シンシアはコ社長の側についてるらしく、という事はイ科長や院長とは別派閥って事か・・・。

ヨジン殺害指示が院長へ渡り、イ科長へも伝わる。
自らの手を下したくないと、テヒョンを使う事を提案するが、「若造に任せられない」と院長は反対。
「すべてを終わらせて、楽に生きよう」と院長に説得されるイ科長。

コ社長と接触したテヒョンは、その事をヨジンに報告。
「兄に対抗するには、力のあるコ社長と組むしかない」と手を結ぶことを促すヨジン。

自らの足で玉座に座るため、体を動かすリハビリを開始したヨジン。

一種の裏社会であるこの病院の12階。
ひときわ殺気を放つ怪しげな男が入ってきた事を、ドゥチョル親分に報告する子分は、嫌な胸騒ぎがする。

その頃、ヨジンとテヒョンの不審な動きに気づいたファン看護師は、証拠をつかもうとパソコンに新たなカメラを仕掛け、二人に気づかれぬよう部屋の様子を撮影する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ヨンパリ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←5話     7話→

ヨンパリ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「ヨンパリ」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
TCエンタテインメント

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 鳴かない鳥

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ