韓国ドラマ タンタラ あらすじ9話

韓国ドラマ タンタラ あらすじ9話

タンタラ

今回の韓国ドラマはこちら!
タンタラ
さっそく9話をご覧ください
タンタラ あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ タンタラ あらすじ9話

ソクホをこの業界から追放するために手段を択ばないKTOPのイ社長。
テレビ局側に圧力をかけるが失敗に終わり、タンタラバンドの番組出演が決定する。

諦めかけていたソクホは、「天が味方しましたね。出演が決定しましたよ。」とパクPDから連絡を受け、まるで子供の様に飛び跳ねて喜びを爆発させる。

どうせ出演できないんだろう・・・。
重苦しい空気が立ち込めていた練習場では、この空気を吹っ切るようにジェフンがドラムを叩き始める。
言葉ではなく音でメンバーたちを奮い立たせるジェフン。彼の行動に士気を高めたハヌルたちは、「よし、練習しよう!」と立ち上がり、演奏を開始する。

そこにソクホが登場し、番組出演決定の報告を。
もちろん全員大喜び、肩を抱き合いながら飛び跳ねる。

ソクホを潰すため、新たなプランを考えるイ社長。
ピョン社長から、ハヌルはソンヒョンの弟だという事を聞かされ、ソクホ潰しにさらなる気合が入る。
(どうやらソンヒョンを死に追い込んだのはイ社長らしく、何か隠したいことがあるらしい。)

ピョン社長は当時の事情を知っているらしく、彼を口止めするために呼び出したイ社長は、封筒に包んだ大金を手渡す。
「こんな汚い金を受け取るなら、寺になんて入ってなかった。」
封筒を突き返したピョン社長は、イ社長に啖呵を切ってその場を去る。

ハヌルが濡れ衣を着せられた事件について調べていたソクホ。
ジャクソンのファンクラブ会長と接触し、事件当日に撮っていた写真を見せてもらい、手掛かりがないか探してみる。

すぐに怪しげな写真を見つけたソクホ。
具合が悪そうなジヌを介抱するように、タクシーに乗せるジヨンの写真を発見。
肩を貸しながら歩くその後ろには、悪だくみしているジュハンまで写っていた。

事件当日の写真を、宛名不明でジュハンに送り付けるソクホ。
「なぜこんな写真が・・・。」
出所不明の写真に恐怖を覚え、ジュハンは一人で震えていた。

タキシードに身を包んだタンタラバンドは、堂々とした姿でテレビ初出演を果たす。
無事に生放送を終えたメンバーたちは、記念すべき日を祝って小さなケーキを囲む。

テレビの前で父の勇士を見ていたチャニは、帰宅したヨンスを相変わらずの満面の笑みで出迎える。
(チャニとヨンスの雰囲気が本当にほんわかしてていいわ~(^^♪)

いつも普通な格好をしているグリンに、「お前はタンタラバンドの顔なんだ」と言い聞かせるソクホは、ミンジュが来ているような大人っぽい服をプレゼント。
気をよくしたグリンは、「告白することがあります。社長の事が好きです(先輩として)」と目を見つめる。

先輩としてが含まれていることに気づかず、少々浮かれ気味のソクホ。笑
すぐに本来の意味に気づいたソクホはすねてしまい、「ストレスが増える!」とグリンに八つ当たり。笑

スポンサーリンク

放送後にネットを確認するが、KTOPが各方面に圧力をかけているため、誰もタンタラバンドの事を記事にしない。
そんな中、ラジオ番組の出演が決定し、局へと向かう一同。
しかし、またしてもKTOP側の圧力でラジオ局側が屈してしまい、ジヌをゲストとして迎えることになる。

到着してからドタキャンを食らったタンタラバンドみんなの士気はダダ下がり。
ジヌの首元に小さなタトゥーを発見したハヌルは、あの日ジヨンの上に乗っかっていた男だと気が付く。

「首元にタトゥーがあったんですね。あの日空き家にいたのは、あなただって今日気が付きました。」
ラジオ番組にハヌルはメールを送り、それを受けてジヌは恐怖を感じる。

ソクホが土下座してまでつかんだテレビ出演。
彼が土下座したなんて思ってもいなかったグリンは、人づてに事の成り行きを聞き、ソクホに対する尊敬の気持ちがふつふつと湧いてくる。

「私、社長のようなマネージャーになります!!」
走ってソクホの元に近づいてきたグリンは、顔面ぎりぎりのところで止まり、彼への尊敬の気持ちを打ち明ける。
(尊敬っていうか、既にちょっと好き??)

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「タンタラ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←8話     10話→

タンタラ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「タンタラ」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
タンタラ~キミを感じてる DVD発売元 acm
タンタラ~キミを感じてる SBS 韓国公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ