韓国ドラマ タンタラ あらすじ2話

韓国ドラマ タンタラ あらすじ2話

タンタラ

今回の韓国ドラマはこちら!
タンタラ
さっそく2話をご覧ください
タンタラ あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ タンタラ あらすじ2話

やっと釈放されたソクホだったが、KTOPのイ社長の策略のもとはめられてしまい、一緒に独立するはずだったジャクソンを取られてしまった。
”社長 シン・ソクホ”
新しい事務所にむなしく一人でたたずむ彼は、一緒にここにいるはずだったジャクソンの面影に黄昏る。

問題を起こしてしまったソクホは、業界関係者から干されてしまった状態で、借りた金の返済に追われる。
「せめて2億だけでも返さないと」
ソクホの親友であるミンジュは、彼の今後を気に掛ける。
(ミンジュも業界関係者で、別の事務所に所属しているみたい。)

「金が必要なんだ・・・」
先輩を頼って釜山にやってきたソクホ。
指定された待ち合わせ場所に来ると、親しげに先輩は迎えてくれた。
しかし、それはあくまでも表向き。本当の狙いは別にあったのだ・・・。

以前、アルバムの売れ行きが不調で、ソクホの元に助けを求めに来た先輩。
その時、横柄な態度に我慢しながらソクホの行く先々についていったが、結局見捨てられてしまった。
そんな思い出がありソクホの事をよく思っていない先輩は、昔やられたことの仕返しをするべく、食事に行ったりサウナに行ったり、彼の事を待たせるだけ待たせて、「裏切られた気分はどうだ?」と相談を無視して切り捨てる。

「こんな日が来るとは思わなかったのか?」
先輩の言葉に一瞬足を止めるが、「ごちそうさまでした」と一言だけ残してソクホはその場を去る。

一方、犯罪者として法に裁かれたハヌル。
未成年ということもあるのか、刑務所に入るのではなく保護観察処分に。

彼の夢は歌を歌うこと。しかし、両親に反対され夢をあきらめた状態だった。
ハヌルには兄がいたらしく、彼もまたタンタラ(芸能人)を目指していた。
詳細は分かりませんが、兄が一番先に亡くなってしまったらしく、その原因はタンタラを目指したからだと両親は思っていた。
だから弟のハヌルが歌を歌いたいと言い出した時、両親はものすごい剣幕で反対したようです。
しかし、その両親も今となっては亡くなってしまい、姉代わりのグリンと二人暮らしだった。

ハヌルが通う塾の前。路頭に迷うソクホが階段に座り込み絶望していたところ、とある一曲がスピーカーから流れてくる。
その声に反応したソクホは、歌っている本人を探し出すべく塾の先生を訪ねる。
実はこの歌、ハヌルが塾のCMソングとして歌ったものだった。

「生徒の連絡先は教えられないが、保護者の連絡先なら・・・。」と、塾の先生はグリンの連絡先を教えてしまう。笑
(先生・・・ダメでしょ!!笑)

この歌声に惚れ込んだソクホは、親友であるミンジュとマンシクに曲を聞かせる。

早速グリムに連絡してみるソクホだったが、詐欺と間違えられてしまいすぐに電話を切られてしまう。笑
今度は塾の前で生徒たちに聞き込み、ハヌルはすでに塾をやめてしまったため、もうここには来ることはない事を知る。

ちょっとやそっとでは引き下がれないソクホは、ハヌルが通っている学校を塾生から聞き出して、直接本人に会うべく学校へ侵入。
(韓国って簡単に部外者が学校に入れるのかな?今の日本じゃ考えられないね・・・(´・ω・`))

性的暴行で前科がついてしまったハヌル。いくら身の潔白を証明したくても、彼の発言を信用するものは学校内に一人としていなかった・・・。
先生をはじめ、友達たちにも信用してもらえない彼は、牛乳をぶっかけられ制服がびしゃびしゃに。

スポンサーリンク

声をかけようと思ったソクホはさすがにタイミングが悪いと思いとどまり、無言で彼の行く先へついていく。
(ちょっとしたストーカーです。苦笑)

学校を後にしたソクホは、路上ライブに足を止め、奏でる音楽に自然と体が乗ってくる。
後ろから彼の姿を見ていたソクホは、小さく手でリズムをとる彼を見て、間違いなく音楽が好きなのだと確信する。

自殺しようとある建物の屋上に来たハヌル。
「ここは無理だぞ。死ぬには中途半端な高さだ」
後をつけていたソクホが、満を持して話しかける。

「今はまだ死ぬな。やりたいことをやってから死ね。俺は君のCDをだしたい人だ。」
いきなり話しかけてきたソクホの事を、完全に不審者だと思うハヌル。笑
(ソクホ、どう考えても怪しすぎる。笑)

しつこいほどに彼の後をつけ、何度も繰り返し口説き続けるソクホ。
名刺をもらって帰宅したハヌルは、”シン・ソクホ”の名前に見覚えが。
思い出の写真を掘り返してみると、ソクホと一緒に写っている写真が出てきた。
(ソクホは、成長したハヌルの事に気づかなかったようですが、もともと二人は知り合いだったようです。)

バラード歌手として売り出したかったソクホだが、「バンド以外絶対にやらない」と強気なハヌルに負け、「わかったわかった!バンドでもいいから!」と了承する。

あとは保護者であるグリンの承諾を得るのみ。
はじめは断ろうとしたグリン。しかし、ソクホが偶然バイト先に現れ、”韓ドラ男女の出会いあるある”の「危ない!」って体を抱き寄せられドキッとしてしまう。笑

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「タンタラ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←1話     3話→

タンタラ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「タンタラ」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
タンタラ~キミを感じてる DVD発売元 acm
タンタラ~キミを感じてる SBS 韓国公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ