韓国ドラマ 太陽の末裔 あらすじ16話

韓国ドラマ 太陽の末裔 あらすじ16話

太陽の末裔

今回の韓国ドラマはこちら!
太陽の末裔
さっそく16話をご覧ください
太陽の末裔 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 太陽の末裔 あらすじ16話

チン所長がM型ウイルスという感染症に犯されていることが発覚。
手術中に返り血を浴びてしまったモヨンとミョンジュも感染の疑いがあり、検査の結果が・・・。

結果はミョンジュが陽性、モヨンは陰性。
二次感染を防ぐため、二人は結果を聞くまで手術室に隔離されており、検査結果を聞いて戻ってきたデヨンが、無言で手術室に入りミョンジュを強く抱きしめる。

「これは医師として、上官として、命令です。」
結果を聞かずとも、デヨンの態度ですぐに察したミョンジュは、デヨンにも感染させることを防ぐため、すぐに自分から離れることを命じる。

今後のメディキューブは、M3ウイルスに感染してしまったチン所長、そしてミョンジュを治療するための拠点となる。
一方、具合が悪くて休んでいたサンヒョンもウイルス感染が危惧され、他の一般患者たちとは隔離される。
さらに、一時的に接触したデヨンも検査結果がでるまで隔離。

気を利かせたシジンが「通信面談です」と無線を持ってくる。
お互いに隔離され顔が見れず、お互いの事を心配するデヨンとミョンジュ。
「会いたいです。」と話すミョンジュに、珍しくデヨンも「会いたいです。」と本音を語る。

「これは医師とウイルスの戦争だ。」
事態を収拾するため、医師として全力を尽くすモヨン。
それをサポートするように、シジンをはじめとした軍の部隊員たちも最善を尽くす。

一方、韓国ではウルクでの感染症が報じられ、滞在チームを心配する先生たち。
チフンの母はヘソン病院に多額の投資をしているらしく(土地もこの家のものらしい。)、「すぐに息子を現地から連れ戻せ」と院内でわめきちらす。

その頃現地では、具合が悪いながらもパソコンに向かい、ヘソン病院にいるピョ先生(モヨンと仲が良い車いすの先生)に協力を依頼し、様々な文献に目を通すサンヒョン。
(M3ウイルスについて調べているみたい。)

本陣に状況を報告し戻ってきたシジンは、「血液の話ついでに、モヨンさんは何型なの?」と尋ねる。
切羽詰まった状況ほど冗談を欠かさないシジン、そんな彼の十八番を奪うように、「私はあなたの”奥方” ”花形” あなたを惑わす”超大型”」と冗談をかますモヨン。

電力供給が安定しないウルクでは、停電が日常茶飯事。
今日も停電が起きてしまい、あることに気が付くモヨン。
”チン所長の人工呼吸器・・・!”

モヨンが到着する前に、誰よりも早く駆けつけたチフン。
防護服もしないままで処置していたところ、苦しんで暴れるチン所長に腕を噛まれてしまう。

モヨンも到着し、ミョンジュと三人で処置したお陰で一命をとりとめたチン所長。
「あなたがいなければ、患者は間違いなく死んでいた」
自分の危険をかえりみず行動したチフンに、「あなたも立派な医者ね」と称賛を送るモヨン。

感染の危険性をはらみながらも、身を投げうって治療を行ったチフン。
そんな彼の捨て身の行動を見ていたミンジェ(倒壊した建物で一度見捨てられた男。)は、「医者らしかった」とチフンを見直す。

「医者らしかった」
ミンジェに言われた一言で、やっと胸のつっかえが取れたチフン。
「これでやっと電話できる」と、胸を張ってチャン先生(韓国にいるチフンの奥さん)に電話する。

約一か月ぶりに連絡が取れたチャン先生は安堵し、「いつものチフンだ・・・」と電話越しに涙を流す。

具合が悪い中、様々な文献に目を通して研究していたサンヒョンは、自分の陰性が確定し安堵。
それと同時に、彼を心配していたジャエは思わず抱き着いて喜ぶ。

しかし、恥ずかしくてすぐに離れるジャエ。
「凄く悩んだ結果だ・・・。」と、突然サンヒョンに紙を渡され、”付き合おう”とか、”結婚しよう”とか書かれているんじゃないかと胸がドキドキ。

”セフォタキシム”
紙を開いてみると、ジャエの期待とは裏腹に、M型ウイルスに効くと思われる薬品名が書かれていた。笑
(サンヒョン、おぬしも悪よの~。笑)

検査の結果、陰性に思われたミョンジュ。
しかし、視力に異常が見られ、モヨンが懸念していた状態に陥ってしまう。

スポンサーリンク

抵抗力が強いと過剰に反応してしまい、ミョンジュは41度を超える発熱。
すぐに薬を打たなければいけない状態に陥ってしまう。

ダニエルが発注したワクチンと共に、セフォタキシムも届く予定。
一刻を争うミョンジュの容体に、早く薬が届くことを願うモヨンたちだったが、アーガスたちに妨害されてしまう。

メディキューブに向けて薬を乗せたトラックを走らせていたダニエル。
アーガスたちの手下によって、車を強奪されてしまう。

アーガスたちは、ダイヤモンドと引き換えに薬を渡すと条件を突きつけ、指定された現場に向かうシジン達。
ダイヤモンドと引き換えに薬を取り返したダニエルは、すぐにトラックを走らせメディキューブに向かう。

「たしかに受け取った」
調子に乗るアーガスの手下たちに、デヨンの怒りが爆発。
薬を取り返せばこちらの目的は達成、あとはミョンジュを瀕死の状態に追い込まれた怒りをぶちまけ、ギャングたちをボコボコに叩きのめすデヨン。
(こいつらのせいで愛する人が死にかけてるんですから当然ですね。この時のデヨン、まさに鬼神の如しでした。)

その頃、シジンとデヨンが不在のメディキューブ内。
地元警察がやってきて、医薬品を盗んだ罪でファティマを連れて行こうとする。
(地元警察はアーガスたちと癒着があるので、公務を理由にした、ただの誘拐です。)

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「太陽の末裔」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←15話     17話→

太陽の末裔 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「太陽の末裔」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
太陽の末裔 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • オレンジマーマレード

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ