韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ61話

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ61話

大切に育てた娘ハナ

今回の韓国ドラマはこちら!
大切に育てた娘ハナ
さっそく61話をご覧ください(^O^)
概要はこちらから
それでは、大切に育てた娘ハナ・あらすじです!

【スポンサードリンク】

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ61話

バーで酔ったドヒョンはハナに会いたくて電話するが「明日の会議でお会いします。」
と断られ、怒った彼は契約会社の副会長として命令し、ハナを呼びつける。

ドヒョンと連絡のつかないラヒは、会社にいるドウンに夫の所在を確認させようとするが、
深夜にいきなりぶしつけに頼み事をする礼儀のない義姉に怒り、
二人はますます険悪に。

バーに呼び出されたハナは強い酒を飲み、ドヒョンと対等に話する。
彼はSSの後継者の座なんて欲しくもないのに、
1年前ウンソンの事だけを思って選択した道が、
これほど恨まれるとは悔しくて仕方がないと訴える。

そこへ夫を探しにきたラヒが二人を見て腹をたて、ハナの腕をつかむ。
怒ったドヒョンは「手荒な真似はするな。」と、妹と秘書が見ている前でラヒを叱りつける。
ラヒは妻のプライドをズタズタにされたと訴えるが、ドヒョンは謝ろうともしない。

ドヒョンの悔しがる姿にハナは、1年前何があったのか気になる。
ハミョンもウンソンの事件が騒がれた時、ドヒョンは消えるように姿を消したと言うのだ。

ハナの記者会見を見た視聴者からは多くの激励の手紙が届き、
ヒョソン家族は力強い応援に感動する。

ユンチャンは養子縁組同意書を前に、自分が邪魔な時は会長として接し、
必要になった今、息子にしようとする姑息な彼に怒りを覚える。

翌朝ユンチャンは養子縁組の件をハナに話し、
ジンモクの狙いは財産を受けとればハナと引き離せると想っている事、
それを利用すれば自分たちの目標への近道となる。と提案を受け入れる。

おじいさまは新聞で女性待令熟手としてハナを称える記事を見て、
自分がウンソンを追い出した時の事を思い出す。

キム秘書は、ハナがチャン会長と同じ気持ちで、ファンソ醤油を取り戻そうと
努力している事に感動したと伝えるが、息子にこだわるチャン会長は
「ハナの話は聞きたくない」と、全く考えを変えようとしない。

おじいさまはラゴンを呼び出し、
「ハナがやっている事は本来息子のラゴンがするべき、
破門になった者より努力していない。」と、ラゴンを説教する。
だがハナびいきのおじいさまに嫌気のさしたラゴンは、
「男の自分を信じずハナを褒めてばかり、
そんなに連れ戻したければ400年の伝統を壊して連れ戻せばいい。」と、口答えする。

スポンサーリンク

ユンチャンが養子縁組に同意すると
「これでやっと家族になれる。」と、ジンモクは感謝する。

SSに来たハナを「話がしたい」とドウンは呼び止め、
ハナはドウンの純真な自分への恋を傷つけたと謝る。
だがドウンは、ハナが男として過ごさなければいけなかった苦労に同情し、
そして見事女性に戻っても偉業を成し遂げた事に感動、男よりカッコイイ!と誉める。

ドウンはハナと相性ピッタリの兄がなぜラヒと結婚し不幸なのか聞いてみると、
ドヒョンは1年前のあの時、ウンソンが女性と知らなかった。
「ウンソンが女性と知っていれば、全てを捨てて、
何があろうともウンソンと共に生きた。」と、話すドヒョン。

そこでドウンは
「あの時ウンソンが女性だと全国民が知っていたのに、
家族であるラヒが知らないのは、どうしてもおかしい」と、兄に疑問をぶつける。

そしてドウンは、チャン家に遊びに来たと見せかけ、チョンラン親子を酔わせて、
ラヒがウンソンの秘密を最初に暴いた、との真実を聞き出す。

「兄がウンソンの事を好きだと知っていながらラヒが騙して結婚した。」
と、ドウンが義姉を責めているところへ帰宅したドヒョンが話を聞き、
妻に真実を問いただす。
それでもラヒは「イタリアから戻るまで何も知らなかった。」と、真実を言おうとしない。

頭が混乱してぐちゃぐちゃのドヒョンは仕事などしていられず、
ハナに女性だと告白してくれなかった事を責め、ハナは告白しようとしたその日、
「女性である事をある人に暴かれ脅迫され、諦めるしかなかった。」と説明する。

「脅迫したそいつは誰だ!」とドヒョンの執拗な問いに、ハナは
『奥さまのチャン・ラヒ』と、真実を告げる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「大切に育てた娘ハナ」前後の話はページ下からどうぞ(^O^)

【スポンサードリンク】

←60話     62話→

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

追記

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • オレンジマーマレード

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ