韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ44話

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ44話

大切に育てた娘ハナ

今回の韓国ドラマはこちら!
大切に育てた娘ハナ
さっそく44話をご覧ください(^O^)
概要はこちらから
それでは、大切に育てた娘ハナ・あらすじです!

【スポンサードリンク】

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ44話

怪我をしてもドヒョンと一緒にいられるので嬉しいラヒ。
「人にすがる事はプライドの許さない自分だが、
それでもドヒョンが自分に振り返ってくれるまで努力したい、
それほどドヒョンが好き」と打ち明ける。
自分をそこまで思ってくれるラヒを、突き放す事が出来ないドヒョン。

自分を犠牲にしてまでドヒョンを守るラヒ、
彼女と兄を積極的にくっつけようと父に迫るドウンは、
ウンソンから兄を離したいと父に正直に告白。

ドヒョン親子の心をつかんだラヒ、大丈夫このままラヒに任せておけばSSに嫁げる。
ファンソが倒産してラゴンが社長に就任、そしてラヒはSSに嫁ぐ。
「成功してヒョソンを笑ってやる」と威勢のいいチョンラン親子。

ウンソンの携帯を見たユンチャン。
彼は恵まれているドヒョンが羨ましく、ウンソンの心をつかんだ彼に憎しみを感じてしまう。

一人思い悩むウンソンは、ドヒョンが部屋に入ると話しもせず彼に背を向けて眠る。

ジンチョルはラヒに頼まれ、ユンチャンの身元を調べる。

ウンソンを見つめるユンチャン、ドヒョンを見つめるウンソン。
ユンチャンは二人の関係を知って食欲がなく、ウンソンもスプーンを置く。

ファンソは敵対的買収を受けチャン会長は解任と報道され、
それを見たKP物産の元部長は SSのソル・ジンモクと同じ手法だと気付く。
「これはハン・ユンチャンの仕業に違いない。」

ラヒはユンチャンが前科3犯、暴力事件が12以上と聞き、
みすぼらしい家で貧乏な生活をしていたユンチャンが、
なぜこういう経歴なのか理解に苦しむ。

ユンチャンを調べたジンチョルはすっかり怯えてしまい、
「自分は手を引く、当分連絡しないで欲しい」と、ラヒとの関係をたった。
ラヒは、こんな前科者がどうやってインターンになり、ウンソンを庇うのかわからない。

悩み続けるウンソンをドヒョンは心配し、友達としてでも助けようとするが、
ウンソンは「必要な時にだけ呼ぶ」と断る。
そこへウンソンの携帯に知らない番号からの電話が入り、
相手は「KP物流のイ・ギョンジン」と名乗る。
SSのソル会長の事で話があると言う彼は、自分の情報を聞けばファンソを守れると言うのだ。

イ・ギョンジンは、ウンソンに会った事が知られると大変になると前置きし。
「ファンソのように順調で、財政も健全だったKPは、
SSソル会長に狙われ破滅に追いやられた、ファンソも防御しなければ同じ目に合う。」
と、忠告する。
ソル会長は、標的の会社の悪評を流し株価を落として買収する。

ドヒョンの父、ソル会長の事を悪く言われても信じないウンソン。

「騙されないで!湧き水が変色したのもソル会長の仕業」
KPも異物混入事件をでっちあげられた。
多くの被害者が訴訟をおこしたが、SSには猟犬と呼ばれる暴力グループがいて、
このままでは会長も狙われる。
ファンソは韓国にとって大切な企業、守らなければいけない。と彼は言い、
「ソル会長は危険だ」と警告する。
そして更に「猟犬のハン・ユンチャンに気をつけろ」と言われ、驚くウンソン。
「ユンチャンこそ会長の右腕、暴力グループの中でも最も残忍な男。」

退院したラヒは、ユンチャンの事が気になりウンソンを呼び出す。

ラヒは、ウンソンの秘密を守る為に誰が知っているのか確認するが、
ウンソンが答えるわけはない。

スポンサーリンク

ラヒは秘密を知っているジンチョルが暴行を受けた事。
秘密を守るためユンチャンが暴行をくわえ、
ウンソンを守ろうとしている事を彼に教える。
ウンソンはユンチャンが秘密を知っていると聞き、何が何だかわからない。
「彼が本当に残忍な男?」

会社でユンチャンを見かけたウンソンは、目をそらしてしまう。
「キム秘書がウンソンを探していた」と伝えるユンチャンに、冷たい態度のウンソン。
「兄貴は怖い暴力を振るう人?」と尋ねてみるが、
唐突に質問されたユンチャンはわけがわからない。

ファンソが株を39パーセント所有、
実質的な経営権を握っていると報告を受けたジンモク。
秘書はチャン会長が待令熟手に実権を委ね、彼が打開策を講じる恐れがあると言うが、
ウンソンを甘く見ているジンモクはそんな事は気にせず、
ファンソ民事再生の申し立てを指示。

民事再生の連絡を受けたチャン会長。
売却目的ではなく、ファンソ消滅を狙う相手のやり口に手も足も出せない。

民事再生はニュースでも報道され、もう後にはひけない状態。
そこでウンソンは「AJの正体がわかれば有利なのか」と秘書に確認する。
AJの実態がわかれば対策がうてる。
そう聞いたウンソンは、SSの事を調べる。
そしてキム秘書にソル会長が資金を投入していないか調べさせる。

ハミョンはウンソンが自分たちに言えない悩みをかかえ苦しんでいると、母と話す。

AJの構成員名簿、そして買収した会社のリストを見るウンソン。
キム秘書の調べた資料には、SSグループの怪しい点はみつからなかった。
しかし、不安を感じるキム秘書。
SSが同じ方法を使いKPフーズを買収していたのだ。

巨大ステーキを手でわし掴みして食べるジョンスン。
孫たちにもたべさせようと言うが、二人はソル会長の招待で食事に出かけた。
ドヒョン、ドウンにラゴン、ラヒ、全員勢揃いに喜ぶチョンラン。

ドヒョンはラヒをエスコートし偶然会ったウンソンに見られてしまう。
気まずい3人はエレベーターに乗り。
ラヒは「ソル会長の招待に、ウンソンは忙しいから誘わなかった」
と言ってドヒョンの反応を伺う。

ラゴンはジンモクの秘書とAJインベスティメント担当者が接触しているところを見て、
SSがファンソを狙っていると気付く。

ソル会長はミンソクの同級生、子供同士を結婚させると約束までした仲の会長が、
なぜファンソを買収しようとするのか。
表では、おじいさまを慕っていると見せかけて裏で買収の手はず、
チョンラン達はどうするべきか悩む。
しかし、ラヒは「実力のある人が味方で心強い」と言い、
自分がドヒョンを結婚すればラゴンの味方をしてくれる、と楽観的。
警戒する必要はなく利用するべき。
例えおじいさまに知られても、自分たちにはSSとファンソ両方が手に入ると強気だ。

ウンソンは命の恩人ドヒョンの父を疑う事に気が引けながらも、AJのメンバーを調べる。
そして次の日、直接ソル会長に会いに行く。

ドヒョンも「ファンソの事で会長にお願いがある」とSSにやって来て、
来客中だと言う会長室に入って行く。
そこには父ジンモクと向き合うウンソンがいた。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「大切に育てた娘ハナ」前後の話はページ下からどうぞ(^O^)

【スポンサードリンク】

←43話     45話→

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

追記

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • オレンジマーマレード

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ