韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ36話

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ36話

大切に育てた娘ハナ

今回の韓国ドラマはこちら!
大切に育てた娘ハナ
さっそく36話をご覧ください(^O^)
概要はこちらから
それでは、大切に育てた娘ハナ・あらすじです!

【スポンサードリンク】

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ36話

ウンソンに瓜二つの女性がドヒョンの前に現れる。
ダンスタイムに美男美女の二人は店員に促され、
ホールでおとぎ話の王子とシンデレラのように踊る。
手を握り、見つめ合う二人。ドヒョンはウンソンと知らず彼女に語りかけ、
そこに兄を見つけたドウンが駆け寄り、その間に彼女は消えていた。

逃げたウンソンはラヒとぶつかりビジューを落としていく。
ドヒョンは妹やラヒがとめるのも聞かず、
彼女を追いかけるが見失ってしまう。

ドヒョンが寮に帰ると、ウンソンはいない。
鍵をかけた洗面所から出てきたウンソンは髪を乾かし、「ずっと寮にいた」と言う。

ファンソの代表に就任したウンソンは記者会見をし理事、株主に挨拶。
報道陣の注目を集める。
ウンソンのニュースは大々的に報道され、チョンラン親子はTVを見るのも腹が立つ。
ネットに情報がアップされ、病院の看護師はウンソンの顔写真に
何か見覚えがあると思うのだった。

ハン弁護士が内規に従い、鯉の鍵を取りに来たが、居留守を使うチョンラン親子。
経営者一族の生活費や従業員の給与は、待令熟手の母ヒョソンが決済する為、
今すぐにでも鍵が必要だと弁護士は焦る。

鯉の鍵は取られてもせめて覚え書きだけでも取り返さなければと、
ヒョソンに会いに行くチョンラン。
ウンソンが成功する度、妬むチョンランから呼び出しの電話がかかり、
今度は何をされるのか、絶対気を緩めては行けないとヒョソンは身を引き締める。

ウンソンが経営危機回避の手を打つときかされ、
ジンモクはユンチャンに内緒で、ファンソの株主を集めて総会を開くように指示。
息子ユンチャンを一流の企業家に育てたいジンモクは、
ファンソもユンチャンも諦める気はなく、
自分から息子を切り離そうとするウンソンを、ユンチャンと敵対関係にしようともくろむ。

ユンチャンの同僚はウンソンが美形過ぎるだけに頼りなく見え、
就任してすぐ経営危機に陥って、経営の知識もない彼に代表が勤まるのか懸念するが、
ジンモクの妨害がないと信じているユンチャンは、
ウンソンが頑張れば、何事も乗り越えられると彼を信じる。

スポンサーリンク

医者のジンチョルが再び会社にあらわれ、
彼がラヒの知り合いと知り動揺するウンソン。

チョンランは口実を作り隙を見ては、ヒョソンの鞄から覚え書きを取り返そうと狙う。
そして一瞬の隙にヒョソンの鞄を盗んだチョンランは、
手伝いに駆けつけたラゴンと二人で鞄を物色する。
そこへ追いかけてきたハミョンが「カバンを返せ!」と襲いかかり、
ラゴンが彼女を突き飛ばした為、二人は大乱闘になり警備員が駆けつける。

騒動は会長の耳にも入り、ハン弁護士が立ち会って二人の嫁が書いたという
覚え書きの存在が明るみに。
そしてお祖父様は、家族全員に集合をかける。

動揺したウンソンをユンチャンが作業場へ連れて来て事情を聞くが、
何も答えようとしないウンソン。
キム秘書から呼び出され、ウンソンはチャン家に戻る。

会長は「覚え書きを言い出したのはチョンラン」と聞き、
「自分の言動には責任をとるべきだ」
と、チョンランやジョンスンが言い訳をしても容赦せず、
強制的に覚書の履行を命ずる。

弁護士にどう泣きついても、会長の指示に従うと聞き入れてもらえず、
覚書にかかれた「ウンソンが勝った場合、別の場所に引っ越し、
その際、会社から支援金を受け取らない。」と、言う条項を拒否出来ないチョンラン親子。

明日、家を出るよう言われても絶対承服出来ないたチョンラン親子は、
長男ラゴンが泣きつけば、お祖父様も情けをかけてくれるはずと息子を説得する。

ユンチャンが寮に戻ると、疲れきったウンソンが居間で寝ていた。
起こしても起きないウンソンを彼は抱き抱えベッドに運ぶ。
眠るウンソンの姿は細く華奢で、彼女を見つめるユンチャン。
そしてウンソンの額にキスをして出て行った。
意識のあったウンソンはユンチャンの行動に驚き
「女だと気付かれているのでは?」と心配になる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「大切に育てた娘ハナ」前後の話はページ下からどうぞ(^O^)

【スポンサードリンク】

←35話     37話→

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

追記

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ