韓国ドラマ 女を泣かせて あらすじ35話

韓国ドラマ・女を泣かせて・あらすじ35話

女を泣かせて

今回の韓国ドラマはこちら!
女を泣かせて
さっそく35話をご覧ください
女を泣かせて あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 女を泣かせて あらすじ35話

息子を返せと叫んでも生き返るはずもなく、足元フラフラの状態で学校を後にするドギン。
学校側から連絡を受けたのか何なのか、やってきたジヌの足元に婚約指輪を投げ捨てる。

「よくも結婚しようなんて言ったわね?あなたの息子のせいで私の息子が死んだのに・・・。」
事実を隠してぬけぬけと愛してると言い、何事もなかったように求婚した彼に対して怒りが収まらないドギン。
ジヌに弁解の余地はなく、ただただ「すまない」と謝り続けるしかない。

ウンスが動き回ったことによってカン会長も気づき、最終的にはドギンに事実を知られてしまったジヌ。
「これで満足ですか?」
この状況に追い込んだウンスに対して怒りが収まらず、危うく殴りつけるのではと思うほどに拳を握りしめる。

息子の死にざまを知ったドギンは、「ジョンフンが可哀そうで仕方ない・・・」と写真を抱きしめ震えが止まらない。
様子がおかしい娘に異変を感じるファスンは、何が起こったのかわからず戸惑う。

愛する人ドギン。彼女の大切な存在を奪った我が息子ユンソ。
どうすればよいのかわからないジヌは、「今でも愛してるのに・・・どうすればいいんだ・・・」と兄ジンミョンの前で弱音を吐く。

ドギンが真実を知ってしまったとなれば、当然黙っているはずがない。
自分たちの置かれた立場をやっと理解したジョンスクは、申し訳ない気持ちではなく保身の事しか頭にない。

二人の結婚を邪魔しようとしたウンス。
”二人が結婚したとして、後に事実を知ることになれば間違いなく別れることになる”
あくまで邪魔をしたのは欲のためではなく、ジヌ自身のためにやった事だとカン会長の前で言い訳するウンス。
(性悪女の本領発揮!)

自分のせいでドギンとジヌがケンカしていると思い込んでいたファスンは、ジョンフンの亡くなった経緯を聞いて唖然。
娘のドギンが可哀そうだと、彼女も失意のどん底に。

その話はすぐにボンネへと伝わる。
おむつを替えたりなんなりと、仕事をしているドギンの代わりに育ててきたも同然の彼女もショックを隠し切れない。

スポンサーリンク

血も涙もないような人に思われたギョンチョルだったが、さすがの彼も罪悪感を感じたのか、何も知らずに生きてきた自分の事を責め、「父さんの事を許すな・・・」と泣きながら息子の写真を抱きしめる。

「許してもらえなくても、おばさんに謝りたい。」
ジヌと一緒にドギンの元にやってきたユンソは、ひざまずき涙を流しながら謝罪する。

ジョンフンを死に追いやった自分。自分みたいなクソ野郎は死んだ方がましだと、わざとチンピラ達の世界に首を突っ込んで死のうとしたユンソ。
しかし、当時まだ真実を知らなかったドギンに助けられた。
殴られては起き上がり血まみれになりながらも、こんな自分だけでも助けようと必死になってくれたドギン。
言葉で表し切れないほどの罪悪感と申し訳ない気持ちで、ユンソの心は、はち切れそうだった。

我が息子に罰を与えることができないジヌ。
ひざまずいて謝罪するユンソの隣で、同じくひざをついて謝罪する。
「許しは請わないので、謝罪させてください。お詫びします。すみませんでした。。」

ドギンに事実を知られ、加害者側としての誠意を見せようとするカン会長。
ビルが買えるほどの小切手を封筒に入れ、使いとしてホンナンを向かわせる。

しかし、食堂はお休み。
店の前でたい焼きを売っていたおじさんに、見覚えがあるような気がするホンナンだが、どこの誰だったが思い出せない。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「女を泣かせて」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←34話     36話→

女を泣かせて あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「女を泣かせて」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
女を泣かせて BS朝日

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • オレンジマーマレード

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ