韓国ドラマ 女を泣かせて あらすじ31話

韓国ドラマ・女を泣かせて・あらすじ31話

女を泣かせて

今回の韓国ドラマはこちら!
女を泣かせて
さっそく31話をご覧ください
女を泣かせて あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 女を泣かせて あらすじ31話

ドギンに紹介してもらったピザ屋さんで一生懸命働くギョンス。
そこに差し入れを持ってきたファスンを見て、「いい人そうだな」と勘違いする店長。笑
(たしかに悪い人ではないけど、いい人ではない。笑)

離婚が成立し物思いにふけるギョンチョルは、ドギンの食堂にやってきた。
公園に連れ出した彼は、今までの愚行を謝罪し、「幸せになって欲しい」とドギンの背中を押す。

二人が離婚したことを知らなかったボンネは、「外で食事しよう」と言いだした息子の気遣いに違和感を感じる。
案の定悪い予感は的中し、二人が離婚したことを知らされたボンネは、「やっぱりか・・・」とガックリ肩を落とす。

「こんなにいい家族はいない。夫も改心したんだし・・・」
ファスンはドギンの事を説得するが、既に後の祭り。

ドギンの事を身一つで送り出すわけにはいかないと、ギョンアの結婚資金として溜めていた通帳と印鑑を差し出すボンネ。
「受け取れません」とドギンは遠慮するが、ボンネの心情を考えるともらっておいた方がいいと考え、気乗りしないまま通帳を受け取る。

別れを惜しみ悲しそうな表情をするドギンを見て、ギョンチョルではなくその家族たちを慕い、強い絆があったのだと改めて感じるジヌ。

ドギンの離婚はカン家にも周知され、新たな嫁を迎え入れる前にウンスとホンナンの警戒心は強まる。

他人の事なら冷静で的確に判断を下すウンスだが、パクさんの事になると思うようにいかない。
息子ヒョンソが絡むと激しく嫉妬してしまい、そんな自分を嫌に思いながらもどうしようもない。

ホンナンに促されたウンスは、少しだけ態度を軟化させる。
往診に来たパクさんを食卓に促し、ヒョンソも含めて三人で食事。
しかし、パクさんに夢中なヒョンソの態度が気に入らなく、結局性悪な姑になってしまう。笑

スポンサーリンク

いつも通りウンスにいびられたパクさんは、悲しそうな表情で邸宅を出る。
思い悩むパクさんを見ていられないギョンテは、「さっさと別れればいい」と促し口論に。
口論を聞いていたホンナンは、二人が兄妹ではないことに気づいてしまう。

母ファスンと暮らす為、部屋を借りたドギン。
ドギンは荷物をまとめ、今まで一緒に過ごしたこの家を出る日がやってくる。

ギョンス、ギョンテ、ギョンア、三人の子供たちを始め、ボンネは悲しみ「ここまでの縁なんだよ・・・」と自分に言い聞かせる。
「ドギン、今までありがとう。そしてすまない事をしたね・・・」
旅立つドギンを抱きしめ、大粒の涙がこぼれ落ちるボンネ。
それをギョンチョルは、複雑な心境で遠巻きから見ていた。

ジンミョンの事をずっと無視し続けてきたカン会長。
(会社に欲を出して、ジナンの事を見殺しにしたと思ってる。)

ジヌやジョンスクに促され、弁解の機会を与えようとジンミョンの事を居間に呼びつける。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「女を泣かせて」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←30話     32話→

女を泣かせて あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「女を泣かせて」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
女を泣かせて BS朝日

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • オレンジマーマレード

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ