韓国ドラマ 女を泣かせて あらすじ22話

韓国ドラマ・女を泣かせて・あらすじ22話

女を泣かせて

今回の韓国ドラマはこちら!
女を泣かせて
さっそく22話をご覧ください
女を泣かせて あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 女を泣かせて あらすじ22話

記念撮影を終えたファスンは、別れ際にドギンの幼いころの写真を手渡す。
「今渡さないと、もう渡す事もないかもしれないから・・・」
娘を捨てた手前、また会いたいと言いだせるわけもなく、名残惜しくてなかなか帰ろうとしない。

「また電話しますから」
ドギンにそう言われたファスンは喜び、「仕方ないわね・・・じゃ連絡待ってるわ」と嬉しそうに帰っていく。

寂しそうで、少し不憫に見える母。そんな母でも、たった一人の実母である事には変わりない。
嬉しそうなドギンを見て、「僕も一度会ってみたいな」と、ジヌも嬉しそうな顔をする。

毎日酒浸りでやる気のかけらもなかったファスンの生活。
娘と再会したことで少しだけ真面目になった彼女は、お客様が残して行った酒にも手を付けず、店主が驚くほどに勤勉な勤務態度。
(まっ、それが当たり前なんだけど、今までが酷すぎたために店主も驚いてます。笑)

ボンネに実母が見つかったことを報告するドギン。
礼儀を重んじる性格のボンネは、「親族だから挨拶しないと」と張り切り、ファスンの事を自宅に招く。

会計士の生活はいかがなものかと、ワクワクしながらやってきたファスン。
意外に質素な生活ぶりに、悪びれる様子もなく失礼な言動を繰り返してしまう。

ファスンの失礼な言動にイライラしながらも、ギョンチョルの事を考えると何も言いだせないボンネ。
来ないと思われたギョンチョルが、夜遅くになってやっと顔を見せにくるが、ファスンの言動にイラつく彼は「別居中です」と本当の事を話してしまう。

一方、カン家では。
財閥の娘からミンソが気に入られ、文句のつけようがない相手からの縁談に浮かれ気味のホンナン。
後継者をミンソにする方向で話は進み、興奮冷めやらぬ状態。
(まだ決定ではありません。)

もちろん、その話を聞いていたウンスは面白くなく、ホンナンとは対照的に浮かない表情。
「お前も家族なんだ。意見を聞かせてくれ。」
ウンスの事を気づかい、どう思うか尋ねたカン会長。それに対してウンスは、「時間をください」と即答を避ける。

ヒョンソを後継者に据えたくても、本人はパクさんとの結婚を望んでいる。
息子を何とか説得したいウンスだったが「母さん、会社は諦めてくれ」と言われ絶望する。

スポンサーリンク

後継者を誰にするのか、カン会長に尋ねられても”ミンソ”と即答できないジンミョン。
そのわけは、ウンスの事が気がかりで仕方ないから。
(ウンスの事が気がかり=兄を見殺しにした罪悪感から)

その感情を逆手に取る様に、ジナンが死ぬことになった事件を掘り下げていくウンス。
勘の鋭い彼女は、言葉巧みに誘導し、ホンナンの口からついに真実を聞き出す。

「助けられるのに、助けなかった。本当にあの人から聞いたんでしょ?」
墓穴を掘ってしまったホンナン。
(でたー!ホンナンのおバカっぷり炸裂ぅぅ!!笑)

ジンミョンがジナンを見殺しにしたと確信したウンスは、「私を愛していたのに、よくあの人を見殺しに出来たわね」とジンミョンを問い詰め、泣き崩れる。

今回は、人の気持ちをまるで考えないファスンの言動に、本当にがっかりした・・・。
ドギンを捨てたけど後悔してて、もう少しまともな人かと思ったんだけどな。。

足の悪いギョンアに対して、「顔は可愛くてよかったわね」ってなじるところなんて特に許しがたい。怒
周囲から優しくされなくて性格が歪んでしまったとか、そんな言葉で収めたくないくらいムカつくし嫌悪感抱くわぁ。。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「女を泣かせて」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←21話     23話→

女を泣かせて あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「女を泣かせて」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
女を泣かせて BS朝日

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 嵐の女

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ