韓国ドラマ・お願い、ママ・あらすじ39話

韓国ドラマ・お願い、ママ・あらすじ39話

お願いママ

今回の韓国ドラマはこちら!
お願い、ママ
さっそく39話をご覧ください
お願い、ママ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・お願い、ママ・あらすじ39話

フンジェとも仲良くしたいし、ヨンソン代表とも良好な関係に戻りたいジネは、以前のように可愛がって下されば、どんなに遠くにでも異動できます、と下手に出、彼女の同情を買おうとする。
しかし、大切な息子を盗られたヨンソンは、そう簡単にジネの思い通りにはならなかった。

腰の痛みは時間がたつにつれますます酷くなり、歩幅も狭くいつもの何倍も時間をかけて町内まで帰ってきたヒョンギュは、物陰にうずくまっているチェリを見つけ、真っ青になっている彼女をおぶって瀕死の状態で家にたどり着く。

ヒョンギュのケガに驚いたサノクは、チェリにやられたのかと勘違いし、彼女をたたき起こそうとする。

連絡を受けイ家にやってきたチャン社長は、サノクたちに礼儀正しく接し、連れてきた主治医にチェリの体調を診させる。

父との約束を破ったチェリは、家に帰らないと意地を張り、留学もせずヒョンスンの家に住むと父に反抗する。
怒ったチャン社長はチェリを置いて帰ろうとし、ドンチュルは、大切なお嬢さんを我が娘として預かり、決してヒョンスンと二人きりにならないよう目を光らせますと社長を安心させる。

チェリ騒動で、ケガのことをみんなから聞かれなかったヒョンギュは、ほっとし自分で背中に湿布を貼ろうとするが、あまりにも痛すぎて、体をひねることもできない。
顔じゅう傷だらけのヒョンギュを心配したサノクは、ケンカを止めに入ったというヒョンギュの嘘を見破り、ジュニョンに、まだ虐められているのではと心配する。

どこでもぐっすり眠れるチェリは、サノクの部屋で眠り、口では乱暴なことを言っててても、熱のあるチェリをサノクは明け方まで看病する。

一筋縄でいかないヨンソンと戦うことに決めたジネは、フンジェに会社まで送ってもらい、彼女の前でフンジェと思いっきりいちゃついて見せる。

キム院長が紹介した仕事には裏があり、偽造された証拠を扱っていたヒョンギュは、責任を問われ、検察から呼び出しがくる。

ジネが城南工場に異動になったと聞くと、ヨンソンの執念深い嫉妬に耐えかねたサンヒョクは、フンジェを呼び出し、彼に洗いざらいヨンソンの意地悪を話す。

家族がいる間は、布団の中でぐっすりお眠りのチェリは。みんながでかけると、おなかがすいたと言ってヒョンスンにキムチチャーハンを作ってもらう。

今まで怖くて元夫の顔さえ見られなかったヘジュは、ヒョンギュを助けるために彼の呼び出しに応じ、証拠を偽造したことを証言してほしいと頼む。
ヘジュが事務所におらず心配したヒョンギュは、彼女が電話をかけてきた手がかりを頼りにヘジュの居場所をつきとめ、キム院長を傷害、器物損壊、住居侵入、の罪で刑事告訴すると脅す。
さらに院長から紹介された仕事で迷惑を被った彼は、偽計業務妨害、虚偽診断書作成の罪で告訴すると付け加える。

スポンサーリンク

ヘジュに代わり告訴を決めたヒョンギュは、「今日から僕が君の代理人だ」と宣言し、何事も包み隠さず話すようにと一方的に告訴を決心させる。

勝手に告訴を決められたヘジュとしては、まず先立つものが気になり、「受任料はどうしたらいいんでしょうか」と水くさいことを言われ、返答に困るヒョンギュ。

息子のケガを心配したサノクは、ユジャに聞けば何かわかるのではと相談するが、ユジャは、まさか自分の娘のせいでヒョンギュが暴行を受けたとは言えず、本当にケンカを止めに入ったのではと話をそらせようとする。

ジネが母から不当な扱いをされていると知ったフンジェは、異動を撤回してほしいとヨンソンに頼むが、ジネに頼まれて息子がやってきたと思っている彼女は、優しかった息子をたぶらかすジネにますます腹を立てる。

大切な一人息子が離れていくことに耐えられないヨンソンは、お酒の量も増え、ナンスクと一緒にバーにいく。
チェリがいなくなり寂しさを紛らせたいチャン社長もヨンソンに会えるのではと期待しバーにやってくると、ナンスクからどこまで鈍いのかとと責められ、「姉さんは一人で産んで一人で育ててきたのよ。」と意味深な言葉を投げかけられる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「お願い、ママ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←38話     40話→

お願いママ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「お願い、ママ」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
シネマート 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • お願いママ

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ