韓国ドラマ・お願い、ママ・あらすじ35話

韓国ドラマ・お願い、ママ・あらすじ35話

お願いママ

今回の韓国ドラマはこちら!
お願い、ママ
さっそく35話をご覧ください
お願い、ママ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・お願い、ママ・あらすじ35話

煮干しの腸取りを中庭でフンジェに手伝ってもらいながら、すっかり彼と打ち解けたサノクは、ムッチリしたフンジェのお尻を見て、「アヒル尻の意味がよくわかったわ」と彼のお尻をひっぱたく。
息子のために冬支度の布団を持ってきたヨンソンは、サノクの前でお尻ダンスを踊る下品な息子にショックを受ける。

工場から本社へ、今度は企画課に昇進させてくれたヨンソンに、サノク夫婦は特別な配慮をしてくれたと感謝し礼をのべるが、ジネと特別な関係だと思われたくないヨンソンは、息子たちが付き合っているとしても周りに公表するほどの仲ではないと釘を出す。

明らかに娘が嫌われていると察知したサノクは、ヨンソンに憧れている娘にいいざまだと鬱憤をぶつける。

チェリに会いたくて屋敷を見上げていたヒョンスンは、社長母息子が出かけたすきに、敷地内に張り込む。
建物の中に入れなかったヒョンスンは、ロミオとジュリエットか、中庭に行き、チェリの部屋に向かって彼女を呼ぶ。
バルコニーに出てきたチェリは、愛しいヒョンスンを見つけ、彼が迎えに来てくれる日まで、父の言うことを聞き、良い娘になることを約束する。

サンからチョコパンの引き替え券をもらったヒョンギュは、お返しにチョコパン10個分のクーポンをサンに送る。
10個のチョコパン全部商品に交換し事務所に持ってきたサンは、またまたそれをヒョンギュにプレゼントする。
潔癖症できれい好きなヒョンギュは、自分のポリシーを曲げ、サンの好物であるジャージャー麺の出前をとり、事務所で食べさせてあげる。

サンからキム院長との関係を聞き出そうとするヒョンギュだが、彼の話になるとサンは黙ってしまい、そこへ、仕事依頼でやってきたキム院長は、親子のように仲良くしているヒョンギュを見て必死で怒りを抑える。

父親から睨まれたサンは、親子であることをヒョンギュに隠し、サンを心配したヒョンギュは、用事があるからと院長の依頼を断る。
二人が親子であると確信したヒョンギュは、サンに優しく話しかけ悩みを聞き出そうとするが、恐怖に怯えたサンは立ったままお漏らしをし、彼の深い傷に気付いたヒョンギュは、サンをしっかりと抱きしめる。

店舗回りで顧客のニーズをキャッチしたジネは、売れ筋商品にターゲットを絞り、7割増販を訴えるが、ジネの提案には企画課に新しく配属されたシン・ユヒチーム長がことごとく反対する。

スポンサーリンク

フンジェの元彼女というユヒをニューヨークから呼び寄せたヨンソンは、積極的な彼女を使い、ジネとの仲を引き裂こうとする。

チャン社長宅の本棚修繕仕事が舞い込むと、フンジェは自ら立候補しチェリの様子を見に行く。
道具の出し入れのため玄関ドアをギナムに開けてもらった彼は、暗証番号をメモし、こっそりチェリに渡す。

フンジェから連絡をもらったヒョンスンは、屋敷近くに待機し、ガレージの隙間から出てきたチェリを連れて逃避行。

チェリがいなくなり慌てて家に戻ってきたチャン社長は、ヒョンスンが連れ出したのなら拉致に違いないと怒り警察に通報しようとする。
大事になることを恐れたフンジェは、自分がチェリに暗証番号を教えたと白状する。
チェリを連れ出したヒョンスンが必ず戻ってくるとフンジェは約束し、通報するというチャン社長を説得する。

ジネのことを目の敵にするユヒは、「彼女の幼稚な企画案を手直ししました」とヨンソンを喜ばせ、ジネは役に立たないからと会議に出る必要もなく雑用を押しつけられる。

娘がどこに連れていかれたのか心配でたまらないチャン社長は、サノクの総菜店に行き、ヒョンスンが娘を拉致したと怒鳴り込むが、サノク夫婦も息子の大それた行動に驚き、一先ずチャン社長を自宅に案内する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「お願い、ママ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←34話     36話→

お願いママ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「お願い、ママ」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
シネマート 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • お願いママ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ