韓国ドラマ・熱愛・あらすじ15話

韓国ドラマ・熱愛・あらすじ15話

熱愛

今回の韓国ドラマはこちら!
熱愛
さっそく15話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、熱愛・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・熱愛・あらすじ15話

ユジョンを連れていこうとするスヒョクをムヨルが制止すると「誰のせいでユジョンがこんな目にあったと思うんだ。」とスヒョクはムヨルを殴る。かつてユリムと「二度とケンカしない。」と誓ったムヨルは怒りを抑え、言葉でスヒョクに応戦する。
ユジョンは話すだけだからとムヨルにことわり、スヒョクと出かける。

スヒョクは「お前の気持ちはどうでもいい。」と自分の考えを押し付け、農場から彼女を連れ出そうとするが、「家族の思い出がつまったこの農場を出ろ、と言うなら、あなたの事を憎みたくなる。」とユジョンはスヒョクを帰らせる。

ユジョンが牧場を離れないのなら、潰すまで。
スヒョクはチョウォン牧場を僕が潰したい、と父に言い出し、「必ずムヨルを父さんに従わせ、強い人間になりたい。」と伝える。

ムンドと久しぶりにランチに来たナンチョは、「お金がほしくてあなたと結婚したんじゃないわ。」と預かっていた通帳を全部返す。「その代わりスヒョクを後継者にして。」と頼む彼女に、「後継者問題は、二人の息子のうち、試練を乗り越えた者に決める。」とムンドの意思は固い。
ヤン会長の身代わりで服役していた時に母を亡くして以来、ムンドは仕事第一としか考えなくなった、とナンチョに語る。

カフェの人手が足りず、シンソン社内の配達をウンスクがかってでる。
おばさんだから配達が遅いと嫌みを言われる、その惨めな姿をムンドは目にする。

ユジョンは高熱を出し、ムヨルは病院に運ぶ。
母は、自分が今まで側にいなかったから、ユジョンは病気になった時も一人で耐えるしかなかった。と胸を痛める。
かいがいしく看病してくれるムヨルに、気持ちの傾きかけているユジョンは、今でもあの初恋の人が好きなのかと尋ねる。ムヨルは彼女はもうこの世に居なく、彼女にしてあげられなかった事をしている、とユジョンに語り、ユジョンは亡くなってもなほ、ムヨルが思いを馳せるその女性を羨ましい、と感じる。

ここまで前半戦

スポンサーリンク

ここから後半戦

ボッキは家族ごと、転がり込んでも文句一つ言わずムヨルを応援してくれるミンスの為、漢方薬を煎じる。
そこへ、ナンチョがやってきて、ムンドのビルでウンスクが働いていると知らせる。

カフェのお客がすいたので、ムニは外に出かけ、留守をあづかっているウンスクをがらの悪い青年らがからかう。店に似つかわしくない不良グループは、ウンスクに難癖をつけ身体を触る。
そこへ、ヘスクと一緒にやってきた母は、惨めな娘の姿を見て、ウンスクを無理やり家に連れ帰る。

母は、プライドもなくなぜ、ムンドの側で働くのか、とウンスクを責める。
自分を試したかったと言うウンスクは、「あのカフェで耐えられたら、後はどこでも頑張れると思った。」とヘスクに語る。

スヒョクは人を雇ってチョウォン牧場周辺の近隣状況を調べ、牧場に不満を感じている人間がいないか、しらみつぶしに探させる。

熱が下がり退院したユジョンに母はお粥を作り食べさせてあげる。
そこへ、母親と価値観が違いすぎると言ってテヤンがやってきた。
ユジョンはムヨルに頼み、彼を一晩泊めてあげる。

テヤンはムヨルの胸筋を羨ましがり、「マッチョになって女を気絶させるのが夢だった。」とチンケな夢を語る。小うるさい母の悪口を言うテヤンに、「子供の頃から母親が側にいなかったユジョンの事を考えろ。」と兄のように諭すムヨル。するとテヤンは子供の頃、母に助けられた事を思いだし、「ママ~」と泣き出す。

ナンチョはシンソンを早く手に入れる為にも、有力者の娘と結婚しなさいとスヒョクに見合いを勧める。

酔ったムニは、自分の事を唯一人間扱いし大切にしてくれた素晴らしい女性ウンスクと離婚して、なぜナンチョみたいな女に乗り換えたのかと、兄に絡む。

ムニに仕事を辞める挨拶に行ったウンスクは、不良グループの一員に金を払うナンチョを目撃する。

ナンチョがムンドを盗られはしまいか、と次々に仕掛ける攻撃に、ウンスクは、「それなら今度は私があなたの夫を誘惑してみせる。」と宣言する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「熱愛」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←14話     16話→

熱愛・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ