韓国ドラマ・熱愛・あらすじ22話

韓国ドラマ・熱愛・あらすじ22話

熱愛

今回の韓国ドラマはこちら!
熱愛
さっそく22話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、熱愛・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・熱愛・あらすじ22話

スヒョクはユジョンにプロポーズする前に、母の承諾をもらいにきた。
ユジョンから昔からの知り合い程度にしか聞いていなかたギョンヒは面食らい、どう返事していいものやら。
結婚を急ぐスヒョクは許してもらったと勝手に理解し、「準備は心配しなくても大丈夫ですから。」と早々に帰る。

スヒョクの側にいるつもりはあっても、結婚なんて考えていなかったユジョンは、先走るスヒョクに色々と言い訳をする。
リハビリの完全でないスヒョクは胸の痛みをうったえ、トラクターしか運転した事のないユジョンに、運転をかわってもらう。

息子の退院祝いにアワビステーキや、スヒョクの好物をいっぱい並べ、食事を用意するナンチョ。ムンドは、今日スヒョクが結婚相手としてユジョンを連れてくる事を伝える。「ハン理事の娘なんて。」ハン理事事故死の真相を知るナンチョとしては、そんな危険な人間を家の中にいれられないが、ムンドは危険であるが故に側におくべきだと説得する。それでも「あの女には虫ずが走る。」と拒絶するナンチョに「君が反対すればスヒョクは家を出、後継者になれないぞ。」とムンドは強行する。

なんとか無事にスヒョクを送り届けたユジョン。
スヒョクは「ジュースでも飲んでいけ。」とユジョンを騙し、家に誘う。

ナンチョは取り合えず騒がずテーブルにつき、会長ムンドは「親同士の挨拶が済めば日取りを決めないと。」とユジョンの意思とは関係なく話がどんどん進んでいく。
「まだ結婚するつもりはありません。」とムンドに断るユジョンだったが、「これも運命だと受け入れてくれないか。」と言われ断る方法が見つからない。

どうしてもユジョンとの結婚を許せないと言う母に、スヒョクは「許してくれなければ父さんの息子をやめる。」と、ムンドの息子でない事をバラすと母を追い詰める。

スヒョクにユジョンを紹介されたムニは、「ムヨルの牧場で働いていた人がスヒョクと結婚するなんて。」と驚く。

ユジョンを送りに出たスヒョクは、結婚が待ち遠しいとユジョンを抱きしめ、「結婚祝いにゴルフ場建設を取り止めるつもりだ。」と伝える。

工場稼働記念式典にユジョンが現れず、元気のないムヨル。
ユジョンが忘れた荷物を、彼が届けると言って預かる。

牛乳販売促進のためスーパーの市場調査に出たムヨルは、有名人でも起用してCMでもしない限り無名の新商品はディスプレイでも不利な場所に追いやられる、と言われる。

息子の応援をしてやれないと、ため息をついているウンスクに「カフェでムヨルの製品を使い、友達にも宣伝してあげる。」とムニが助け船をだす。

ムニからユジョンがスヒョクと結婚すると聞いたウンスクは、スヒョクの為にムヨルを出し抜いてユジョンと結婚させるのかと、ムンドに怒る。
ムンドはムヨルが工場を稼働させた事を逆手に、この先もムヨルかウンスク、どちらかが自分に屈しない限り、ムヨルの妨害を続けると脅す。
以外な事にウンスクから「あなたが離婚すれば考えてあげてもいい。」と言われたムンドは・・・。

念入りに化粧をし、ライティングの角度をチェックしたムニは、少しでも若く美しく見えるポジションに携帯をかまえ、ジョンヒョクにTV電話をかける。突然、自己中おんなからの、どアップ画像が移り「カフェで牛乳を仕入れたい。」と言われてもジョンヒョクは小売店と交渉するよう拒絶するが「甥の会社だから取引がしたいの。」と強引におしきられる。

式典に来なかったユジョンに荷物を届けるためやってきたムヨルは、指輪をまだはずしておらず、「俺は諦めない。いつかユリムの事をのりこえられる。」と話すが、そんな彼にユジョンは「結婚するの。」とスヒョクを愛するように頑張り彼と結婚する事を報告する。
こんなにも簡単に、こんな短期間で 自分から、何もかも奪った女の息子とユジョンが結婚すると言われ、ユリムの事は別れるための口実かとムヨルは疑う。

ギョンヒは、ムヨルの事が好きだと言ってたユジョンが、異母兄弟のスヒョクと結婚すると言い出し、娘に何があったのか心配する。
「本当に結婚したいの?。」と母から聞かれたユジョンは「うん。」とため息まじりの返事をする。

ここまで前半戦

スポンサーリンク

ここから後半戦

ユジョンへの怒りを漢江(ハンガン)にぶつけ指輪を投げすてようとするムヨルだったが、手の中にあるリングを失くす事はできなかった。

ギョンヒは娘が嫁いだら手があくので、スボンの店の皿洗いでもなんでも手伝わせてほしい、と頼む。そこへ、親に内緒で留学準備していたダルが、入学許可を貰えたと喜んで帰ってくる。寝耳に水のナモクは費用の心配をしてスネてしまう。

ヘスクが突然里親になりたいと言い出し、自分の子供を育てるのも大変なのに、と、母はあまり賛成できない。

牧場でムヨルの帰りを待っていたスヒョクは、歯向かうムヨルに勝利の笑みをうかべ、わざわざ結婚の報告をする。

講習を受け、気持ちよくコーヒーを煎るウンスク。
しかし講師ペク・ヨンフンは「自分の人生を愛していない人に美味しいコーヒーはいれられな。」とウンスクの気持を見透かし彼女をけなす。

ダルの留学費用に困った家族は、会議の結果、内装の豪華な2階を人に貸して家賃収入で賄おうと考える。

昼間会ったスヒョクは「少し離れているだけでも会いたくなる。」とユジョンに電話し、ユジョンは「さっき会ったばかりよ。」と素っ気ない。

ヘスクは「養子縁組が決まるまで。」と言って気に入った女の子の写真をミンスに見せ、里親になる事を決意する。

カフェを開くいい物件を見つけたムニは、「今の場所よりも2倍の価格がするの。」とムンドにおねだり。兄はそれでも承知してくれ、調子にのったムニは「なぜ愛しているウンスクさんと別れ、ナンチョと結婚してしまったの?」と、ムンドの本音を突いてくる。

兄という強力な投資者を手に入れたムニは、借金返済かウンスク追い出しを迫るナンチョにカフェをくれてやる。

漢江の見えるステキなレストランを予約したスヒョクは、夕陽を背に受けユジョンにプロポーズする「ユジョン。結婚してくれ。」 小さく輝くダイヤの指輪を渡され、スヒョクの問いにユジョンは黙って頷く。

つい、この前まで薬指にはまっていたムヨルの指輪。
今はそれがダイヤの指輪にかわり、ユジョンの気持は重く暗い。

ギョンヒがスボン亭でバイトをしていると、全身ブランドづくめのナンチョがやってきた。
ユジョンの結婚相手が超金持ちと知り、ナモクは口をあんぐり。

結婚式は全てカン家のいいなりで、招待客も減らし、教会で簡単な式をあげる事に。
お金のないギョンヒのためナンチョは、式に着る韓服やかばんの資金までギョンヒに与える。せめてそれぐらい自分で用意したいというギョンヒの願いは、格差違いのナンチョからしてみればいい迷惑。 「恥ずかしくない格好をしてください。」と封筒を押し付ける。

スヒョクの体調を考え、新婚旅行はホテルで1泊しその後はカン家に入るユジョン。娘の幸せな結婚を夢見ていたギョンヒは、心構えもなくユジョンを連れ去られるようで、何もしてやれない自分を情けなく思う。

山の教会でこじんまりと結婚式をあげるユジョンたち、幸せなはずのバージンロードがなこんなにも悲しいのか。ユジョンはただ運命に従い、前にすすむ。
式に参列していたテヤンは、姿の見えないムヨルに、ユジョンの式が今日である事を伝える。ムヨルは教会に駆けつけ、スヒョクの隣で参列者に挨拶する白いウエディングドレスを着たユジョンと目が合う。
走り出す事も、奪うこともできないムヨル。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「熱愛」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←21話     23話→

熱愛・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ