韓国ドラマ・鳴かない鳥・あらすじ66話

韓国ドラマ・鳴かない鳥・あらすじ66話

鳴かない鳥

今回の韓国ドラマはこちら!
鳴かない鳥
さっそく66話をご覧ください
鳴かない鳥・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・鳴かない鳥・あらすじ66話

いくら叫ぼうがガードマンに阻止されるハニはカン会長に会うことができず、あとからやってきたチョン・ミジャは涼しい顔をして屋敷に入れてもらう。

気性の激しい掴み所のないカン会長に色仕掛けでせまるチョン・ミジャ。
彼女のやり口を防犯カメラで見ていたソンスは、じれったく何としてもオ・ハニを助けたちと思う。

相変わらず口よりも先に手がでるハニは、屋敷の中から出てきたミジャの腕を掴み会長といったい何の話をしたのかと問い詰める。
脈ありな会長の態度に勝利を確信したミジャは、目障りなオ・ハニを見下し私に勝とうとすること自体間違っていると鼻で笑う。

料理は苦手だと家事を避けてきたユミは、テヒョンが戻ると料理を始め、ハギョンにもサービス満点。
結婚して以来ユミの笑顔を初めて見たハギョン。息子のために尽くすユミを見て、母としてはまんざら悪い気はしない。
優しいユミに200%愛されているテヒョンは、彼女との生活を味わい、幸せそうな息子夫婦を見ていると、占い師の言ったことは本当かもしれないとユミを温かな目で見つめるハギョン。

オ・ハニの目を避けソンスを屋敷から連れ出したナムギュは、チョン秘書を屋敷に戻らせハニに会わせる。
母が手作りでつくったスヨン化粧品を守りたいハニは、餃子屋を営んでいる祖母と同じように、作った人間の気持ちが伝わる商品を販売するためにも母の会社を守り抜きたいと訴える。

カン会長への口利きをして貰えたミジャはパク議員に感謝し、お礼にネクタイをプレゼントする。
美人で色気のあるミジャにネクタイを絞めてもらうと、目のやり場に困るパク議員。

チョン・ミジャを辞任に追い込んだところで彼女が大株主である以上ハニに安定した地位を与えられないナムギュは、ハニを助けることよりも、まずミジャから株を取り上げる事が先だと周到な計画をソンスに教える。

ナム専務に荷担していた幹部たちは、株価が高騰するとミジャ側に戻ってきた。

涙に訴えた餃子話でカン会長の同情を買えたと思っているハニは、合併が実現するかはまだ分からないと焦るナム専務をなだめる。

スポンサーリンク

息子が嫌がる結婚を押しつけたハギョンとしては、好きでもないユミとの結婚生活を守る必要はないとテヒョンを説得するが、幸せな家庭を築くことが夢だったテヒョンは、ユミとの家庭を選ぶ。
彼のためなら会社の地位もミジャランコスメの株も要らないユミは、自分の持ち株をテヒョンに譲りたいと義母を安心させる。

簡単に合併話を進める気のないテプンは、今の状況では合併するには時期尚早だとじらし、新商品がヒットすればそのときに合併を考えてもいいとミジャを苛つかせる。

持ち株を担保に入れてまで高騰した株を買い漁るミジャ。
合併話が流れれば高騰した株は紙切れ同然となり、タイミングを見計らっていたテプンは、思わせぶりな態度で最後には合併話を白紙に持ち込む。

ミジャランコスメとの合併を保留したテプンは、オ・ハニに直接電話をかけ、ミジャランコスメに入社するなら投資を行いたいと提案し、ハニが断るならミジャランコスメを吸収合併すると脅しをかける。

1年前も、そして今もまた冷静な判断の下せないソンスは、ハニさんを助けるためなら手伝いたいと法の及ばない道に足を踏み入れる。

盗作の件を解決しない限り、ミジャランコスメとの合併話はあり得ないと釘をさされたミジャは、自ら出向きハニに慰謝料の提案をする。
カン会長から脅されたハニもまた、ミジャランコスメにポストを用意すると言われ入社の意思を明らかにするが、その前に盗作について正式に記者会見を開きユミに謝罪させなさいと条件を付け加えるオ・ハニ。
自分でユミを罠にかけておきながら「過ちは自ら謝罪するべきよ」と正義をふりかざすオ・ハニ。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「鳴かない鳥」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←65話     67話→

鳴かない鳥 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • オレンジマーマレード

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ