韓国ドラマ・みんなキムチ・あらすじ115~116話

韓国ドラマ・みんなキムチ・あらすじ115~116話

みんなキムチあらすじ

今回の韓国ドラマはこちら!
みんなキムチ
さっそく115~116話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、みんなキムチ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・みんなキムチ・あらすじ115話

「この女の言うことなんか信じないで。」 ヒョンジはハウンの携帯を取り上げようとするが父は制止し、娘がウニに危害を加え、逃げ去る画像を目の当たりにする。
家族全員がその画像を見ても、それでも「私はやっていない。」と否認するヒョンジ。
ハウンは、データを届けに警察へ急ぎ、パク会長は「あとの事は自分が責任持ちます。」とハウンに約束する。

「 絶対警察に行かない。」というヒョンジを、無理矢理車に乗せ出頭させる会長。

ハウンは、イ刑事に証拠画像を提出し、そこへ出頭してきたヒョンジは取調室に行くよう言われるが「あんたの母親に、覚悟するよう伝えなさい。」と言われたハウンは、母がヒョンジにどのような弱みを握られているのか気になる。

取調べを受けるヒョンジは、一貫して容疑を否認。
会長に会いに行くという彼女を止めただけ。ウニが一人で滑って転倒したと言い張るが、 証拠画像がある以上言い逃れは出来ない。とイ刑事はヒョンジの供述を信じない。

娘の犯罪にショックを受けた義母を家まで送り届けるドンジュン。「ヒョンジは大丈夫です。」とソニョンを安心させようとするドンジュンも、法曹界に身を置く人間として、ヒョンジの罪は短くても、1年の禁固は免れられないだろうと覚悟する。

ハウンが証拠を持って警察に行ったと知ったウニは落ち着かない。
ウニは箪笥の中から秘密の缶を出し、ソニョンの写真がなくなっている事に気づく。
ハウンにソニョンの娘だと知られないように、缶の中から一枚の紙を取りだしたウニは別の引き出しにそれを隠す。
突然帰ってきたハウンに驚いたウニは、秘密の缶を慌てて隠す。

ドンジュンは刑を軽くして会長に恩を売るべきか、ヒョンジを崖から突き落とすか、選択を迷う。

ヒョンジの刑が、どれぐらいになるのか尋ねる会長。
どんな理由をつけたとしても怪我人を放置したヒョンジの責任は重く、過失を訴え示談にするのが得策だとドンジュンは答える。

会長は食ハウンの堂を訪れ、「私の娘が大変な過ちを犯しました、全て、育て方を間違った私の責任です。」とウニに謝罪し、食堂の床に土下座する。

スポンサーリンク

韓国ドラマ・みんなキムチ・あらすじ116話

取り調べの終わったヒョンジはハウンに文句を言いに来て、土下座する父を見て驚く。
「パパ立って! こんな人達に土下座なんてしないで。」
会長がいくら諭してもヒョンジは謝ろうとせず、ウニのせいで事故が起きたと責任逃れする。

ヒョンジの犯罪証拠を見せられても、まだ娘を守ろうとする会長にドンジュンは、もう少し会長側についていようと判断する。

目撃者探しの垂れ幕を見たヒョンジは、再び食堂に舞い戻り、「私は絶対に無罪になってやる。あんたの母親がどうやって私を助けるか、見てなさい。」とハウンに吐き捨てる。

「どんな証拠をだしても捜査は中断するわ。」と確信を持って話すヒョンジ。

一方、何度も立ちくらみを起こす会長を心配したテギョンは主治医の所へ会長をお連れするが、「検査した方がいい」という医者の言葉を口癖と軽く考え、簡単な診察だけで家に帰る会長。

証拠があっても強きに出るヒョンジの理由が知りたいハウンは母を問い詰めるが、「秘密なんて何もない私を苦しめないで。」と母はハウンを避ける。

ヒョンジはウニに電話し、「警察に自分で転倒したように言わないとハウンの事をばらすわ。」と脅す。

ソニョンは一人で本を読むダユルが目に入り、ハウンの娘、ダユルが自分の孫だと思うと、急にこの小さい、いたいけな子供が愛しくてたまらなくなる。
ダユルを招きよせ、小さいな手をとり「ダユルはいい子だわ。」と彼女の頭を撫でるソニョン。

会長がウニに土下座したと知ったソニョンは、もうこれ以上手出しせずドンジュンに任せようと促すが、何をしてもヒョンジを庇おうとする夫人を信じられない会長は「私がどんな決断をしようが一切口出しするな。」と怒る。

ドンジュンは事故の事をなぜ自分に相談しなかったのか、大事な事は何も話さないヒョンジに「これでも夫婦といえるのか。」と怒る。

ヒョンジに「全部あなたが、原因よ、自分が誰だか母親に尋ねてみなさい。」と言われた事が、重くのしかかるハウン。
気を紛らせるかのように大量のキムチを一気に漬け、浮かんでくる良からぬ考えを打ち消す。

翌朝、「市場に行く。」と言って出かけた母は、「一人で転んだから事件ではない。」と警察に申告。証拠画像から、ウニの意見を受け入れられないと刑事はハウンを呼び出す。

「ヒョンジが助かればいい、ヒョンジの事だけ考えるのよ。」と自分に言い聞かせるソニョンはハウンを呼び出し「ヒョンジの事で申し訳なかった。」と謝罪する。
ソニョンから謝罪をうけても仕方のないハウンは、事件の原因である伯父さんとの子の行方を尋ねるが、ソニョンは答えてくれない。

ハウンがソニョンと会っていると聞いたウニは、娘に近づくなと彼女を責め、姉妹である二人がいがみ合う事に耐えられなくなったソニョンは、自分が母親である事をハウンに話すと言ってウニと口論になる。
母を探しに来たハウンは「ハウンは私の子よ。」と叫ぶソニョンの言葉を聞いてしまう。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「みんなキムチ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

みんなキムチ・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ