韓国ドラマ・みんなキムチ・あらすじ113~114話

韓国ドラマ・みんなキムチ・あらすじ113~114話

みんなキムチあらすじ

今回の韓国ドラマはこちら!
みんなキムチ
さっそく113~114話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、みんなキムチ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・みんなキムチ・あらすじ113話

「伯父の子は生きてるんですね。」ハウンはソニョンの腕を掴み問い詰める。
伯父の子が原因でヒョンジは母に危害を加えた。
ハウンの推測にソニョンは「よくない過去だから、どうか忘れて。」と頼み(よくも自分の娘にこんな事が言えたもんだ)ウニはソニョンを押しのけ、ハウンを連れて帰る。

伯父さんの写真を見たというハウンは、生きているその子の居場所を母に尋ねるが、ウニは頭が痛いと言って横になる。

テギョンのプレゼンは幹部陣を納得させる見事な出来栄え。
会長もテギョンの有能さに感心する。

一同沸き立つ中、ヒョンジは横槍を入れ、この事業が頓挫した時の責任をどうするのかテギョンに問いかけ、会長は、万が一の時は私が私財を投げ売ってでも責任を持つとテギョンを援護する。

ヒョンジを追い詰めに来たハウンは
「夫人の子供は誰? 会長に知られたら自分が捨てられると思った? テギョンさんに会社を奪われるのが怖かった?」と、不安なヒョンジの気持ちを代弁する。
「証拠もないくせに黙りなさい!」と怒るヒョンジに「写真なんかなくても、その子が見つかれば夫人の過去を証明する一番の証拠よ。」とハウンはヒョンジの不安をあおる。

「ドライブレコーダーがある。」という提供者が現れ、謝礼金を支払ったハウンは、メモリーカードも入っていない壊れたカメラを掴まされ、騙された事に気づく。

ウニの退院祝いだと、肉なのか魚なのか何だかわからない大きな箱を沢山運びこんだヒョンジは、犬のように吠えまくるジウンを押しのけウニを連れ二人で話をする。
「ハウンがあなたの実の子ではない。」この事実を隠す事を条件にあなたは姿を消すと言ったのよ。
ヒョンジはウニの記憶がない事をいいことに、自分の都合のいいようにウニに作り話を聞かせる。
ヒョンジの言いなりにならないウニに彼女は「ハウンさんに事実を告げるか消えるか選択して下さい。」とウニを脅す。

情報提供者は偽物だったとテギョンに話すハウン。
そこへまた別の情報提供者から連絡があり、今度はテギョンと二人で会いに行く。
提供されたレコーダーには、ヒョンジが母を掴んで転倒させるところがしっかりと写り、「これなら言い逃れできない。」と喜ぶハウン。
しかし彼女を尾行していたヒョンジの手下にレコーダーの入ったかばんを奪われ、テギョンは男を追いかける。

スポンサーリンク

韓国ドラマ・みんなキムチ・あらすじ114話

命がけで男を追いかけたテギョンはボコボコに暴行を加えられ、逃げる男を警備員が後を追う。
「ドライブレコーダーはこの中にあるよ。」テギョンは路上に倒れ、血まみれになりながらもハウンのカバンを取り返してくれた。

せっかく取り返して貰ったレコーダー。
しかしハウンがイ刑事に届けようとしたレコーダーはイ刑事が席を外している間に、刑事になりすましたヒョンジの手下が、ハウンからデータを預かる。

ヒョンジの証拠が出てきたと報告を受け、ジウン夫婦は喜ぶが、母はヒョンジと会っていた理由を聞かれては困る、と「事故をおおごとにしたくない。」と言い出す。

ウニを尋ねたドンジュンは「義母との関係を教えてほしい。」と頼むが、そこへ帰ってきたハウンに店の外へ追い出され、「犯罪者にダユルを任せられない。ヒョンジが母を殺そうとした証拠が出てきたわ。」とドンジュンに告げる。

一方、戸籍手続きをドンジュンが進めていないと知った会長は、「ヒョンジ達から指示されたんだろう。」と怒り、今後手続きは自分で進めると言う。
「誰が勝とうが最終的に自分さえ助かればいい。」と考えるドンジュンは、この事をヒョンジ達に内緒にする。

便利屋から証拠のレコーダーを受け取ったヒョンジはメモリーを壊し、自分のデスクに保管する。

警察から、何も連絡がないのを不思議に思い、イ刑事に確認したハウンは、証拠の映像を受け取っていないと言われ・・・。

戸籍の件で騙された会長は、誰にも手出しできないようにと、会長室にテギョン、ソニョン、そしてヒョンジ夫婦を呼ぶ。
そこへ現れたハウンは「ヒョンジが母に危害を加えた映像を見て下さい。」と自分の携帯を会長の前に差し出す。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「みんなキムチ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

みんなキムチ・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ