韓国ドラマ・キルミーヒールミー・あらすじ4話

韓国ドラマ・キルミーヒールミー・あらすじ4話

キルミーヒールミー

今回の韓国ドラマはこちら!
キルミーヒールミー
さっそく4話をご覧ください
キルミーヒールミー・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・キルミーヒールミー・あらすじ4話

脱出するため協力し、見張りのチンピラをやっつけたドヒョンとリジン。
しかし、油断した隙にリジンが人質に取られ絶体絶命に。

不発に終わった爆弾と、もう一つ残された爆弾を発見したドヒョンは、「今度は間違いなく爆発するぞ」と脅しリジンを救出。
(フェリー・パクになってる時の記憶はあるわけ・・・?笑)

爆弾は本当に大爆発し、リジンを抱えながら何とか倉庫を脱出するドヒョン。

その頃、リジンの電話で異変に気づいていたリオンは、チンピラたちをだまし討ち。
警察たちを一般人に見せかけ待機させ、チンピラ集団を一網打尽に。
「妹はどこだ?正直に答えろ!!」って事は、リオンが双子の兄なんだね。

チンピラから住所を聞いたリオンは倉庫にやってくるが、既にリジンの姿はない。
燃え盛る倉庫と連絡が取れないリジンに焦るが、すぐに病院から連絡を受け安堵する。

その頃、薄れゆく意識の中ベッドに横たわるリジン。
「僕と出会わせてしまって申し訳ない。二度と会わない事を祈るよ。」
身元がばれては困るため財閥御曹司だと正体を明かせず、一方的に彼女を巻き込んでしまったドヒョンは申し訳なさを感じ謝罪する。

足がついてはいけないと病院に行けないドヒョンは、アン室長に連絡を取り自分で応急処置を施す。
傷口を縫い、遅刻しながら役員会議にやってきた彼は、「予測不可能な事故に巻き込まれ申し訳ない。」と挨拶。
足元をすくわれるのではとピリピリするテイムはドヒョンを平手打ちし発狂する。

テイムの息子ジュンピョがドヒョンの父。
幼いころ火事からドヒョンを救出するため身を投げたジュンピョは、今も意識不明のまま入院生活を余儀なくされていた。
「何もなければ、今頃ジュンピョがあの席に座っていたはず・・・」
鼻息を荒くするテイムは、ジュンピョが戻ってくるまで意地でも財閥を守れとドヒョンに罵声を浴びせる。

療養中のリジンは、ちょっと病室を離れたすきに大量のお見舞いが届けられており驚く。
ハートの風船に”回復をお祈りします”と手紙が添えられており、「もしかして、あの人はオオカミじゃなくて紳士なのかも・・・」とニヤける。

執筆活動中の名前”オメガ”と、ナンパする時に名乗る”フィ”という二つの顔。
意図的に顔を変える兄とは別に、ドヒョンは戦略ではなく不可抗力かもしれない。
彼が多重人格に悩まされてるかもしれないと考えるリジンは胸を痛める。
そして、「どうせ二度と会う事はないし」と自分に言い聞かせ、病院にも関わらず酒を一気飲み。笑

スポンサーリンク

ギジュンはドヒョンの弱みを握ろうと考え、行動を調べるよう部下のチェ室長に指示。

リジンの事を患者だと勘違いしていたアン室長は、彼女が新米精神科医だと知りドヒョンにすぐさま報告。
アメリカの時の主治医ソク・ホピル(スコフィールド)が上司で、彼女がその部下であることを知り驚くドヒョン。

”セギはリジンを使って俺を消すつもりなのか・・・?”
考えを巡らせるドヒョンは、会って確かめようとリジンを訪ね病院へ。

”失われた空白の記憶の中に、多重人格を作り上げた原因があるはずだ”
家族の助けももらえず、彼は一人で11年もの間孤軍奮闘し、病気の自分と対峙し続けてきた。
記憶のない自分がやらかした行動の尻拭いをし、どれほど傷ついてきたのだろう・・・。
彼に対する情がわき始めたナイスタイミングで、ドヒョン本人が病院に到着。

「この顔と目つきをした僕は、チャ・ドヒョンです」
セギではなくフェリー・パクでもない、主人格チャ・ドヒョンとして初めてリジンと対峙する。

院内では「リジンをフッた男が、今度はスーツに高級車で現れたらしい」とすぐに噂が広まり、プライドが許さないリジン。
「どうしても自分がフラれたのだけは許せないから、みんなの誤解を解いてほしい。」
迷惑かけたのは自分のもう一つの人格だと責任感を感じるドヒョンは、恋人になりすまし院内を歩き回る。

セギが自分を消すためにリジンに近づいたのかと疑うドヒョンは、会話の中から彼女がセギの初恋相手であると気が付く。
その時、頭の中でセギの声が響き渡り、人格が入れ替わる前兆が・・・。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「キルミーヒールミー」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←3話     5話→

キルミーヒールミー あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ