韓国ドラマ・カッコウの巣・あらすじ45~46話

韓国ドラマ・カッコウの巣・あらすじ45~46話

カッコウの巣あらすじ

今回の韓国ドラマはこちら!
カッコウの巣
さっそく45~46話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、カッコウの巣・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・カッコウの巣・あらすじ45話

ヨニが判を押した離婚届けを見て、大喜びするファヨン。
しかし義父の会社を助ける事を交換条件にしたと聞き、ファヨンは援助の件をヒジャに話すようイ常務を仕向ける。

話を聞いたヒジャは、HSに援助する金額があまりにも巨額な為、ビョングクに話さず一存で送金をストップさせる。

ヒジャは以前にペク会長に助けてもらっておきながら、詐欺にあって危ない状況のHSを助けては共倒れしてしまう、とビョングクから決裁に必要な会長の実印を取り上げる。

資金繰りの上手く行かないペク会長は夜なかなか寝付けず、起きだした夫をグモクが心配する。
昔は血も涙もない非情な事ばかりして毒蛇とアダ名の付いた会長は、こんな自分と長年連れ添ってくれた妻に感謝する。

銀行の返済が滞っていたペクは持ち株を競売にかけると言われ、キム頭取に期日延期を要請するようソンビンに指示するが、頭取はHSを避け電話に応じない。

新メニューの公募展は新店舗で行われ、最終審査に残った4人の中にチャンシクもいた。しかし、ジョンの手を借りて作ったファヨンのメニューは、ダントツで自分が選ばれそうだと報告をしたファヨンは、ペク会長の株が競売に出ていると聞き、ジョンに買い占めを指示する。
肩に伸びた手に、今の会話を聞かれたのではと焦るファヨン。しかしビョングクは電話の内容にあまり関心を示さず、ファヨンの考案したメニューが審査員に好評だと彼女を褒める。

ビョングクは説得の甲斐あり、義父の会社を助ける事をヒジャに許可してもらうが、ペクの会社に援助が入ると知ったファヨンは阻止する為、ヒジャに「ヨニは同棲男との間に子供がいて、その子はどこかで生きています。」と耳打ちする。

仕事に私情を挟んではいけない、と言っておきながら、ヨニに隠し子がいる事を知ったヒジャはペクへの援助を取りやめヨニにすぐ帰るよう電話する。
帰宅したヨニを「子供を産んだ身で嫁ぐなんで汚らわしい。」と平手うちするヒジャ、不妊の原因がヨニの過去にあるとわかったヒジャは息子と結婚させた事を後悔する。

翌朝、ヒジャは何事もなかったかのようにジヌを幼稚園に行かせるヨニを見送り、彼女が留守の間に嫁の荷物をまとめ追いだそうとする。玄関の鍵を変え、そしてヨニが担当しているカフェも閉鎖させるヒジャ。
何も知らないヨニは、これからはジヌのいい母親になろうと「今まで忙しく幼稚園のお迎えにもこられなかったけど、これかからは毎日ママがお迎えに来るわ。」と息子に約束する。

スポンサーリンク

韓国ドラマ・カッコウの巣・あらすじ46話

キム頭取に期日を延ばしてもらえるよう約束をとりつけたペクであったが、彼の株は競売にかけられ、自宅に居ては人が押し寄せるかもしれないと、ソンビンに言われる。

バイク便で届けられた封筒を開けたグモクは夫が若い女と二人っきり、親密そうな写真を見て驚く。

従業員のヨンウンから改装の為追い返されたと連絡を受けたヨニは帰宅するが、チャイムをならしても玄関はあけてもらえず、家政婦は会長の指示で開けられませんとヨニに詫びる。「どう考えても怒りが収まらない。」とヒジャはヨニの荷物を放り出し、「ジヌには会わせない、潔く出ていきなさい。」と扉を閉める。ジヌを奪われると気づいたヨニは幼稚園に引き返すが、既にヒジャの運転手がジヌを連れ帰り、ヨニは息子に会えなくなってしまう。

一方、ヨニの実家には裁判所から差し押さえ命令が下り、何も聞かされていないグモクは家財道具に貼られていく赤い紙を黙って見ているしかできない。

ファヨンの犬になったイ常務は、ヨニのカフェが閉鎖された事を彼女に報告する。

追い出されたヨニは荷物を持って社長室に来るが、夫は不在でファヨンが居座っていた。
離婚届に判を押し、監護権を放棄したヨニに「これで、やっと私がジヌの正式な母親になれるわ。」とファヨンは礼を言う。

ビョングクは母の指示でカフェが閉鎖したと聞き、慌てて帰宅する。母がヨニを追い出したと知ったビョングクは連れ戻そうとするが、「同棲して子供まで産んだような女を絶対許さない。」と母は怒り、優柔不断なビョングクはどうしたらいいか頭を悩ませる。

大きなスーツケースを引きずり途方に暮れるヨニに母から悲痛な電話が入り、ヨニは自宅に急ぐ。至る所に張り巡らされた赤紙に呆然と立ち尽くすジュニ。
家を追い出されたヨニに母は驚くが、「あんな家で暮らさないほうが姉さんの為よ。」とジュニは姉を庇い、裁判をおこせばジヌをすぐ引き取れると姉を励ます。

ビョングクは義父を助けられなかった負い目を感じヨニに直接電話をかけられず、母がヨニを追い出した事を知ってたのかとジンスクに尋ねる。

ジンスクは後先考えずヨニを追い出して、母親が必要な歳頃のジヌの為にもよくないとヒジャを説得するが、義姉の気持ちは変わらず、ジンスクはヒジャに隠れて泣き叫ぶジヌの為ヨニと電話をつなぐ。

チュジャに呼ばれたゴンヒはチャンシクと店長の関係を聞かれ、「二人は社員旅行で一緒にベッドインした仲なんです。」と吹聴する。焦るチュジャに「ただ 朝まで一緒に”寝た”だけですけどね。」と一応フォローするゴンヒ。

ヨニが追い出され気持ちの落ち着かないビョングクは、ファヨンの呼び出しに応じるが彼女は「ジヌの為、家を借りて3人で住みたいわ。」とか「私がチョン家に入るわ。」と一人先走り、ビョングクは彼女の考えについていけない。
驚いている彼に「私ならジヌの兄弟を何人でも産んであげられるわよ。」とファヨンはビョングクの深理をつく。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「カッコウの巣」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

カッコウの巣・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ