韓国ドラマ・カッコウの巣・あらすじ73~74話

韓国ドラマ・カッコウの巣・あらすじ73~74話

カッコウの巣あらすじ

今回の韓国ドラマはこちら!
カッコウの巣
さっそく73~74話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、カッコウの巣・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・カッコウの巣・あらすじ73話

チュジャはソラをピクニックに連れてきたが、青い空に似つかわしくなく暗い表情。
そこへ遅れて来たチャンシクがジンスク連れ、「僕たちは結婚する、年内には、お腹に赤ちゃんが宿る予定だ!」と姉に紹介する。
チャンシクは元気のないソラにこのまま両親の事を黙っていていいのか、と姉に相談するが、彼女はどこからソラをつれてきたのか。「今の状態でいい。」と弟をつっぱねる。

ビョングクの弁護士は、ミョンウンを通さずにヨニに会ってほしいと頼まれ、高額の慰謝料と財産分与を提示し和解を打診する。
ヨニは「勝ちめは無いですよ。」と説得されるが全く和解など応じるつもりはなく、条件をけり和解に応じない。 お金で解決しようとするビョングクに怒ったヨニは「信じられないほど低レベルな思考ね。」と彼を睨みつけ書類を投げつける。
社長室の騒ぎに入ってきたヒジャは病院帰りのジヌを連れ、ヨニが和解を拒んだと聞くと「頭の悪い家族。」とバカにする。 ヨニが声をかけてもジヌは答えようとせず。ヒジャはジヌの異変を察知したヨニから孫を遠ざけるため警備員を呼んでヨニを放り出す。
警備員に拘束され連れて行かれたヨニをビョングクは追いかけるが、ヨニを心配したミョンウンが迎えに来て、一足早く彼女を連れていく。

指輪をあげても、「私たち結婚できるのかしら。」と自信のないジンスクに「愛を確かめに行きましょう。僕が責任をとります」とチャンシクはモーテルの前に彼女を連れてくる。 5つ星ホテルが理想のジンスクはモーテルに抵抗があったが”この際、モーテルでもいい。この日を45年間待ち続けたのよ”と率先してモーテルに入ろうとすると、チャンシクは「そっちじゃなくて、こっちですよ。」と”占い館”を指さす。

相性抜群だった二人はサウナに行きチャンシクの腕枕で寝ていると、不良おばさんチュジャたちが彼らを蹴っ飛ばす。

チャンシク達がレストランに戻るとヨニが助けてほしい、とミョンウンを連れジンスクを待っていた。 ジヌなしでは生きられないというヨニはジヌの様子が変だった事をジンスクに尋ねる。 彼女はチャンシクに促され、ファヨンがジヌを怒鳴りつけながらヨニの服を切り刻んだり恐怖に追い詰めたため、ジヌは夢遊病にかかり診療内科に通っている事を教える。
ヨニは一緒に帰るというミョンウンを振り切り、ビョングクの会社に行って、「あなたはそれでも父親なの!」と彼をひっぱたく。
ファヨンは「あなたが裁判なんか起こすからよ。」と罪をヨニになすりつける。
ヨニとファヨンの争いに「もうやめてくれ。」とビョングクは逃げ出し、ファヨンは彼を説得しようと追いかける。

お家で寝ていたジヌは祖母が居眠りする間に、さ迷い母を求めて裸足のまま外に出て行いく。夢の中の彼は大好きなママと一緒。大通りまで歩いてきたジヌは道路でつまづき、ケガをして目覚める。「ママ。こわいよ」

その頃、ヨニはジヌを守ってあげられず怖い思いをさせたと息子に詫びるようにチョン家の前にいた。
家の中からジヌがいないと飛び出してきたヒジャに驚いたヨニはジヌを探す。

雨が強く降り出し、ジヌは公園の滑り台に隠れる。「ママ、僕はここだよ。早く探しに来て。」
「ジヌ! ジヌ!」 ヨニが叫ぶ声がジヌに届き、ヨニは滑り台の下に隠れていたジヌを見つけ出す。
ジヌは「なんで僕を捨てたの。」とママに泣き叫ぶ。

ジヌを探すファヨンの声が聞こえると「おばちゃん怖い、僕はいないと言って。」とジヌは怯え、二人を見つけ出したビョングクはヨニからジヌを奪い取る。
ヨニは必死でジヌを守ろうとするが「裁判中なのよ!」とファヨンはヨニを黙らせ、ジヌを連れ帰ろうとする。
父に抱かれたジヌは「いやだ、いやだ。」と泣き叫び「ママ、僕病気なんだ! すごく悪いんだよ!」と、腕の中で暴れるジヌにビョングクは力を失くし彼を手放す。

スポンサーリンク

韓国ドラマ・カッコウの巣・あらすじ74話

チェ・サンドは、職務怠慢という理由で突然解雇になる。
ファヨンの仕業だと思ったサンドは彼女を殴り、「子供を見つけ出すまでは絶対に許さない。」とファヨンを脅す。
サンドは本気でファヨンを愛していたと言うが、ファヨンにとってサンドとの子供など消し去りたい過去。 「そんな子供はいない、私の子供はジヌだけ、ジヌしかいない。」自分に暗示をかけ、醜い過去を消し去ろうとするファヨン。

判決の日、ヒジャたちは100%勝訴を確信し法廷に入る。ビョングクの弁護士はヨニが男と同棲、出産の経験を隠し結婚した事を詐欺罪にあたるとし、ソンビンとの密会写真を根拠に不倫を訴え、そんな女性に子供は任せられない、と主張する。
ミョンウンは明確な被害がなければ詐欺罪は成立しないと反論し、ジヌの診療記録を提出。遺尿症 分離不安 反応性愛着障害 夢遊病。ジヌの病気の原因は、母親と別れさせられた事が要因。

そして証人としてファヨンがクビにし、行方不明になっていた家政婦が証言台に立つ。
家政婦は、ビョングクは愛人と同居し同じベッドで寝ている事を証言。
そしてその愛人がジヌを暴行し、ジヌが頭をケガした時のカルテをミョンウンは提出する。

家政婦が持っていた、ファヨンが切り刻んだヨニの服。
更に、先日の行方不明騒ぎでは祖母だけでは夢遊病のジヌを守りきれなかった事。等をあげミョンウンは、父親の家は養育環境として不的確、と主張し、裁判官も再度ジヌと面談しだ結果、判決は、親権および監護権を原告に与え、被告には慰謝料と養育費の支払いを命じられる。
ヨニの父ペク・チョルは
「あんな残忍な女にジヌを任せるとは、それでも父親か。」とビョングクを殴る。

やっとジヌと暮らせる、と喜び勇んでジヌを探すヨニ。しかし判決が不利とみたとたんファヨンは先回りしジヌを連れだしていた。

ファヨンがジヌを連れ去ったと言っても信じないビョングクに、ヨニはイ・ファヨンがイ・ドンヒョンの妹でビョングクは復讐のために利用されただけだと教える。

ファヨンはジヌを実家に連れ帰り、ソラとサンスンは邪魔者扱いで外に出される。
チュジャは両親に黙って拉致してきたジヌを乱暴に扱うファヨンから彼を守り、ヨニに連絡する。

ミョンウンとファヨンの実家に来たヨニはジヌを保護し、それでも自分の息子だと言いはるファヨンは産みの苦しみをヨニに自慢する。育てる権利があるのは産んだ人間だと主張するファヨンは兄の子を捨てたヨニに子供を育てる資格はない、と訴え、「死産はあんたの思い込みよ。」と叫ぶ。

チュジャは病的にジヌに執着するファヨンをなだめ海外で暮らそうと説得するが、全く母親の意見など聞かないファヨンは「ペク・ヨニからジヌを絶対に奪い返してやる!」とチョン家に戻る。

ファヨンのせいでジヌを奪われてしまったヒジャは、利用価値の無い彼女に「荷物をまとめ、出て行きなさい。」と命令する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「カッコウの巣」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

カッコウの巣・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ