韓国ドラマ・カッコウの巣・あらすじ67~68話

韓国ドラマ・カッコウの巣・あらすじ67~68話

カッコウの巣あらすじ

今回の韓国ドラマはこちら!
カッコウの巣
さっそく67~68話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、カッコウの巣・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・カッコウの巣・あらすじ67話

夕食時にやってきたミョンウンはペクの作った料理を美味しいと頬張り、調査官の報告を気にしているヨニを元気づけようと、みっともない体操をして彼女を笑わせる。

ジンスクから話を聞いたチャンシクは「非常識な事をするな。」と姉を責め、ケガの具合も心配セず自分たちの都合ばかり気にする弟や娘に腹を立てる。

ジンスクは、お互い暴力をふるっているのだから警察に届けると話が大きくなり、ビョングクの離婚訴訟にも影響するとヒジャをなだめるが、ファヨンの家族はろくな人間がおらずシェフも同類、きっと財産目当てに近づいたのよ、とチャンシクの印象はどんどん悪くなる。

ビョングクが帰ってきても、ジヌは壁に隠れジンスクに見つかると子供部屋に入ってしまう。 今日の騒動を目撃したジヌはぬいぐるみ同士でケンカさせお互いを痛めつける。ジンンスクがジヌに声をかけると、「ペク・ヨニさんに会いたい。」とジヌはママの事を他人のように名前で呼び、ジンスクはジヌの異変に驚く。

チャンシクは姉たちの事をメールでジンスクに謝り、ジンスクもヒジャの代わりに謝罪するが「私たちの関係も考えなおしたほうがいい。」と返信した後、彼女はチャンシクの電話を拒否する。

夜遅くまでソラがメールをうち、「相手は誰なの。」と異性を疑ったファヨンは、ヨニからかかってきた電話に驚く。
ソラがヨニのためにスパイをしていたと思ったファヨンは、「あんた、うちの子じゃないって知ってるの?」とソラに浴びせ「血は争えない、やっぱり人を裏切るのよ。」と子供のソラに憎しみをぶつける。 ソラは真夜中に家を飛び出し、狂ったようにソラを探すチュジャ。チャンシクもソラを見つけられない。
誰の言う事も信じられないソラは、ヨニに助けを求める。
   
ヨニに事情を話したソラは、お母さんがソラを産んでいなくても、大切なのはソラを愛する気持よ、とヨニに暖かく教えてもらう。

ジヌに自分の事を無理やりママと呼ばせ、ヨニの事をペク・ヨニさんと呼ばさせるよう洗脳したファヨン。 ヒジャは卑しいファヨンのする事に今更驚かない。 「あの女との結婚は絶対に許さないわよ。」と母に釘をさされたビョングクは離婚裁判も終わっていないのに見合いを勧められる。

思春期で心の傷つきやすいソラに酷い仕打ちをしたファヨンをチュジャは責め、出て行ってと怒る。
「悪かったわ。」と心にもない謝罪をするファヨンは、「実の娘なのに私だけ今まで可愛がられた事は一度もない。」と不満をぶつける。

ファヨンと入れ替わりに帰ってきたソラ。 親に心配をかけたソラをチュジャは何度も何度もお仕置きする。 「あんただけを見てきた、あんたがいたから生きてこられた。」母親でないと言われてもチュジャの深い愛情はソラにも十分伝わり、「ごめんなさい、ごめんなさい。」とソラは母に謝る。
「姉さんが憎い。」 自分の事を捨て子と思ってしまったソラにチュジャはどう、説明したらいいのか。

一方、チェ・サンドはレストランに来て、ファヨンの男、ビョングクの事やジヌが息子である事をゴンヒに確認する。

ヨニは外回りの仕事でチュジャと組む事になってしまう。

スポンサーリンク

韓国ドラマ・カッコウの巣・あらすじ68話

浄水器の交換を終えたチュジャは、ヨニを誘いギソプのカフェに行く。
チュジャは「いつ離婚するんですか?」と不躾に質問し、ファヨンとジヌの為にも早く訴訟を終わらせた方がいいと、身勝手な意見を押し付ける。ドンヒョクの死を責めるチュジャはファヨンが産んだジヌを育てるのは当然、とヨニに話すが、ヨニはドンヒョクを本気で愛し子供と3人の未来を奪われた自分も被害者だと訴える。 亡くなったドンヒョクを真剣に愛していたのに、なぜ恨みを買い父の会社を奪われ、母を死に追いやられたのか、その上ジヌまで取り上げようとしているのか。ファヨンの復讐にヨニは自分もやり返す、と怒る。

最近、ギソプのカフェに行かないゴンヒを同僚たちは茶化すが、「オ教授はすえた飯よ。」と雑巾なら洗ってつかえるが、すえた飯は洗っても食べられない、とギソプから、かかってきた電話を拒否する。

家裁調査官の自宅訪問が終わるとファヨンは荷物を持ち直ぐに帰って着た。 「一家そろって野蛮ね。」と怒るヒジャに、ビョングクと結婚できると思っていたファヨンは、高飛車にヒジャを抑えこむが「死んでもあんたとの結婚は許さない。」と彼女に言われ、「卑しい女と言われた私を愛したビョングクさん家族も同類でしょ。」と言われ母に代わって謝罪する。しかし、ヒジャは母親たちに謝罪させるか、ビョングクと別れるか、選択できなければ警察を呼ぶ、と脅す。

ファヨンは嫌がる母に、自分の将来がかかっている、結婚してチョン家の財産を手に入れるために今は我慢して謝って! とチュジャに怒鳴る。

ジュニと店舗回りにでたソンビンは、ペク会長に似合うと洋服を選び、ジュニやヨニの服もプレゼントしてくれ、ジュニの誤解も解ける。
二人と一瞬にランチをするミョンウンは、ソンビンからファヨンが借名口座を使い、会社のお金を横領している事を聞き出す。ジュニはペク会長の為にとファヨンを調べるソンビンが巻き込まれはしないかと心配する。 ヨニの裁判を心配するソンビンにミョンウンは「勝てますよ、僕はターザンですから。」と自信をみせる。

ミョンウンから、ファヨンとビョングクの関係を証明する証拠を持っていないかと聞かれたヨニは、お手伝いさんなら力になってくれるかも、と期待する。

ファヨンに連れられ嫌々謝罪しに来たチュジャたちにヒジャは、出方次第で警察に届ける、と診断書と告訴状をを並べ、直接相手をしたくないヒジャは家政婦を呼んで、彼女の好きにしていいという。
「ふざけんな! 留置場でもどこでも入ってやる。」とチュジャは怒り、「こんな家に居座ろうとするなんて、あんたもバカよ。」とファヨンを捨てる。

チャンシクは自分を避けるジンスクを追いかけ、「何があっても二人の事だけを考え乗り越えよう。」と説得するが、家族の関係を無視できない、とジンスクは気弱になる。
「僕の事が気に食わないなら諦める。でもそうじゃないなら。」とチャンシクは指輪の入った小さなケースを差し出す。
「かっこよくプロポーズしたかったのに。」というチャンシクは「別れるべきだと考えるならここに置いておいて。」と部屋を出る。
箱の中には小さいながらもジンスクが欲しがっていたダイヤの指輪が入っていた。

指輪をしながら「チェフと別れた方がいいのかも。」とギソプに相談するジンスクは、彼と酒を飲み、「君が悪いよ、気持を貫くべきだ。」と諭される。

明日の面会日に向けて、ファヨンはジヌがヨニに会いたがらないように洗脳する。

ヨニから連絡がほしいと言われた家政婦は、彼女からの電話をヒジャに隠す。

その頃、サンドは子供を捜して養子縁組支援センターに居たが、親と証明できる物がないと情報を教えてもらえない。

ビョングクを丸めこんだファヨンは、ヨニの所へ自分がジヌを連れて行くと言っておいて、「ママの家は狭く、おもちゃもない。」と不安がらせヨニの所へ連れていかない。
ジヌが来ない事を心配したヨニはビョングクに電話するが、彼は仕事中で、ファヨンからは「ジヌが会いたくないと言ってるから、そちらに行かないわ。」と言われる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「カッコウの巣」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

カッコウの巣・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ