韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ75話

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ75話

帰ってきたファン・グムボク

今回の韓国ドラマはこちら!
帰ってきたファン・グムボク
さっそく75話をご覧ください
帰ってきたファン・グムボク あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ75話

9年前の犯人をテジュンに気付いてもらおうとするウンシルは、口元だけを書いていないミヨンの似顔絵を完成させ彼に渡す。

ウンシルのマンションで彼女の帰りを監視していたミヨンは、夫に送られて帰ってきた彼女を見て逆上する。
記憶が戻っているくせに騙されたミヨンは、ウンシルの部屋をめちゃくちゃにして暴れるが、テジュンに見つかり、もう惨めな思いをしたくないと離婚を言い渡される。

大切な息子を傷つけたくないの? とムンヒョクを盾にとっても、もう大人に成長した彼なら理解してくれるとテジュンは気持ちを変えず、息子のために保っていた結婚生活に終止符を打とうとする。

イエリョンと姻戚関係になったことで家の中はめちゃめちゃになり、今さら後悔してもどうにもならないワン女史は、お前だけでもしっかりしてほしいとムンヒョクに望みをかけ、辛そうな孫を励ます。

誰もが羨む美貌をもっているイエリョンは、色気で迫れば夫をものにできると思っていたが、結婚以来ムンヒョクは一度もベッドをともにしてくれず、子供をつくりたいとせがんでも、冷たく拒否される。

トマト柄の元気の出るパジャマを着て眠りについていたマルジャ。真夜中にくびれのない足が侵入し、彼女を揺り起こす。
懐かしい声に気付いたマルジャは、目の前に座っているウンシルを見て、夢ではないかと喜び、彼女を抱きしめるが、よく見れば鼻の低いグムボク。しかし、夢でもウンシルに会えた彼女は、もうすぐお母さんがやってくるはずよとグムボクに希望を与える。

夫の携帯を盗み見ていたミヨンは、テジュンに見つかり、「この女のために私と別れるつもりなの」と開き直るが、息子を傷つけて好きでもない女性と結婚させ、不正を働いてTSを窮地に追いやるような女性と暮らせずはずがないと怒り、夫婦ゲンカを母に聞かれてしまう。
不倫しているという話を否定しなかったテジュンは、時がきたらちゃんと話すからと言葉少なく答え、心配する母をおいて出ていく。

一日も早くウンシルおばさんから相続を受けようと焦っていたイエリョンは、夫が彼女の顔を知っていると聞きがっかりする。
これでは相続の条件である顔合わせができない彼女は、ムンヒョクが長期の出張に出たと嘘をつく。

リヒャンおばさんのせいでカン家から追い出されそうだとウンシルに泣きついたイエリョンは、婚家からバカにされないようにと相続を急ぎ、ユッケジャンの事業を広げようと思っていたウンシルは、どうせイエリョンの物になるのだからとリヒャンに投投資を持ちかける。

スポンサーリンク

イエリョンが出勤すると机の上の物はすべて床に散らばり、お母さんとの写真盾はガラスが割れ、粉々になっていた。
出勤してきたグムボクは、「目障りだったから私がやったわ」とイエリョンを刺激するが、グムボクの味方をするムンヒョクは、企画チームの騒動を見てみぬフリをし、プレゼンの準備はできているのかとイエリョンを責める。

ユッケジャン店の投資をギョンスに相談したリヒャンは、業界でも有名な優良店だと聞き、全財産をウンシルの店に投資する。

東南アジア全域をかけたTSのプレゼンに参加するグムボクは、すべてを極秘に勧め結果を楽しみにするようにとイエリョンを挑発する。
夫がウンシルの娘を捜していると聞いたミヨンは、テジュンが真相を知る前にグムボクを捕まえようとする。

TS筆頭株主のギョンスから代理人を頼まれたリヒャンもプレゼンの席に呼ばれ、イエリョンと一緒に席につく。
プレゼンを開始したグムボクは、清掃員をやっていた母の下育った生い立ちを話し、母と一緒に写った写真をスクリーンに映しだす。
”お母さんとの初めての旅行”をコンセプトにした広告案。
ウンシルの顔がスクリーンに大きく映し出され、グムボクがウンシルの娘と知ったテジュンは、会議を中断させグムボクの手を引いて飛び出していく。
テジュン会長に連れられロビーまで走ってきたグムボクは、目の前に立っている母に驚く。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「帰ってきたファン・グムボク」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←74話     76話→

帰ってきたファングムボク あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「帰ってきたファン・グムボク」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
帰ってきたファン・グムボク BS11

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • オレンジマーマレード

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ