韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ53話

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ53話

帰ってきたファン・グムボク

今回の韓国ドラマはこちら!
帰ってきたファン・グムボク
さっそく53話をご覧ください
帰ってきたファン・グムボク あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ53話

ワン女史はジェシカの母親がリヒャンと知っても驚いたですむが、ミヨンはそうはいかない。
殺人の共犯者と姻戚関係になどなりたくない彼女は破談を言い渡し、会食の席だとイエリョンに呼び出されたムンヒョクも、「君には失望したよ」とイエリョンを軽蔑し店を出ていく。

TSを奪うために計画的に近づいたリヒャン母娘を許せないミヨンは、ジェシカを解雇し工場の契約も破棄しようとするが、ウンシル殺害という大きな秘密を握っているリヒャンは、夫たちに知られてもいいのかとミヨンを脅す。

常務の女であるグムボクに対する社員の目は冷たく、わざとゴミを捨てたりシカとしたり。どんな虐めにもめげないグムボクを見て、彼女を何としても守ると決意するムンヒョク。

ミヨンから家に来なさいと呼び出されたグムボクは、リヒャン母娘のことがバレたのではと心配し、二人が親子だと言うことを聞いてムンヒョクは驚く。

ウンシルにイエリョンの写真を渡して彼女が娘だと説明したギョンスは、ウンシルを納骨堂につれていき、君の娘はここに眠っているんだと信じさせる。

あれほど気に入られていれば何とか丸め込めると思っていたイエリョンだが、取引の関係で黙っていただけだと説明してもミヨンたちには通じない。
完璧な演技に騙されたミヨンは、ジェシカの顔を見るのも耐えられず、土下座して泣きつく彼女に処分が決まるまで大人しくしていなさいと追い出そうとする。
イエリョンが見苦しく土下座しているところへ、着飾ったグムボクを連れて帰ってきたムンヒョク。

グムボクを呼び出したのに息子まで連れてきた彼女をミヨンは罵るが、リヒャン母娘のことをグムボクが黙っていたと知ると、彼女にまで罪を問いミヨンは怒る。

外野のテラは、よく考えてみると、親友の娘に気付かなかった義姉を怪しみ、ワン女性はどうして友人の娘との縁談をそこまで反対するのかと不思議がる。

騒々しい問題に巻き込まれたくないムンヒョクは、グムボクと結婚することにしたと宣言し、テラも詐欺師のイエリョンよりはマシなんじゃないかとやけくそ。

しかし、当のグムボクは、ムンヒョクと結婚する気もなければ身分違いも分かっていると話し、何よりも今は結婚よりもやらなければいけないことがあるんですと、ミヨンたちに説明する。

お母さんを探すためにイヌを裏切ったグムボクは、ムンヒョクと結婚なんかできるはずがないと勝手に結婚を決める彼に怒るが、イヌという心強い手助けを失った彼女だからこそ支えたいムンヒョクは、俺に乗り換えろという意味じゃないんだとグムボクを説得する。

スポンサーリンク

リヒャンたちの親子関係がバレて縁談が壊れると、そらみたことかと大喜びするマルジャ。
縁談も壊れ、不正取引がバレれば損害は大したもんだと他人事だったが、イエリョンが駄目となるとムンヒョクの相手はどうなるのかと考えると急に心配になり、しかも、息子はイエリョンに呼び出され飛び出していく。

イヌに色気で迫り抱きついたイエリョンは、「常務と結婚させてくれればどんなことでもしてあげる」と彼に助けを求めるが、イヌにいちゃついている姿をグムボクを送ってきたムンヒョクに見られてしまい、慌ててイヌを突き放す。

グムボクの帰りを待っていたんだと言い訳したイエリョンは、一緒にいるイヌはグムボクと住んでいるんだとバラし、ムンヒョクを嫉妬させる。

ジェシカとリヒャンが親子だと報告を受けたテジュンも、あの二人はどうも気に入らなかったと眉をひそめ、グムボクと結婚する覚悟はできているのかとムンヒョクに念を押す。

いっぽう、娘の死を知らなかったテジュンに、彼はいったい何者かと不安になったウンシルは、夫ではないと言われ、夫婦のように振る舞う彼に腹を立てる。

9年前やっと再会できた彼女を失ったテジュンは、ウンシルの事故が仕組まれたことだと疑い、まずはウンシルの失われた記憶を取り戻すため、彼女の生い立ちから一緒にたどっていく。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「帰ってきたファン・グムボク」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←52話     54話→

帰ってきたファングムボク あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「帰ってきたファン・グムボク」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
帰ってきたファン・グムボク BS11

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • マイリトルベイビー

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ