韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ45話

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ45話

帰ってきたファン・グムボク

今回の韓国ドラマはこちら!
帰ってきたファン・グムボク
さっそく45話をご覧ください
帰ってきたファン・グムボク あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ45話

リヒャンを連れて自宅マンション前を通ったギョンス。
帰りの遅い彼を待っていたウンシルは、ヘッドライトの眩しさに事故の記憶がよみがえりそうになり激しい頭痛で苦しむ。
彼女の姿が目に入ったギョンスは、デートは次にしようとリヒャンを家まで送り届け、シラケてしまった彼女におやすみの抱擁をする。

ギョンスが家に戻ると、記憶が戻りそうだというウンシルは、自分の乗っていたタクシーが崖から落ちたと話をする。

グムボクの母親だと思ってマルジャを虐めてきたワン女史は、いったい今まで何をやってたのだろうと馬鹿馬鹿しくなり、ムンヒョクが帰ってきたので慌てて料理を隠そうとして机の角で頭を打ち本当に死にそうになる。

金持ちがなんだ! ムンヒョクの母親がなんぼのものだ! いくら考えても悔しくてたまらないマルジャは、もう一度ミヨンのところへ行って文句を言ってやると怒り、帰宅してきたイヌに聞かれてしまう。

母たちを侮辱したミヨンが許せないイヌは、あいつらに謝罪させてやると怒りカン家に行こうとするが、ムンヒョクとイヌの争いを見たくないグムボクは必死で引き留め、「あいつを傷つけたくないのか」とイヌに誤解される。

先日のイエリョンとの抱擁を我慢していたグムボクはイヌだって誤解されるようなことをしたと口を滑らし、浮気現場を目的しても責めもしないグムボクに二人の関係は終わってしまったんだとイヌはショックを受ける。

グムボクに愛されなくても彼女のためなら命さえ惜しくないイヌは、彼女を幸せにできる唯一の方法は真実を明かすことだと考え、イエリョンの誘いに乗る。

ムンヒョクお兄ちゃんに大好きなカチューシャをいっぱい買ってもらったビョンガンはすっかり彼のことが気に入り、グムボクの携帯で勝手にムンヒョクに電話をかける。

イヌを車に乗せたイエリョンは、彼が仮眠している間にかかってきたグムボクからの電話に答え、「イヌは私の隣で眠っているわよ」とグムボクに知らせる。今さらイヌに興味のないイエリョンは、グムボクからイヌを取り上げ、ムンヒョクをものにしようと考えていた。

無断外泊したイヌがイエリョンの車から降りてきたと知り、マルジャは、ムンヒョクと結婚するイエリョンとどうしてイヌが外泊するのかと、わけが分からない。
現実的なマルシクは、イエリョンのほうが魅力的だから仕方ないよと本当のことを言ってしまう。

グムボクからイヌを奪ったイエリョンは、勝ち誇ったように昨夜の外泊を自慢するが、カン家の嫁候補としては身持ちの悪さがバレてはムンヒョクと結婚できないとあって、「ムンヒョクに知られたらどうすんの?」」とグムボクに言われて初めて気が付く。

今はお母さんのことしか頭にないグムボクは、ムンヒョクのことも異性として意識できず、それよりも彼の借金返済のため新製品ネーミング公募は誰でも参加できるかなとムンヒョクに商品のターゲット層を教えてもらう。

グムボクが息子のところに来ていると知ったテジュンは、三人分のお弁当を用意させ、彼女と一緒に食べようとやってきた。
取引先の山田氏からグムボクの事情を聞いた彼は、母親が行方不明だというグムボクに同情し空気は重い雰囲気に。

元気だけが取り柄のグムボクは、お弁当の中にあったキムチを使ってキムチ海苔巻きを即席し、テジュン会長に食べさせてあげる。

キツそうに見えても、以外と優しいテラのことを意識し始めたマルシクは、彼女とお酒を飲みに行こうかと親しくなりお弁当の目玉焼きを譲り合うほどの中に。

スポンサーリンク

昼まっからいちゃいちゃしている二人を見つけたパクチーム長は、まだこいつをクビにしてなかったのかと怒り、赤の他人だと邪魔者扱いするテラに呆れはて、前夫であることをバラす。
テラが不倫でなく、離婚経験者というので、倫理的にはOKなマルシク。
子持ちを隠している彼は、離婚歴の1回ぐらいどうってことないよとテラを慰める。

キム・ギョンスとミヨンの関係が分かるまでは彼に気を許せないリヒャンは、ギョンスの写真を見せミヨンから話を聞き出そうとする。
かつての恋人であるギョンスのことを嗅ぎつかれたくないミヨンは、彼とは面識がないと嘘をつき、リヒャンは、ギョンスと同じように日本の知り合いに事故処理を頼んだと言われホッとする。

おカネがなくなるとテジュンの所へ来てカネを無心するキム・テスは、望みの額をやると言われ、ウンシルの写真を送ってきたのは木村という男で、彼の韓国名はキム・ギョンスだと教える。

ギョンスの家で居候しているウンシルは、彼に申し訳ないので身の回りの世話をしていた。ギョンスのために果物を用意したウンシルは、テーブルにあった新聞に目を止め、TS会長テジュンの顔写真に知り合いかもしれないと動揺を見せる。

リヒャンおばさんがイエリョンをTSの嫁にするために、マルジャおばさんに料理を作らせたと誤解したグムボクは、彼女の工場へ行き会長夫人とどんな関係なのかと問い詰める。
イエリョンがムンヒョクを狙っているとは知らなかったリヒャンは驚き、娘を責め立てる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「帰ってきたファン・グムボク」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←44話     46話→

帰ってきたファングムボク あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「帰ってきたファン・グムボク」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
帰ってきたファン・グムボク BS11

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • オレンジマーマレード

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ