韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ33話

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ33話

帰ってきたファン・グムボク

今回の韓国ドラマはこちら!
帰ってきたファン・グムボク
さっそく33話をご覧ください
帰ってきたファン・グムボク あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ33話

ミヨンから会いたいと言われたイエリョンは、清掃員は自分の知り合いだと明かし、彼女とは会いたくない関係だと昔の傷をほのめかす。

商品の賠償ということでテラの店で働くことになったマルシクは、ビョンガンが娘であることを隠し、自分のことを「叔父さん」と呼ばせる。

グムボクとの関係を避けるためにジェシカを息子とくっつけようと考えたミヨンは、ワン女史と協力し合い、ジェシカを家に招待する。
美人で仕事のできるジェシカをワン女史は一目で気に入り、ムンヒョクをかばってくれた彼女に感謝する。
しかし、イエリョンが母子家庭と聞くと、彼女のお眼鏡にはかなわず、家庭環境を問題視する。

食事中に母からの電話が鳴り、焦ったイエリョンは化粧室に隠れて電話するが、彼女をひいき目でみるミヨンは、礼儀正しくおしとやかだと勘違いし、ますますイエリョンを気に入る。

詳しい状況が分からず娘からミヨンの家で食事しているからと言われたリヒャンは、イエリョンが娘であることがミヨンにバレたのではと焦る。

ジェシカを家に招待したのにはもう一つの思惑があったミヨンたち。
夫やムンヒョクの手前グムボクに手出しができないミヨンは、彼女を解雇してほしいとジェシカに頼む。
付き合ってもいないイエリョンが家にまで押しかけるのを好ましく思わないムンヒョクは、母たちから何を頼まれたんだと彼女を問い詰め、恋人でもないのに家まで来るなんてとイエリョンを敬遠する。

公私混同が大嫌いなムンヒョクは、その気になっているイエリョンに警告し、母たちへの誤解を解くように言い聞かせる。
簡単に落とせると思っていたムンヒョクとの関係が遠のいてしまったイエリョンは、これもグムボクのせいかと彼女に嫉妬するが、「君にそこまで説明する必要はない」とムンヒョクに追い払われる。

息子の部屋に入って間もなく帰るという言い出したイエリョンにミヨンたちは気を遣うが、プライドを保つイエリョンは、常務に休んでもらったと嘘をつく。

イエリョンが帰ってすぐに部屋から出てきたムンヒョクは、なんの関係もない部下をどうして家に招待したんだと怒り、女性として好意を持っているのはグムボクのほうだと宣言する。
清掃員なんかを好きだという孫が許せないワン女史は怒り、外見で人を判断する祖母にムンヒョクは幻滅する。

会社にまで押しかけてきたグムボクを責めようとやってきたイエリョンは、母のビラを貼ってないんでしょとグムボクに責められ、冷たく追い返される。
嘘をついただけでなく母の顔写真が載るビラを燃やされたグムボクは、イエリョンの秘密をすべてバラそうと心に誓う。

洗面所で隠れて泣いているグムボクを見つけたイヌは、お母さんのことで苦しんでいる彼女をくだらないことで責めてしまったと後悔し、早く結婚しなかった俺が悪いんだとグムボクに謝る。

スポンサーリンク

TSアウトドア事業部が新社屋を構え、移転式に出席したムンヒョクは、9年前グムボクがペアのシューズを買ったことを思い出し、ピンクのスニーカーをペアで購入する。

ミヨンが取引を中止させたと思っているリヒャンは、生地に欠陥があると言われても彼女が裏工作したと疑う。

グムボクのために買ったスニーカーだが、彼女から絶交されたムンヒョクはプレゼントする勇気が湧かずイエリョンと屋台で酒を飲み時間をつぶしていた。

今まで女性にまったく関心を持たなかったムンヒョクは、グムボクのためには命でも投げだしそうなイヌを見て、自分も恋愛というものをしてみたくなり、グムボクのところへ行く。

「彼氏がいてもいい、暇な人間がする恋愛をお前とやってみたい」突然ばかげたことを言われたグムボクは、お坊ちゃんの気まぐれに戸惑うが、「私には婚約者がいるのよ」と拒絶するグムボクの唇をムンヒョクは強引に奪う。
「お前なんだ。イエリョンではなくファン・グムボクお前一筋なんだ。俺は9年前からずっとお前のことが好きだったんだ。」

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「帰ってきたファン・グムボク」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←32話     34話→

帰ってきたファングムボク あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「帰ってきたファン・グムボク」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
帰ってきたファン・グムボク BS11

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • お願いママ

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ