韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ123話

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ123話

星になって輝く

今回の韓国ドラマはこちら!
星になって輝く
さっそく123話をご覧ください
星になって輝く あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ123話

大量に薬を飲んだモランは発見が遅れ、胃洗浄の処置はしたものの意識は戻らず危篤状態が続く。

常軌を逸したモランのことが気になっていたボンヒは、彼女の自宅に行き、モランが自殺を図ったと知る。

病院に駆けつけると父ドンピルは廊下で泣き崩れ、モランを助けるためには自分の命を投げ出すという父の嘆きにボンヒは声を掛けることさえできなかった。

オ・エスクの在宅捜査を知ったソングクは、彼女が臨津江に行った証拠を見つけようと、あの時見かけた釣り人を捜しにいく。

大人になりきれていないモランに酷いことをしてしまったミスンは、責任を感じモランの見舞いにいくが、すべてを失い大切な娘をあんな体にしてしまったドンピルは、これで気が済んだかとミスンを睨み付ける。

まだチョ・ジェギュン事件が解決していない今、ミスンはボンヒが法廷に立つことがないようにとドンピルに自白を求め、それが唯一父親としてボンヒにしてあげられることだと訴える。

ボンヒの結婚を知ったエスクは、モランをここまで追い詰めたくせに自分だけ幸せになるのかと彼女を恨み、ミスンはモランがこんなことになったのは、ボンヒではなくここにいる大人たちの責任だとエスクを説得しようとする。

モランを宝物のように育ててきたエスクは、「私は何も悪くないわ」と叫び、娘に何かあればボンヒを殺してやるからと彼女を追い返す。

GBに生地を届けにきたジョンヒョンは、ボタン選びしているボンヒを見て、臨津江で拾ったボタンのことを思い出す。

チェ刑事が病院にくると、ドンピルはエスクの罪をかぶり、イ・チャンソクもチョ・ジェギュンも自分が殺したと自白する。
明らかに嘘をついてるソ社長を疑うチェ刑事は、エスクから話を聞こうとするが、娘は危篤なんだとドンピルは必死でエスクを守る。

真実を明かしてほしいというボンヒたち。
殺人犯の父親なんて消えてしまえというモラン。
事件の発端となったドンピルは、まずボンヒを守るためにミョンソン紡織に行き、ボンヒは紛れもなくチョ・ジェギュンの娘だと伝える。

噂など信用せずボンヒを大事にしてほしいと頼むソ社長。
「私は遠くに行くことになりますから」と逃げ帰ろうとするドンピルを引き留めたユン会長は、ボンヒのことは誰よりもジョンヒョンが大事にし、私たち両親も実の娘のように大切にすると約束する。

宿敵だと思っていた会長から手を差し伸べられたドンピルは固い握手を交わし、「私には関係ないことですから」と目を伏せて出ていく。
ボンヒの父親だと明かせない不憫なソ社長を見送るジョンヒョンは「僕に話すことはありませんか」とドンピルを引き留め「成功ばかり追い求めず いい夫 いい父親になるんだ」とドンピルは自らの教訓をジョンヒョンに教える。

ジョンレに別れの挨拶に来たドンピルは、娘を立派に育ててくれたと感謝しジェギュンのことを謝罪する。

娘の側にいることができないドンピルは、これからもボンヒを大事にしてほしいとジョンレに頭を下げ、彼女の手作りのキムチを分けてもらう。

チョ・ジェギュンの墓を訪れたドンピルは、ジョンレのキムチを供え彼と一緒にお酒を飲む。
親のことや貧しさで馬鹿にされてきた彼は、ただ見下されたくなかっただけなんだと悔しさを述べ、必死で生きてきた結果がこのざまだと後悔する。

ボンヒが自分の娘でないと分かっていながら愛してくれた彼に感謝し、あの時ちゃんと話を聞いていればこんなことにならなかったのにとジェギュンに謝る。

スポンサーリンク

ジョンヒョンが臨津江で拾ったボタンがオ・エスクの物だと確信したボンヒは、とうとう証拠を見つけ警察に行こうとするが、部屋の前にあった肉まんを見つけるとドンピルが来たことに感づき彼を追いかける。

外はもう春の陽気だというのに肩をすぼめしょんぼりと歩くドンピル。
彼に気付かれないようあとを付けると、ドンピルは宝石店や洋品店により何やら小さな物を買っていく。

仕事にしか興味がなかったドンピルは、もっと娘の側にいてやるべきだったと後悔し、ボンヒとモラン仲良く手をつなぐ写真を見て号泣する。

実父がオ・エスクの罪までかぶり妻子を守ろうとすると、怒ったボンヒは、エスクを自白させようと病院に行くが、病室にはモランが一人静かに横たわっているだけでエスクの姿はなかった。

モランが穏やかすぎる姿で機械につながれていると、「こんな姿はあなたに似合わない」とボンヒは怒り、早く目を覚ますように訴える。

病室に戻ってきたエスクは、ボンヒが危害を加えにきたのかと怒り彼女を病院からたたき出す。
モランの元へ戻ると彼女は呼吸困難となり、心の準備をするように言われると、エスクはボンヒを恨み彼女を殺しにいく。

病院にやってきたドンピルが車から降りると、血相変えて出てきたエスクは夫の車に乗り込み、ボンヒ目がけてアクセルをふかす。
殺気立つ妻の視線の先にはボンヒが歩いており、危険を感じたドンピルは娘を突き飛ばして身代わりとなる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「星になって輝く」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←122話     124話→

星になって輝く あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「星になって輝く」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
星になって輝く KBS World

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • オレンジマーマレード

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ