韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ111話

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ111話

星になって輝く

今回の韓国ドラマはこちら!
星になって輝く
さっそく111話をご覧ください
星になって輝く あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ111話

お父さんに殺人の容疑がかかるとモランは、ソ・ドンピルがボンヒの実父だと明かし、父親の犯行を証明するつもりなのかとボンヒを脅す。

治る見込みがないと思われていたイ・チャンソクは、マンボク爺さんが手を握ると目を覚まし、驚いたチョルボクは先生を呼びにいく。
二人っきりになったマンボクは意識がまだもうろうとするチャンソクの枕元に手紙を隠し、約束は守ったよと伝える。

目は見開いてはいてもチャンソクの容態には変化がなく、医者は意識を取り戻すのは難しいと診断する。

母がイ・チャンソクを殺そうとしたと思っているモランは、お父さんの殺人を隠そうとしてお母さんがかばったのではと疑う。

デザイナーを辞めるミスンは、GBをボンヒに譲りたいと提案するが、お金持ちしか買えないような服に興味はなく、ボンヒは、性に合わないと言って断る。
高級ブティックではなく夢を叶える店にしてほしいと言われ、ボンヒは、考える時間がほしいとミスンに答える。

食堂でも家に帰ってもギョンジャの側にいられるチュンシクは断然有利で、着々と二人の関係は進展していく。
彼女の好物だと思って買ってきた肉まんは亡くなったご主人の好物と聞き、これからは天国の旦那ではなく、近くにいる俺を頼ってほしいと彼女を抱きしめる。
二人の関係を知らないボンソンは、食堂で抱き合ってる二人を見て悲鳴をあげる。

エスクの魔の手が伸びる前に、ボンヒにGBを譲りたいミスンは、ボンヒを説得して欲しいとジョンレに頼みにいく。
娘に迷惑をかけないよう、身を隠そうとするミスン。
ジョンレは、過去なんか関係ないと言って彼女の手を握り、母親としてボンヒの側にいてほしいとミスンを慰める。

ボンヒの成長を見守ることができたジョンレは、娘を育てられなかったミスンを気の毒に思い、彼女の分身であるGBを娘に譲りたいという気持ちを分かってあげてほしいとボンヒに母の愛を教える。

娘の人生を邪魔されたエスクは、ミスンの過去を利用し、彼女を服飾業界から引きずりおろそうとする。

自分の物だと思っていたものがすべてボンヒに奪われたモランは、このまま黙っているもんですかと復讐を開始し、テヨン紡織を道具に使う。

テヨン紡織をボンヒから守ると訳の分からないことをモランが言い出すと、業績赤字を解決できれば入社を認めてやると、ドンピルはあまり期待せずモランを雇い入れる。

ミスンは潔く店を去り、開業当時から助けてくれたミン室長に、これからは後を受け継ぐチョ・ボンヒの力になってほしいと頼む。

既製服を作るためにはデザイナーが必要なのだが、当然ジョンヒョンの頭にはボンヒが浮かぶが・・・。
デザイナーの相談をされたユン会長は、自らチョ・ボンヒを推薦し、あの制服コンペはデザイナー発掘が目的だったとジョンヒョンに説明する。

スポンサーリンク

もともと会社が傾かなければボンヒを雇っていたというユン会長。
しかし、ジョンヒョンはボンヒのほうが受けるはずがないと躊躇する。

コンテスト優勝者のボンヒの経歴を見た大臣は、彼女が小学校さえ出ていないと知り、眉間にしわを寄せる。
ボンヒを呼び出した大臣は、技能五輪国際大会に出る選手たちにコートを作ってほしいと頼み、2週間で50着の注文を依頼する。
優勝者ならこれぐらいできて当然だろ、とボンヒを見下す大臣は、この仕事ができなければ優勝を辞退するべきだと迫り、負けず嫌いのボンヒの心に火がつく。

50着ものコートを作るには工場が必要なのではと相談されたヨングは、靴磨きのおじさんに使ったコートの生地はお勧めだと意見し、紡織工場に依頼すれば生地代も安くつくと教える。

GBに荷物を取りに来たモランは、結局ミスンのあとをボンヒが継ぐと聞き、あんなに偉そうなことを言っておきながら母親を頼るのかと腹を立てる。

良質の生地に紡織工場となればミョンソンと手を組むしかなく、ボンヒは一緒に服作りがしたいとジョンヒョンに提案するが、ボンヒの後を付けてきたモランは、二人の間に割って入り、「お姉ちゃん私が悪かったわ」と二人が姉妹であることをジョンヒョンに明かす。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「星になって輝く」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←110話     112話→

星になって輝く あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「星になって輝く」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
星になって輝く KBS World

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ