韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ92話

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ92話

星になって輝く

今回の韓国ドラマはこちら!
星になって輝く
さっそく92話をご覧ください
星になって輝く あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ92話

ボンヒの家の庭に見たことのない端布が落ちており、薄くて柔らかく温かい素材を手に取ったボンヒは、これが合成繊維というものかと驚く。
早速チュンアン生地店のウォン社長に見てもらったボンヒは、合成繊維を作れる会社が国内にあったのかと首をかしげ、ウォン社長は市場に出回っていないだけで、どこかの工場が作ってるのかもしれないと期待をかける。

ジョンヒョンから新素材の話を持ちかけられたセハン紡織のチョン社長は、あっさりジョンヒョンを裏切り、ソ・ドンピルの元へ生地を持ってきた。

アクリル繊維は原価も安く、虫も食わず耐久性にも優れているので、これなら海外市場も狙える生地だとドンピルにごまをするチョン社長。

そこへジョンヒョンがやってくるとチョン社長は、またしてもそそくさと逃げていき、ドンピルはたった今受け取ったばかりの生地を、俺が開発した物だと言い出す。

作り方を手に入れたドンピルは、ジョンヒョンがどうあがこうが娘をふったことを後悔させてやると息巻くが、彼が手に入れた企画書はジョンヒョンが準備していたダミーの物だった。

GBを手に入れるためには、なんとしても令嬢の希望の服を完成しなければならないモランは、養女だという彼女なら貧しい時代に買えなかった、あこがれの服こそが彼女の望みだと思い込む。

子供時代にチュンジャが軍用の毛布で暖をとっていたという話にヒントを得たボンヒは、硬くてごわごわした軍用毛布がもっとも暖かい素材だったと気がつく。

態度を急変させたミスンを怪しむエスクはミスンの監視を続け、彼女が病院に通っているところまでは突き止めたのだが、病気があるのか重病なのか、看護師の口を割らせることができず、分からずじまい。

ジョンヒョンがいくら工場探しをしてもドンピルが先に手を回しており、制作してくれる工場がなかなか見つからなかった。
しかし、顔はイマイチでも誠実さが売りなチョルボクが見事に工場を探し出し、ユン会長は人材の大切さを息子から教えてもらう。

企画書さえ手にすればジョンヒョンを取り戻せると思っていたモランは、盗みがばれても、ここまで私を追い詰めたあなたが悪いのよとジョンヒョンのせいにし、婚約破棄を撤回すれば企画書を返してあげるわ、と横柄な態度でやってくる。

しかし、まったく取り合ってもらえなかったモランは、ジョンヒョンの指にあるボンヒとの指輪を見て、あの子に盗られるぐらいなら心中でもしてやるわ、と怒りを募らせる。

最近ぼけてきたマンボクじいさんは、テヨン紡織に現れ、以前のように暇つぶしをしては無駄飯をいただく。
エスクを見かけた彼は「イ・チャンソクを殺したのはあの女だと思いますよ」とドンピルに吹き込み、「彼から預かった物があるんです」と社長に言い寄るが、すでにおじいさんの身辺を探し回ったドンピルは、じいさんの戯言だと相手にせず、エスクを連れて帰ってしまう。

エスクが家に戻ると、勝手にモランの部屋に上がり込んでいたミスンは、モランの荷物をかばんに詰め、これからは一緒に暮らすと言ってきかない。

性急すぎるミスンに困ったドンピルは、ミスンを落ち着かせようとするが、彼と一緒にきちんとした家庭を築きたいというミスンは、か弱くドンピルの腕の中に倒れ、家まで送ってほしいとエスクのいる前で彼をさらっていく。

スポンサーリンク

中庭に落ちていた合成繊維がジョンヒョンの開発品だと知ったボンヒは、夢を成功させた彼を陰ながら祝福する。

世界で一番暖かい服を要求した令嬢は母親と一緒にGBに訪れ、彼女がアメリカ大使の娘だと知らなかったモランは驚く。
ボンヒ・ブティックにも衣装を依頼した秘書は、一度に見せて令嬢に選んでもらいたいと別店のデザイナーが同席する許可をミスンにもらう。

仕事のためとはいえGBに呼ばれたボンヒは気が重いが、軍用毛布で作ったずっしりと重いケープをまといGBにやってくる。
令嬢が貧しかった時代1950年代の流行のコートを今風にデザインしたモランは、自信たっぷりに試着させようとするが、令嬢は鼻で笑い「これはただの時代遅れよ」とモランを馬鹿にする。
大使夫人も世界で一番暖かい服にしては派手すぎると難色を示し、ミスンはモランに変わって深く謝罪する。

他店のデザイナーがボンヒと知ったモランは、「なんて格好してるの」と彼女を見下すが、ケープを脱いだボンヒは、自分の体温で暖めたケープで令嬢を包み「私が考えた世界で一番暖かい服は、人の体温を分け合える服です」と説明する。
突差にケープを脱いだ令嬢は、ごつごつと重いコートを抱きしめ、お母さんを思い出して涙を流す。

お母さんに会いたくて、寒くて悲しい夜を涙で過ごしていたとき、友達のチュンジャが毛布をかけて暖めてくれた幼い日々。
「お母さんは天国で見守ってくれてるよ」というチュンジャの母のような暖かさは、彼女にとって世界一暖かな場所だった。

ボンヒが友達のチュンジャからヒントを得たと聞くと、オクソンは彼女は友達だと喜び、施設で撮った写真をボンヒに見せる。

イ・チャンソクが残した物があると言われたエスクは、本当にマンボクじいさんが何か持っているのではと彼を問い詰めにやってくるが、中庭にいるところをボンヒに見つかってしまい、マンボクじいさんには「この女は人殺しだぞ」と叫ばれてしまう。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「星になって輝く」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←91話     93話→

星になって輝く あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「星になって輝く」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
星になって輝く KBS World

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • お願いママ

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ