韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ91話

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ91話

星になって輝く

今回の韓国ドラマはこちら!
星になって輝く
さっそく91話をご覧ください
星になって輝く あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ91話

ホン・ソングクが望みどおりの行動をしてくれると満足したモランは、「婚約破棄はなかったことにしてあげるわ」とジョンヒョンを取り戻そうとするが、ボンヒの元へ戻れないとしても怪物モランのものにはなりたくないジョンヒョンは、お前が嫌いだから婚約破棄したんだとはっきり断る。

この世でたった一つ欲しいものはボンヒだけなのに、もう彼女を取り戻せなくなってしまったのかと絶望したジョンヒョンは、約束の指輪を握りしめ、ボンヒへの思いに苦しむ。

ソングクの気持ちを受け止めようと決心したボンヒは、他の男によそ見するなとジョンヒョンに言われた約束が守れなくなってしまうかもと悲しみ、ネックレスにして身につけていた指輪を宝箱に収める。

ジョンヒョンの婚約破棄を知っていながらボンヒに黙っていたソングク。
彼女のことをどうしても手に入れたい彼は、ボンヒに知らせなかったことを後悔せず突き進もうとする。

解放村のムンじいさんが練炭を買うことができず、寝ている間に凍死してしまう。
戦争を生き延びた老人の哀れな末路に、生きていることはつらいことばかりだとチュンシクたちは気の毒がる。

施設の友達オクソンと、軍用毛布1枚で寒さをしのいだというチュンジャ。
練炭がなくとも暖かい服さえあれば、おじいさんも亡くならなかったはずだとチュンジャは泣き出す。

景気が上向いたとはいえ貧しい人々の生活はまだまだ苦しく、ボンヒは、安くて暖かい生地で作ったステキな服を作れたらいいのにと夢を描く。

ジョンヒョンの開発したアクリル繊維は保温性にも優れ、どんな物でも作れそうだとユン会長は感心する。
滑らかな手触りを気に入ったボクジュも、これで私の服を作ってほしいわとジョンヒョンにお願いする。

モランとの婚約期間には指輪をはめていなかったジョンヒョンの手に指輪を見つけたチョルボクは、どこか見たことがある指輪だと首をかしげる。

ジョンヒョンに監視を付けていたドンピルは、彼がセハン紡織に向かったと聞き、急いで彼の後を追う。

ジョンヒョンが開発した薄くて保温性のある新素材にセハン紡織の社長は大喜びするが、ジョンヒョンからテヨン紡織に知られないように生産したいと言われ、及び腰になる。

そこへ、ドンピルがやってくると社長は怯えて逃げていき、話の途中だったジョンヒョンは、慌てて新素材を服の中に隠す。

ジョンヒョンがどんなにいい物を持っていようが、めぼしい会社を抑えているドンピルは、製造できる工場なんてどこにもないだろうと高をくくるが、ジョンヒョンの隠し球がまったく分からない彼は、ユン会長の次は、また息子に邪魔されるのではと怒り狂う。

ジョンヒョンが新素材を生産すればミョンソン紡織が息を吹き返すと聞いたモランは、新素材を盗んでくるから彼より先にテヨン紡織で生産してよと父に悪知恵を授ける。

こっそりミョンソン紡織にやってきたモランはジョンヒョンのデスクをあさり、アクリル繊維開発企画書を盗み出す。
部屋から出てきたところをボクジュに見つかってしまったモランは、「お義母さまに会いにきたんですよ」と嘘をつき、服がほしいというボクジュをGBに連れていく。

いっぽう、ボンソンのテレビ出演が決まり、初放送を家族みんなでみようとボンヒのところにも電話がかかってくる。
ボンヒのために焼き芋を買ってきたソングクは、一緒に帰ろうとボンヒの手を握ろうとするが、まだ気持ちの整理できていないボンヒは躊躇する。
強引なソングクは、この手は俺の物だとボンヒの手を取り自分のポケットに入れる。

物欲の強いボクジュは扱いやすく、彼女には服やおカネを与えれば味方にできると考えるモラン。
しかし、GB店内の服を全部手に取ったボクジュは、何も欲しくないと言いだし、婚約破棄されたモランを哀れに思って付き合ってあげただけよとミスンに説明する。

スポンサーリンク

婚約破棄のことをまだミスンに話していなかったモランは、ジョンヒョンが一方的に言ってるだけのことだとごまかそうとするが、「私も息子と同じ意見よ」とボクジュは否定し、息子を密告したのはあなただったわね、とモランの犯行を暴露する。

わがまま放題のモランに呆れたミスンは、ジョンヒョンの事は忘れなさいと彼女に怒るが、どうしても嫌だと言うことをきかない彼女を思いっきりひっぱたく。

娘の様子を見に来たエスクは驚き、何をするのとモランをかばうが、「一体 どんな育て方をしたのよ」とミスンはエスクを責め、気のない男にすがりついて、あなたにはプライドがないのとモランに怒る。

GBを手に入れるまではミスンに逆らえないモランは、怒りを必死にこらえ、娘のふりを続ける。

ボンヒが家に帰ると、家族たちは皆布団をかぶりTVの前に陣取っていた。
チュンジャが暖房の火を落としてしまったらしく、家族みんなで肩寄せ合えば、それも楽しく、ジョンレは外から帰ってきたばかりのボンヒを自分の布団に入れ暖める。

爽やかな声に、くねくねと色気をふりまくボンソン。
モノクロ放送の画面からでもボンソンの魅力は伝わり、家族たちは芸能人になったボンソンのあまりの美しさに釘付けになる。

苦労が報われたボンソンは、ファギョンの手を取り泣き出してしまい、これも妹のおカネを盗んだお陰ね、とファギョンはボンソンの犯行を蒸し返す。

モランからジョンヒョンが開発した生地の企画書を受け取ったドンピルは、娘の思いはこれほどまでに強いのかと驚き、これでジョンヒョンの息の根が止められると喜ぶ。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「星になって輝く」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←90話     92話→

星になって輝く あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「星になって輝く」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
星になって輝く KBS World

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ